弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

労働条件

雇用契約書とは:書式や効力について

雇用契約書は、雇用契約において重要な証拠となるものです。しかし、雇用契約書がどのような形式で、何が書かれているのかはよく認識されていないのが一般的です。ここでは雇用契約書の内容について確認していきましょう。

目次

  1. 雇用契約書とは
  2. 雇用契約書の意義
  3. 雇用契約の内容
  4. 雇用契約書の見本・雛形

雇用契約書とは

雇用契約書とは、使用者と労働者との間で、労働条件を明確にするために作成される契約書をいいます。正社員、派遣、アルバイト等の労働契約をする際に作成されるのが一般的です。

雇用契約書の意義

長時間働かされたのに残業代が出ない等のトラブルが生じた際には、まずは雇用契約書に書かれている内容を確認しましょう。雇用契約書は裁判で重要な証拠となるため、雇用契約時に一通を必ず自分で保管するようにしてください。 残業代請求等のトラブルについて、詳しくは以下のリンクをご覧下さい。

雇用契約の内容

絶対的明示事項

法律上、雇用契約時に必ず明示すべき事項(絶対的明示事項)が規定されており、昇給に関する事項を除いて書面で確認すべきとされています。当該事項は、雇用契約書に記載されることもあるため、以下をご参照下さい。

項目 内容の一例
労働に関する事項 ・労働契約期間
・就業場所
・従事する業務の内容(営業等)
・始業、終業の時刻
・所定労働時間を超える労働の有無
・休憩時間
・休日、休暇
・交替制の場合は、就業時の転換に関する事項
賃金 ・賃金の決定、計算、支払いの方法
・賃金の締め切り日、支払の時期
・昇給に関する事項
退職 解雇事由など

終身雇用前提の正社員の場合、上図の労働契約期間の欄において、「期間の定めのない雇用」または「常雇」と規定されるのが一般的です。これに対して、期間の定めがある場合には、正社員ではなく、非正規雇用となります。 そのため、労働契約期間の欄は、自分の就業形態を判別する上でとても重要です。

相対的明示事項

ある特定の項目について契約を締結しようとするときには、明示しなければならない事項(相対的明示事項)があります。具体的には、以下の通りです。

項目 内容の一例
退職手当 ・適用される従業員の範囲
・手当の決定・計算・支払い方法
・支払いの時期
賃金(絶対的必要記載事項に定めのない内容) ・臨時の賃金(賞与)
・最低賃金額
・昇給に関する事項
費用負担 ・食費
・作業用品
その他 ・安全衛生
・災害補償や業務外のケガ・病気の扶助
・職業訓練
・表彰・制裁
・休職

雇用契約書の見本・雛形

雇用契約書はそれぞれの企業によって異なりますが、以下の様な形式が一般的です。

alt

以上の通り、事前にトラブルを回避するため、契約の重要な部分を書面で残すよう法律で規定されています。自分がトラブルに巻き込まれそうになったら、まずは雇用契約書を確認してみてください。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

労働条件に関する法律相談

  • 雇用契約解除予告通知書

    労働規則・条件労働条件

    雇用契約解除予告通知書に、記入しました。今月いっぱいで、状況によって書いてありますが、解雇ですか。この間、続けてもらうような事言って来ました。多分人材がいないからだと思います。...

    1弁護士回答
  • 労働条件違反で損害賠償された時の対処

    労働規則・条件労働条件

    退職が受理させて1ヶ月後に退職するのですが、先日、労働内容違反で損害賠償すると言われました。 そこで質問ですが、仕事に従事してたと思うのですが、労働条件の口頭同意で通知書は無く、...

    1弁護士回答
  • 退職後、労働条件違反で損害賠償を請求されるのか?

    労働規則・条件労働条件

    退職を考えていますが、労働条件には従事してるつもりで働いていましたが、陰で上司同士で「辞めたら、少ない仕事でたいした仕事もしてないから、1日の仕事内容の証拠もあるし、労働条件違反...

    1弁護士回答
  • 個人事業売却に伴い、候補者を一時的に雇用して給与天引にて、売却資金を得ること等に問題はありますか。

    労働規則・条件労働条件

    はじめまして。個人事業にて一人でショップ経営をしているものです。 今般、暖簾代500万円、什器備品100万円、合計600万円で事業を売却したいと考えています。 幸運にも候補者が見...

    1弁護士回答
  • 労働契約中の退職することができるか

    労働規則・条件労働条件

    雇用契約についてですが昨年一年間契約で労働しました。 今年に入り新たに雇用について話し合いを行いました 私は今年も仕事を使っていただけるなら続けますといいました。 会社側は今年も働...

    1弁護士回答

法律相談を検索する

労働条件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 恋人の有無、結婚予定、家族の職業・・・採用...
  2. WOWOW「6歳子役」を未明まで働かせ謝罪、「働...
  3. 「有休消化して退職したい」→上司「前例ない...
  4. 昼休み中に電話番、来客対応を強制…その分の...
  5. 春から新社会人のはずが、まさかの「留年決定...
  6. 社会保険逃れ? 雇用主変更、6年半で67回も…...
  7. 新人女性教員自殺、高裁も「公務に起因」認定...