弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

労働条件 : 雇用契約の内容や労働条件をめぐるトラブル

業務委託という名の・・・

・友人が経営するA社へ雇用の形で手取30万を保証するという事で8月より仕事を始めました。
・B社からの業務委託で実際にはB社へ出向しています
・8月~9月に九州のB社新規事業の統括管理をA社として私が行く予定でした
・九州が始まるまでは東京のB社本部にて研修も含め出向
・東京本部への通勤距離と交通費の件を伝えたるとB社が近くに部屋を借り上げてくれるとの事、代わりにそこからの交通費はB社負担
・B社に借りた部屋は一か月のみで部屋を出なくては成らなくなった
・9月からB社は神奈川でも新規事業の話があり、立上に伴い近くに部屋を借りるので、そこから神奈川へ行ってほしい、時々東京本部へも来てもらうことになるが交通費はA社で負担するとの事
・引越し当日に神奈川社宅へ行くのを待って欲しいとの事、その間、自宅から通勤ですがA社で負担すると担当者に言われたが後日、そんな話はしてないと未払い
・その後、引越しのタイミングがない事、神奈川~東京(1時間半)自宅~東京(2時間)と大差がないこと神奈川事業部が未だに未稼働のため出勤が東京のみで合ったため引越しを見合わせていた。
・12月中旬過ぎに九州を12月末から始めるので移動して欲しいとの事
・突然のことであるため、部屋も決めていなければ引越しの準備も出来ていない
・九州での業務委託でB社がA社へ提示した内容
契約期間は1年
a.土日祝日は、始業時間~就業時間を直接監督し運営業務を行う
b.平日は、実労働時間を最低8時間以上とし、全体業務に支障が生じる際には業務達成まで直接監督を行う
C.月間休日を最多8日間と定めるが、全体業務に支障が生じる際には、その限りではない
d.病欠、怪我などにより規定業務日数に満たない場合は、その月の日数割で計算した金額を支払うものとする
委託費は月額40万とのことでした、委託費もさることながら、委託内容が雇用契約となっているのでは?これでは今後の取引は出来ないとの回答をしてもらいました。
・結果A社代表より九州へ行くことが無くなったために業務委託も打ち切り12月23最終日
・12月分がなぜか日割り計算、更に31日間で割られ出勤日数分だけ支給
・8月よりB社へ行っていたが、すべてシフトが決められ酷いときは前日まで予定が分からないこともありこのような場合、どこまで請求できて何が違反として訴えれるのでしょうか
B社とは雇用契約を結べていません
12月24日より無職となってしまい、現在は就活&日雇いで辛うじて生きております
A社と雇用契約を結んでいるのであれば、A社に対して請求できると考えられます。
一方的な解雇を受け入れるのであれば、解雇予告手当金を請求できるでしょうし、解雇無効を主張して賃金を請求することもできます。

B社とあなたは契約を締結していないということですから、B社に対して請求できるものはないと考えられます。
急な契約変更等による損害については、A社とB社との間で解決すべきことです。
A社とも現状は雇用契約になっておらず
健康保険など含めて全て個人で行ってる状態です

Newton_555さん
2017年01月11日 05時07分

みんなの回答

Newton_555 さん (質問者)

2017年01月11日 05時09分

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう

2017年01月11日 06時50分

Newton_555 さん (質問者)

2017年01月11日 13時48分

この投稿は、2017年01月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「労働条件の明示義務」とは。書面で通知すべき労働条件の項目

使用者が労働者を採用する際に、労働条件をどのように示すべきなのか、また示す内容については法律で定められています。使用者から労動条件の明示がな...

労働条件通知書とは:必ず書面でもらうべき項目や書式について

労働条件通知書とは、労働条件について記載した書面のことです。入社する前に会社からこれをもらうことで、使用者と労働者の間で労働条件を明確にする...

雇用契約書と労働条件通知書の違いとは

採用の際に会社から渡される書類には、契約書や通知書など様々なものがあります。中でも雇用契約書と労働条件通知書は、労使の合意があるか、使用者か...

パート・アルバイトの雇用契約書:必ず記載する内容や書式について

アルバイトやパートも正社員と同じ「労働者」に該当し、同様の雇用契約を結びます。雇用契約書には必ず記載すべき事項が法律によって定められており、...

雇用契約書とは:書式や効力について

雇用契約書は、雇用契約において重要な証拠となるものです。しかし、雇用契約書がどのような形式で、何が書かれているのかはよく認識されていないのが...

この相談に近い法律相談

  • 業務委託事業主の労働条件について

    業務委託を始めて2年程になります。 私の労働条件は法律上問題ないのか、教えてください。 ・勤務時間と休みはは委託元が決めた1日約9.25時間、休みは月2日(休みたいなら自分でバイトを探せと言われました)。 ・仕事道具は筆記用具以外委託先が用意したもの。 ・給料(手数料扱い)は最低賃金以下で毎月同じ金額。 ・各種保険類等...

  • 派遣契約の労働条件の相違について

    相談させてください。 派遣契約で就業しているものです。 先週から就業開始した派遣先がメールでいただいた労働条件の内容(労働条件明示書の交付は就業開始後に送付だが、まだもらってはいない)と現在の状況と異なっております。 条件の差異を理由に即時の業務終了は可能でしょうか? メールで提示された時間 9時から17時半 ...

  • 労働条件に関して

    お世話になります コンビニエンスでの夜勤(神奈川県最低時給836円期間)で当時日給11000円(休憩2時間以上適宜取得)で雇用。 基本は一人夜勤で本人と条件確認の上に契約。店長及びオーナーが早朝0630~シフトフォロー。 退職後に、労働基準局から退職者へ賃金不足であるとの指摘をしていますが、どのような対応が...

  • 労働条件相違による労働契約即時解除について

    会社員、勤続半年です。 就職時ハローワークから就職しました。 雇用契約書は書いていません。労働条件通知書、就業規則も見たことがありません。 求人票の条件と、実際が全く異なります。(労働時間、給与、休憩なし) 労働条件が異なる場合、雇用契約を即時解除できると聞いたのですが本当でしょうか? 雇用契約書を結んでいない...

  • 前提となる労働条件の要件

    私は、会社に残業代を請求しました。 会社は、労基法41条3号の監視又は断続的労働に従事する者だから、残業代は発生しないといいました。 労基署は、許可基準と異なるとして是正勧告をしました。会社は、是正できないとして、監視又は断続的労働をとりやめました。 私は、給与は同じで、3日に一度の24時間労働から、1日8時間...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

労働条件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 「お前の都合なんか知らん」子どもが生まれる...
  2. ファミマ過労死訴訟和解…コンビニFC本部は加...
  3. つわりで吐いても先輩女性からは「根性論」…...
  4. 2017年から「マタハラ防止措置」事業主に義務...
  5. 年末年始の休み希望出したら上司ブチ切れ…バ...
  6. 月100時間超の残業で「うつ病」、解雇された...
  7. 政府「同一労働同一賃金」ガイドライン案、倉...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

イチオシの弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。