不控訴の合意に当たりますか?

会社から懲戒処分を受けたが不服が有り、地位確認の提訴をしたのですが、一審判決で敗訴しました。

自分の会社なので、控訴しないかわりに1.追加処分を受けない様に、2.今の職場にいることを、つまり穏便に済ませたいという希望を会社側にしました。
更に同様の要望を組合を通じて出しました。
間も無く控訴期限になりますが、連絡はない為、形だけでも控訴しようと考えているのですが、「不控訴の合意」に当たるのではないかと言われました。

確かに申し出はしましたが返事がないから、控訴するというのは何か「不控訴の合意」の制限が受ける可能性が有りますか?

また、受ける可能性がある場合に再度、控訴の意思を示してから控訴すれば良いのでしょうか?

教えて下さい。
2017年01月27日 11時21分

みんなの回答

今井 俊裕
今井 俊裕 弁護士
ありがとう
> 控訴しないかわりに1.追加処分を受けない様に、2.今の職場にいることを、つまり穏便に済ませたいという希望を会社側にしました。
これについて会社から承諾する旨の返答がないのですからあなたとしても控訴しない意思はないでしょう。とすれば控訴した方がいいと思います。事前に会社に伝えても良いと思います。

2017年01月27日 11時35分

石井 康晶
石井 康晶 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県2
ありがとう
承諾する旨の連絡がなければ合意には至っていないでしょう。提案に過ぎません。控訴期限を過ぎれば会社が話し合いに応じる可能性も無くなるでしょうから、控訴はされた方が良いと思います。

2017年01月27日 11時35分

影山 博英
影山 博英 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府9 労働問題に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
他の先生方と同意見です。「不控訴の合意」は書面でしなければ効力を生じないとされていますので(民訴法281条2項,11条2項)、会社から何ら回答がない段階で黙示の合意が成立したと認定されることも、まず考えられません。
ただ、控訴すれば会社は貴方が先にした申し入れを撤回したものと認識するでしょうから、なお穏便に済ませたいとお考えであれば、「回答がないので控訴するが、合意できれば控訴は取り下げる」旨会社に伝えておくと良いでしょう。

2017年01月27日 11時58分

相談者
お二人の先生、こんなに早くのご回答ありがとうございました。
どちらもベストアンサーなのですが、一つしか押せないのでスミマセン。
控訴状を持って、会社ともう一度、話をして納得出来なければ控訴します。

2017年01月27日 11時58分

この投稿は、2017年01月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 控訴理由書について

    「控訴審で和解する」という契約を被控訴人と交わしました。 控訴理由書には、その旨を記すだけで十分でしょうか? その場合、控訴が棄却される可能性はありますか?

  • 控訴を取下げる予定です、この場合被控訴人から附帯控訴される可能性はあるのでしょうか。

    第一審で原告(私)の請求を棄却され且つ訴訟費用は原告の負担とされました、全面敗訴と理解しています。よって、控訴しましたが都合により控訴の取下げをする予定です。 しかし民訴法293条①項に、被控訴人は、控訴権が消滅した後であっても、口頭弁論の終結に至るまで、附帯控訴をする事ができる、とあり。 また、②項に附帯控訴は、...

  • 民事訴訟の控訴。とりあえず控訴して、50日間に本当に控訴するか否かをじっくり考えてもよいか?

    (カテゴリ 民事訴訟を選択したかったのですが、表示されなかったのでとりあえずここに投稿します) 民事訴訟の控訴する場合、2週間以内の控訴期限までに控訴し、控訴理由書の提出はその50日以内よい、 となっています。 控訴期限内に考えがまとまらない場合、とりあえず控訴し、控訴理由書提出期限の50日間に もう一度ゆっく...

  • 控訴理由書に記載する内容の程度

    原審敗訴となり、原告側から控訴する場合を考えます。 多数の主張の中で、裁判所がこちらの主張ミスとも言える一点のみを取り上げて被告を勝訴とした場合、当然他の箇所を読めば相手側不利な状況は判断できるのですから、控訴理由書に書く内容は、その一点のみ判断に対する反論で良いのか、それとも一般的には、訴状程には詳細でなく...

  • 付帯控訴及び訴訟費用に関して教えてください。

    セクハラの安全配慮義務違反で訴訟を起こし、1審で勝訴(1部認容、1部棄却)致しました。 今後控訴それる事が考えられます。原告側は控訴を考えていない場合、被告側がぎりぎりのタイミングで控訴してきたとします。それにあわせ原告側が控訴期間を過ぎて付帯控訴した場合について教えてください。 ① 付帯控訴の場合、相手が控訴を...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。