1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 規則・条件
  4. 労働条件
  5. 労働契約書の休日について

公開日:

労働契約書の休日について

2015年06月23日
職場の社長に、労働契約書には週休2日と記載があったのに、休みが1日しかない週があったので確認したら、休み休みってサボろうとしやがって、と言うような態度で話をすり替えられ、労働基準法では週1の休みでも問題ないから裁判では勝てるとか言われました。本当にそうなんでしょうか?
相談者(362004)の相談

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4
ありがとう
労働基準法では週1の休みでも問題ないから裁判では勝てるとか言われました。本当にそうなんでしょうか?

 労働基準法は、最低でも守るべきことを規定しているものです。労働契約書で週2日とされていたら、そちらも当然守るべきです。

2015年06月24日 06時53分

この投稿は、2015年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【労働条件通知書】労働条件を会社が明確に教えてくれないときの対処法

会社は雇用契約を結ぶ際に、「労働条件通知書」などの書面で、労働者に対して労働条件を明らかにすることが義務づけられています。この記事では、明ら...

【人事労務担当者向け】裁量労働制で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

従業員から未払い残業代の支払いを請求されとき、「支払う必要があるのか」「いくら支払う必要があるのか」を判断する上で、勤務形態や勤務時間を正確...

休日出勤で割増賃金を請求できるケース、代休と振替休日の違い

前々から予定をいれ楽しみにしていた休日を前に、会社から「休日出勤」の業務命令ーー。「拒否したい」。拒否できない場合でも、せめて休日がつぶれる...

【弁護士Q&A】就業規則の不利益変更に労働者が従う必要はある?

労働者は会社が定めた就業規則に従って仕事をする必要があります。では、就業規則が労働者にとって不利益な内容に変更された場合でも、従う必要はある...

【人事労務担当者向け】事業場外みなし労働時間制で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

従業員から未払い残業代の支払いを請求されとき、「支払う必要があるのか」「いくら支払う必要があるのか」を判断する上で、勤務形態や勤務時間を正確...

この相談に近い法律相談

  • 労働契約書の記載に関する説明責任について

    労働契約書に「賞与は6月支給」と記載されていますが、賞与の支払いがなされていません。 賞与に関しては社長から何の話もありません。 契約書には支払日を変更できるとか、賞与を支給しない場合があるという記載がありますが、社長は今日時点で何も言及していません。 賞与に関する質問はとてもしづらい状況です。 労働契約書に関...

  • 裁量労働制と労働時間について

    雇用契約書に裁量労働制との記載があり、更に 労働日数20日 労働時間160時間 所定労働時間 20時間 という項目があるのですが、残業代は払われず更に1日8時間以内の時短勤務は許されていません。 この場合違法になりますでしょうか。

  • 雇用契約書の記載内容を会社が守らない場合

    雇用契約書には、「月に13日程度の勤務」 とかかれていました。 しかし、今月は月に10日しか勤務日が無く、抗議したところ、「程度」と書いてあるのだから問題がないと言われました。 しかしそれでは生活がなりたたないので、次の仕事が決まり次第、1週間程度で辞めるつもりです。 しかし就業規則には、辞める場合は1ヶ月前に...

  • 退職日を労働者側が指定することは可能か

    就業規則に、退職願は一ヶ月前にとの記載があった為4/3退職のために本日退職願を提出しました。 会社側より、3/31に退職するよう要請されています。 理由は、現職では月の途中で退職の場合はその月すべて出勤したとみなして満額給料が支給されるためです。(今回ですと、4/4退職でも4月末まで働いたとみなして4月分は満額給料が出ます...

  • 労働契約書、日数、「程度」について

    「月に13回程度」の勤務日と書かれた労働契約書で、これまで月に13回で働いてきました。(時々12回の月も有った) しかし、新しい職員が入ってきたとたん、来月のシフトが10回に減らされました。 人数から見て、来月以降も10回程度しか無理と思えます。 予想できる収入は、減り、退職せざるを得ない状況で、経営者に抗議したところ...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

労働条件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。