懲戒処分と異動による降格命令について

会社から懲戒処分「譴責」を受け始末書の提出を求められました。
その上、就業規定の異動の項目に「役職、職位の任免」の定めにより、
主任から平社員への降格を命じられました。
役職手当なくなる為、賃金が下がり事実上の減給となります。
処分を受けた理由は差し控えさせて頂きますがピンチです。
経済的にも不利益を被る状況です。

質問事項は・・・
・懲戒処分としての譴責処分と、異動としての降格(減給)命令が同時に下る事は適法なのでしょうか?

先生方のアドバイスを頂戴できればと思います。
宜しくお願いします。

2017年01月11日 19時46分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ベストアンサー
ありがとう
就業規則の規定次第でしょう。
また実際の行為がどの程度のものかにもよるでしょう。

2017年01月12日 05時57分

この投稿は、2017年01月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

懲戒処分として減給されるケースと減給の無効を主張する方法

無断欠勤や職務怠慢など、就業規則で定められたルールに反した場合、懲戒処分として減給されることがあります。しかし、会社はどのような理由でも自由...

【弁護士Q&A】ミスや降格、転籍に伴う減給に従う必要はある?

仕事上のミスや降格などによって、会社から減給を言い渡された場合、従う必要はあるのでしょうか。十分な指導もなくいきなり減給したり、大幅に減給す...

職場に妊娠を告げたら突然異動を命じられ拒否できない場合の対処法

職場に妊娠したことを告げた後や、育休から復帰した後に、突然異動を命じられたが、納得いかないーー。異動先で働き続けることが精神的に辛い場合や、...

【弁護士Q&A】突然の降格に従う必要ある?不当降格を判断するポイント

理由がはっきりしないまま、事前に何の指導もなく降格を告げられた場合、従う必要はあるのでしょうか。降格が不当降格として無効になるのはどのような...

この相談に近い法律相談

  • 就業規則(賃金体系や人事査定)によらない給与の不利益調整について

    就業規則(賃金体系や人事査定)によらない基本給の不利益調整(昇給額圧縮)は、どのような法律に抵触し、企業としてはどのように是正するべきでしょうか。 当方、製造業中小企業で総務・経理に従事する者です。人事査定業務の引継ぎを受け、記録を確認していたところ、標記の事象が2007年から散発していることが判明致しました。具...

  • 職能給での降格基準法律の観点から問題は?

    職能給制度で、3年前に、昇進試験と役員面談で現在の等級に昇給しました。 来年から、昇給条件に日経テストで規定点以上が追加するとこになり、規則集も変更になりました。 規定変更以前に昇格した者も適用し、2年以内に規定点数取れない場合は、降格すると言われました。 法律上降格に問題はないのでしょうか?

  • 給与据え置き

    ある会社で管理職をしています。 毎年給与の昇給時期は4月で実施されます。 昨年までは、組合で妥結した昇給ベースで昇給していました。ところが本年度については、会社側から何の説明もなく給与の昇給額がゼロです。賃下げもありませんでしたが、このようなケース一度会社側に確認を取った方が良いでしょうか。どなたかアドバイスを...

  • 減給の際に従業員説明は必須ですか?

    減給についての質問です。 給与規定には ●給与の構成は年俸と賞与からなる ●減給額は年俸の10%を上限とする とかかれているのですが、この場合に ①減給する際に従業員に説明しないことは問題になりますか? ②減給の際に年俸と賞与の比率を変えることは可能でしょうか? ③原則とありますが、能力不足のためなるべく下げたいの...

  • 「降格事由に該当しないにもかかわらず減給を伴う降格は許されるのですか?」

    「降格事由に該当しないにもかかわらず減給を伴う降格は許されるのですか?」 組織体制を再編している中で、現在の同部署内ながら新規の役割に就くように打診されました。しかしその役割は職位が1ランク下、すなわち降格で、それに伴い10%減給となる事も説明されました。その役割には現在の私の職位能力は不要との説明もありましたし...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。