懲戒処分の重さ、バランスは?

会社より金品に関わる件で、懲戒処分通知があり、降職(降級、降給)の扱いを言い渡されました。上司はこれに関連した一部事案もあるのですが、否認を続け、未然に防げなかった、監督責任で譴責処分の軽い扱いです。その他にも同業者より上司も金品授受をしているのですが。懲戒処分のバランス、私には重いと感じてるのですが、平等に懲罰委員会で公平に議論されたかもわかりません。懲罰委員会の議事録開示などその他求め、異議申立てをしましたが、却下の通知を受けました。どのように会社と対応していくのが良いのでしょうか。部下に責任を押し付ける会社の傾向があり、平等性を感じません。始末書、誓約書を早急に提出も求められています。アドバイスよろしくお願いいたします。
2016年10月25日 19時33分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
金品にかかわるとはどのようなものでしょうか。
横領や背任だとすれば、金額や事情にもよりますが、それほど不適切な処分であるとは思えませんが。

2016年10月25日 19時34分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
相談者がむしろ積極的に会社に損害を与えるような行為をした、横領背任行為があった、ということであれば、上司の責任より重くなる場合もあるのではないでしょうか。
具体的な事情がわかりませんので、不公平かどうかよくわかりませんでした。

2016年10月26日 04時10分

相談者
A顧客--B私会社--C仕入先の商流でしたが、商流制限、審査、手続きの点からB私会社が抜けることになり、5万円くらいの物品(謝礼)になります。

2016年10月26日 08時03分

この投稿は、2016年10月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

懲戒処分として減給されるケースと減給の無効を主張する方法

無断欠勤や職務怠慢など、就業規則で定められたルールに反した場合、懲戒処分として減給されることがあります。しかし、会社はどのような理由でも自由...

【弁護士Q&A】転職するとき懲戒処分歴や前科を隠しておくことのリスク

前職で懲戒処分を受けていたり、前科があったりしたとき、転職活動の面接では正直に伝えなければならないのでしょうか。入社して後から発覚した場合、...

この相談に近い法律相談

  • 退職時誓約書について

    退職にあたり誓約書へのサインを求められました。転職先は一般的に競業関係にあるとみなされる企業です。職業選択の自由が最優先だと勝手に考えていますが、法律家の目から見て下記記載内容が法的に有効かどうか、またサインしても問題ない、サインすべきでないかの回答をお願いできないでしょうか? 「退職後2年間は、就職、自営、...

  • 退職時の誓約書の強制力 セクハラ

    セクハラが理由で退職することを決断しました。退職の際に誓約書を記入するよう求められましたが、一部に対して同意できません。 内容: 会社及び従業員の評判を失墜させるようなことはしません。上記に違反し損害賠償が発生した場合は支払いに応じます。 質問 1.誓約書にはサインしなくても問題ないですか 2.サインせず、転職活動...

  • 懲戒処分(降格)の不服申し立て効力と、降格前の転職について

    民間事業会社のディレクター職です。日ごろから反抗的な部下が報復目的にホットラインに、パワハラとコンプラ違反の情報をかき集めて通報されました。賞罰委員会により、審議対象行為は就業規則違反と認定され、1職階降格の通知を説明を受けました。5日以内の不服申し立て(ただし1回のみ)が可能のため、不服申し立て書を提出予定です...

  • 懲戒処分と異動による降格命令について

    会社から懲戒処分「譴責」を受け始末書の提出を求められました。 その上、就業規定の異動の項目に「役職、職位の任免」の定めにより、 主任から平社員への降格を命じられました。 役職手当なくなる為、賃金が下がり事実上の減給となります。 処分を受けた理由は差し控えさせて頂きますがピンチです。 経済的にも不利益を被る状況で...

  • 役員の賠償責任について

    私は会社役員です。今回、二つの選択肢を考えてます。 1.退職の上競業する会社に入社し、今までのクライアントの業務を社員として行う。その場合は現会社とクライアントの契約は解約となります。また新しい会社へは現会社の退職日の次の日を考えています。 2.退職の際、独立し今までのクライアントの業務を個人として行う。その場合...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。