懲戒処分量定に関する意見陳述について

この度、私生活における非違行為(罰金刑の刑事罰)による信用失墜などで、職場で懲戒処分がなされることになりました。

懲戒については異論、反論の余地はなく、「弁明の機会の付与」においては反省の態度を示し、謝罪しました。
これから、処分量定が決定されますが、その際に「意見陳述の機会」が設けられています。

量定に不満がある場合は、意見陳述をすることは理解できますが、
量定に不満がない、あるいは、これ以上軽い量定は期待できないような場合でも、意見陳述をした方がよいでしょうか?
また、どのような意見を述べるのがよろしいでしょうか?
2013年08月26日 23時45分

みんなの回答

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県2
ありがとう
思わぬ重い裁定にならないように、反省や謝罪などの意見陳述はしておいた方がよいです。開き直りとして反省していないと取られかねないからです。

2013年08月27日 00時51分

弁護士A
ありがとう
意見陳述をした方がよいでしょうか?

意見陳述の上,最終決定されると思いますので,きちんと対応されたほうがいいと思います。

また、どのような意見を述べるのがよろしいでしょうか?

相談者がした行為について再認識したうえ,そのことで周りにどれだけ迷惑をかけたか,そのことについて真摯に反省する態度を示せばいいのではないでしょうか。

2013年08月27日 04時12分

相談者
荒川先生、A先生

ありがとうございます。
そのようにしたいと思います。

2013年08月27日 09時49分

この投稿は、2013年08月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

懲戒処分として減給されるケースと減給の無効を主張する方法

無断欠勤や職務怠慢など、就業規則で定められたルールに反した場合、懲戒処分として減給されることがあります。しかし、会社はどのような理由でも自由...

【弁護士Q&A】転職するとき懲戒処分歴や前科を隠しておくことのリスク

前職で懲戒処分を受けていたり、前科があったりしたとき、転職活動の面接では正直に伝えなければならないのでしょうか。入社して後から発覚した場合、...

この相談に近い法律相談

  • 不起訴処分の内容について(再聴取なしで裁定の場合)

    先日、迷惑防止条例違反容疑(痴漢容疑)で逮捕され、勾留却下となりました。自分は容疑否認を主張していますが、事件の早期解決を図るために、示談しました。(警察・検察の聴取でも、手が電車内であたりはしてしまっていたが、相手の主張するような揉んだり、というような行為は全くしていない。混雑車内で触れてしまっていたから、そ...

  • 謄写請求を棄却されました。

    面会交流の審判中(前審判書 2ヶ月に1回 2時間?館で面会交流をさせる。を1ヶ月に2回 行事参加に変更するため) 面会交流申し立て時に、保全処分を申し立てました。棄却されました。 面会交流の保全処分の審判書は、「前審判書から実施された面会交流はとくに問題ない」「子の福祉を害する切迫した状況でない」「申立人の主...

  • 捜査の流れを把握し被害状況を詳しく説明したい時

    ある事件で告訴受理された場合、捜査内容を詳しく知りたいのですが、確認しても被害者なのに状況は説明されません。もう少し詳しく事実関係など話、できるだけ理解して貰い、起訴して貰い解決したい時、できる方法はありませんか。相手にどの様に捜査してるのか知りたいし、仮に、待っていた挙句、不起訴処分などの結果の時、納得できま...

  • 書類に関して

    先生方宜しくお願い申し上げます。 供述調書など様々な書類が連行されますとあるかと思います。 初めての被疑者などは何が何だかわからないものが多々あるかと思います。若年者あるいは逆に高齢者では尚更に書類の意味が理解不明だと思います。 若年者のなかにもいるかと思われますが、とかく高齢者は目が悪かったり、耳が悪...

  • 盗撮の示談書を検察官に提出した場合の不起訴になる割合

    知人が盗撮の初犯で捕まりました。 現在は検察庁で略式手続に同意のサインをして、検察庁が裁判所に起訴状を送る手続きをしている最中です。 ここからが質問です。 ①担当検察官が裁判所に起訴状を送る前に、被害者と示談を成立させて、その示談書を担当検察官の人に提出した場合、どれぐらいの確率で不起訴(起訴猶予)になる...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。