労働契約法に関することで助言をお願いします、どうかよろしくお願いします

労働契約法が平成19年12月5日公布、平成20年3月1日施行。とありますが会社が就業規則を平成18年度ぐらいに就業規則の変更をしていたみたいです、そこで退職金の部分で大幅に労働者にたいして不利益なるぐらいの変更でしたもともとの就業規則の内容での勤続年数18年にたいする退職金計算をすれば380万ほどでした変更後の内容は、計算式はなく勤続年数におおじての決めてある金額の表になっておりその表から拾い出すと勤続年数18年で98万ほど就業規則をかえる前にやめた先輩は勤続年数8年でその時の計算式で100万ほどでした実例は、ありますその先輩がやめたすぐに会社側が変更したらしいのですがまったく従業員にその内容の話もなく変更していたのですがその時に会社側が決めた代表の方の同意書が添えて変更してあるのですがそのことすら従業員の僕らは知りませんでした就業規則自身も知らないし変更したのも知りませんでした、しかもその代表者は営業の方で事務関係もしてる人でした
そんな労働規則の変更はどうなんでしょうか?労働契約法がこの時期の内容に関して適応されますでしょうか?そもそも合理的な内容ならば変更できるとはいうても従業員に周知することなく変更てっできるのでしょうか?自分自身弁護士さん内容を伝えて相談したところそもそも周知しやずに変更したのなら変更後の会社規則は無効で前の会社規則がとお聞きしましたがやはりそうなりますでしょうか?
労働契約法が平成19年12月5日公布、平成20年3月1日施行。と見たのでタイミング的に労働契約法が適応されるのか不安に思い、労働基準法の就業規則の内容にも記載されてますが、どうかお願いします
2015年04月20日 11時41分

みんなの回答

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都6 労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
労働契約法の適用がなくとも、就業規則の不利益変更には合理性が必要であり、従業員との協議は必要です。協議もなく、変更後のものについて周知もなければ、変更後の就業規則は無効です。

2015年04月20日 12時32分

相談者
ありがとうございます、色々と自分でも普段全然気にしていない事で自分がこういうことになりあれこれ調べると本来は自分も知らなければいけないことそして、ちゃんと労働者を守るための決まり等あることにきずかされました
でも、それ以上に会社側が何も知らなく労務士さんに完全に負かしていると改めて認識しました
ただ、退職金の部分だけで言うと法による金額等の定めがない部分であり不安等もありましたが
そもそもの部分で会社側がしなければいけないとこをしていない部分が確実に分かり少しほっとしました今まで18年会社に勤め頑張ったのに提示してきた金額をみてビッくりしました
ましてや今までの就業規則のけいさんからいうての金額のあまりにも差があるので余計に
この事に関して労務士さんが深くかかわってるとなると、どうでしょうか?労務士さん自身も労務士法等考えたりするとリスクの方がおおきいでしょうか?
なんらかのばっそくもあるのでしょうか?

2015年04月20日 13時31分

この投稿は、2015年04月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【労働条件通知書】労働条件を会社が明確に教えてくれないときの対処法

会社は雇用契約を結ぶ際に、「労働条件通知書」などの書面で、労働者に対して労働条件を明らかにすることが義務づけられています。この記事では、明ら...

【弁護士Q&A】就業規則の不利益変更に労働者が従う必要はある?

労働者は会社が定めた就業規則に従って仕事をする必要があります。では、就業規則が労働者にとって不利益な内容に変更された場合でも、従う必要はある...

この相談に近い法律相談

  • 残業代未払い、雇用契約書、就業規則について

    現在の会社に勤務して6年です。雇用契約書に所定就業時間9:00~18:00、休憩1時間、週5日、月に190時間、月給23万円、管理者手当5万円と記載されています。従業員10人以下の職場ですが2016年11月に就業規則が施行され、労働基準法第41条第2号に該当する者については労働時間、休憩、休日に関する規定(深夜労働に関する定めを除く)は...

  • 労働基準法15条3項について質問致します。

    この度、会社を退職します。転勤で千葉県へきておりますが自己都合退社なので帰郷旅費については一切でません。この事は社内規定で定められているのでしょうがないですが、労働条件通知書に不具合があると感じたので相談させていただきます。 所定時間外、休日又は深夜労働に対して支払われる割増賃金率 イ所定時間外 法定超(25%...

  • 有給休暇の取得条件について

    初めてご質問致します。この度本社から通知が届き、『該当法令に則った運用にする為』との前書きがあり、『月給制従業員については所定労働時間(当社では変形労働時間制を敷いており、所定労働時間についてはその月により160時間から177時間)を超えた場合は、有給休暇相当額を支払わなくてよいと記載されておりました。要するに所定労...

  • 年休の計画的付与(労働基準法39条6項)

    年休の計画的付与(労働基準法39条6項)についてです。 従業員の過半数以上が賛成しない場合には、 計画的付与が出来ないと思いますが、 その際の会社の休業日は給料にかかわるのでしょうか。 また、情報によっては、過半数以上の賛成が労働組合によると書いてあるものがありました。 労働組合は無くては計画的付与はあり得ないの...

  • 労働条件の変更

    はじめて相談致します。私が勤めている会社は20名以上社員がいるのですが、就業規則がありません。 現在、給料日は毎月15日払いとなっているのですが、会社の資金繰りが悪い為、25日に変更すると一方的に通知されました。 社員には同意する人と同意しない人がいますが、私は15日でないと生活が困るので同意したくありません。 しかし...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

労働条件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。