弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

労働条件

労働条件通知書とは:必ず書面でもらうべき項目や書式について

労働条件通知書とは、労働条件について記載した書面のことです。入社する前に会社からこれをもらうことで、使用者と労働者の間で労働条件を明確にする役割があります。労働条件については、契約時に必ず書面で明示しなければならない事項が法律で定められています。その内容や、通知書の書式について以下で確認しましょう。

目次

  1. 労働条件通知書とは
  2. 労働条件通知書の記載事項
  3. 労働条件通知書の見本・雛形

労働条件通知書とは

労働条件通知書とは、使用者と被用者との間で、労働条件を明確にするための書面です。これと同じ目的を持った文書に雇用契約書があります。雇用契約書は契約者間で一緒に作成するのに対し、労働条件通知書は使用者が一方的に通知する点に違いがあります。雇用契約書について、詳しくは「雇用契約書とは:書式や効力について」をご覧ください。

労働条件通知書の記載事項

労働契約時に書面で必ず明示しなければならない事項が法定されています。雇用契約書への記載で足りますが、ここでは労働条件通知書を前提に、記載が必要な事項を挙げます。

1. 労働契約期間
2. 就業場所
└従事する仕事の種類(営業等)
3. 始業、終業の時刻
└休憩時間
└休日、休暇
└交替制の場合は、就業時の転換に関する事項
4. 賃金の決定、計算、支払いの方法
└賃金の締め切り日、支払の時期
5. 解雇理由等

書面の必要はないが労働者に明示しなければならない事項

昇進事項は書面の必要はないですが、必ず明示が必要です。また、契約内容によっては明示が必要な事項もあります(相対的明示事項)。例えば、ボーナスの額や退職金の支給基準等について契約する場合には、使用者はその内容を労働者に明示する必要があります。この場合は書面である必要はありません。相対的明示事項について、詳しくは「雇用契約書とは:書式や効力について」をご覧下さい。

労働条件通知書の見本・雛形

労働条件通知書は企業によって異なりますが、以下の様な形式が一般的です。

労働条件通知書1 労働条件通知書2

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

労働条件に関する法律相談

法律相談を検索する

労働条件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 「正社員よりも働いているのに…」東京メトロ...
  2. 恋人の有無、結婚予定、家族の職業・・・採用...
  3. WOWOW「6歳子役」を未明まで働かせ謝罪、「働...
  4. 「有休消化して退職したい」→上司「前例ない...
  5. 昼休み中に電話番、来客対応を強制…その分の...
  6. 春から新社会人のはずが、まさかの「留年決定...
  7. 社会保険逃れ? 雇用主変更、6年半で67回も…...