処分の合理性、相当性について

公開日: 相談日:2021年09月19日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
始業前にビール350ml飲酒し、酔いが覚めた夕方に器物損壊した場合(パターン1)と始業前にビール350ml飲酒し、ほろ酔いのまま器物損壊した場合(パターン2)についてです。

【質問1】
飲酒したことも器物損壊も懲戒処分の対象ですが、パターン1よりパターン2の方が処分を重くすることに合理性や相当性は認められるでしょうか?

1066268さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都5位
    タッチして回答を見る

    どれだけお困りか理解できます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答はできるところだけ対応いたしますと、本相談は、ネットでのやりとりだけでは、正確な回答が難しい案件です。どうしても不安であれば労働法に通じた弁護士等に、ネットではなく直接相談されるのが良いと思われます。「はい」である可能性は否定できません。よい解決になりますよう祈念しております。法令遵守をお願いいたします。

この投稿は、2021年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す