警察官の懲戒処分について。

私は現在警視庁警察官です。
懲戒処分について疑問に思う事があり質問させていただきます。

仮に
懲戒処分に該当する行為をし
日付、内容は別でありながら
それぞれ戒告、減給、停職
等、免職以外の懲戒処分を何回か受けた場合
戒告2回だから免職、戒告と停職があるから免職
等とはなるのでしょうか?
依願退職はしないものとし、周りの目も気にしないものとします。

もし免職にならない場合は
戒告5回受けようが、減給2回受けようが
免職以外であれば何度受けても免職にはなりませんよね?
こちらにおいても依願退職、周りの目はきにしないものとします。

分かりづらい文章ですが、回答お願いします。

2016年04月22日 19時07分

みんなの回答

松原 脩雄 弁護士
ありがとう
1 ウイキペディアによれば「懲戒免職(ちょうかいめんしょく)とは、職場内の綱紀粛正及び規律と秩序の維持を目的として懲罰の意味で行う免職のこと。職務に関するあらゆる懲戒処分の中で最も重い処分である。具体的には、法規違反や職務上の義務違反、職務懈怠、全体の奉仕者としてふさわしくない非行などを理由に行う。」とされています。

2 そうしますと免職に至らない懲戒を何度も受けていますと、最後の懲戒行為がそれまでの懲戒行為と総合して判断されて、上記の「職務上の義務違反、職務懈怠」に該当するものとして懲戒免職されることは理論的にはあり得ます。

3 従って、貴方のいう「戒告5回受けようが、減給2回受けようが免職以外であれば何度受けても免職にはなりませんよね?」という考えは甘すぎるということになります。

2016年04月22日 21時46分

この投稿は、2016年04月22日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

懲戒処分として減給されるケースと減給の無効を主張する方法

無断欠勤や職務怠慢など、就業規則で定められたルールに反した場合、懲戒処分として減給されることがあります。しかし、会社はどのような理由でも自由...

【弁護士Q&A】転職するとき懲戒処分歴や前科を隠しておくことのリスク

前職で懲戒処分を受けていたり、前科があったりしたとき、転職活動の面接では正直に伝えなければならないのでしょうか。入社して後から発覚した場合、...

懲戒解雇が無効になるケースと労働者が解雇を争う方法

業務命令違反や規律違反などを理由に会社から懲戒解雇処分を受けた場合でも、当然に解雇が有効になるわけではありません。懲戒解雇が有効になるために...

「懲戒解雇」が無効になるケースとは?不当解雇として争う方法と手順

会社におけるもっとも重いペナルティー。それが「懲戒解雇」です。退職金が支払われないことがあったり、再就職にマイナスに影響する可能性があったり...

【弁護士Q&A】ミスや降格、転籍に伴う減給に従う必要はある?

仕事上のミスや降格などによって、会社から減給を言い渡された場合、従う必要はあるのでしょうか。十分な指導もなくいきなり減給したり、大幅に減給す...

この相談に近い法律相談

  • 前科有りで公務員試験。あらためて懲戒免職処分は?

    以前に町の臨時職員をしていた当時、盗撮で在宅捜査を受け、職場に知られる前に自主退職しました。 その後在宅捜査が継続するまま民間企業に入社し、その会社にも知られることなく捜査が進み、今から約1年半ほど前にようやく罰金刑が確定しました。 そしてこのたび、図々しくも町職員の採用試験を受けようと思っているのですが、欠格...

  • 戒告処分と退職について。戒告程度の懲戒処分であっても退職を求められる(諭旨免職)ことはありますか?

    戒告程度の懲戒処分であっても退職を求められる(諭旨免職)ことはありますか?

  • 痴漢の懲戒処分について

    痴漢で捕まりました。 相手は被害届けを出さないという事で、警察署で誓約書を書き、厳重注意処分となりました。 身元引く受けで会社の上司に連絡され、現在は、懲戒処分が決まるまでの間、自宅で謹慎処分中です。 新聞等に掲載されてませんが、犯罪なので懲戒免職になる可能性が高いそうです。 しかし、懲戒免職は厳しくないでしょ...

  • 懲戒 相当

    過去ストーカー行為をしたとして警察に注意を受けていたことを知っている事件関係者と数年後忘れた頃に自分の職場で顧客等として偶然遭遇してしまい、上司や人事といった特定の人物に過去を報告されてしまったとします。 それを聞いて処分を下すとしたら不問、口頭注意、厳重注意、戒告、訓戒、減給、出勤停止、降格、懲戒解雇の内どの...

  • 地方公務員の懲戒免職について(至急)

    知人の公務員が、刑事事件(飲酒運転と物損事故)を起こし、 実刑+執行猶予付の判決を受けました。 本人は、懲戒免職の処分が下される前に、依願退職を希望しているのですが、 そのような対処は可能なのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。