1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 規則・条件
  4. 懲戒処分
  5. 退職時の引継ぎ不足は懲戒免職?

公開日:

退職時の引継ぎ不足は懲戒免職?

2016年08月17日
ベストアンサー
退職を検討しています。
弊社の就業規則上は、1ヶ月前の届出となっております。
しかし、他の条項に「引継ぎがきちんと行われない場合、懲戒免職とする」みたいな
ものがございます。

まだ、ベンチャーで退職者自体も少ないのですが、私の知っている限り、早く申し出ても
結局2ヶ月くらい後で退職している(できている)状況です。

会社ともめたくはありませんが、次の職場を探す関係上、退職時期があまり不明確な状況も
困ると感じています。

会社のルールにのっとり、1ヶ月以上先の日を退職日として届け出た場合、引継ぎの関係で
もめ、懲戒免職になりえるのでしょうか?
相談者(477553)の相談

みんなの回答

國安 耕太
國安 耕太 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
一般論として回答します。
労働契約法上、「使用者が労働者を懲戒することができる場合において、当該懲戒が、当該懲戒に係る労働者の行為の性質及び態様その他の事情に照らして、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、当該懲戒は、無効とする。」とされています(労働契約法15条)。
また、解雇は、「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。」(労働契約法16条)。
これらの条項および懲戒解雇に関する過去の裁判例からすれば、単に引き継ぎ不足であるということをもって、懲戒解雇をすることは難しい(裁判で争われた際に、懲戒解雇が無効となる可能性が高い)と思います。
ただ、最終的に裁判で勝ったとしても、裁判に巻き込まれること自体、あまり好ましい事態ではないでしょうから、できる限り、きちんと引き継ぎをしたほうが良いとは思います。

2016年08月17日 12時34分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
会社のルールにのっとり、1ヶ月以上先の日を退職日として届け出た場合、引継ぎの関係でもめ、懲戒免職になりえるのでしょうか?

相談者がやるべきことをやってそれでも引継ぎができないとなれば、むしろ会社に問題があると思いますので、普通は懲戒免職の事由はないと思います。

2016年08月18日 05時56分

この投稿は、2016年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】退職するとき引継ぎせず退職まで有給消化するこのとリスク

退職するとき、後任者に対する業務の引継ぎが必要になることがあります。退職日まで有給消化して過ごしたい場合、引継ぎをせずに退職することはできる...

就業規則や契約期間に従わないと退職できないのか|会社が退職届を受け取らない場合の対処法も解説

たとえば、就業規則に「退職は3か月前までに申し出ること」というルールがある場合、少しでも早く退職したくても、ルールに従う必要があるのでしょうか...

懲戒処分として減給されるケースとは?減給の無効を主張する方法も解説

無断欠勤や職務怠慢など、就業規則で定められたルールに反した場合、懲戒処分として減給されることがあります。しかし、会社はどのような理由でも自由...

【弁護士Q&A】転職するとき懲戒処分歴や前科を隠しておくことのリスク

前職で懲戒処分を受けていたり、前科があったりしたとき、転職活動の面接では正直に伝えなければならないのでしょうか。入社して後から発覚した場合、...

「懲戒解雇」が無効になるケースとは?不当解雇として争う方法と手順

会社におけるもっとも重いペナルティー。それが「懲戒解雇」です。退職金が支払われないことがあったり、再就職にマイナスに影響する可能性があったり...

この相談に近い法律相談

  • 後任が手配されないままでの有給消化

    退職時の引き継ぎに関する相談になります。 規定で30日前とありましたので、6月の頭に退職の意志を伝え手続きを直属の上司にお願いしておりました。 何時まで経っても進展無く、人事に問い合わせた所報告が来ていないそうで、説明をすると7月1日から有給消化、退職日を8月と設定して下さいました。 が、後任も来ていない状態です。 ...

  • 退職日確定後の賞与支給日変更について

    6月末退職予定の者です。 現在の就業規則では賞与の査定期間は12月20日〜5月20日、支給日は6月20頃となっており、例年6月20日に支給されておりました。 また、今回も支給対象であると言うことでした。雇用契約で賞与の金額も明示されております。 しかし、昨日、急に査定制度の変更をするので査定期間が〜6月21日に変更、支給...

  • 就業規則変更に伴う退職は自己都合になるのか。

    現在退職を検討しております。 就業規則の改訂を申し渡され、内容があまりに現状と違うため退職を考えております。 大きく変わったのは、 1.週の休日が月4日以上に変更 2.労働契約書が有期限有りに変更 3.宿直勤務や深夜対応の強制 4.残業代がみなし残業代となった 5.退職後2年は競合他社への就職独立禁止 となっております。 ...

  • 業務引継ぎ不十分による法的措置?

    先日、会社を退職した者です。 退職後、元勤務先から、業務で作成した文書データ、取引先とやり取りしたメールを削除していることを指摘され、会社側が困っているとのことで、データの復旧を要求されています。削除したことが意図的なものではないかということも指摘されており、その説明を求められています。 もし応じない場合、業務...

  • 退職の意思表示からの期間について

    大学で勤めています。 現在の勤務先の就業規則では、退職の際は4ヶ月前に申し出ることなっています。 色々と労務士の方のサイトなどをみていると、2ヶ月程度が妥当で、それ以上は企業などからのお願いに過ぎないなどの意見があったりして、法的にどうなのかを知りたく質問させていただきました。 実際に退職をする場合は、就業規...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。