労働契約法第16条の解釈について

労働契約法第16条は、最高裁判所判決で確立している「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。」とありますがそれでは客観的に合理的な理由とはどのような理由なのか、また社会通念上、相当する場合は具体的にどのような場合を指すのでしょうか。
2010年10月30日 21時42分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
ケースバイケースなので一概には決まりません。いろいろな本がありますので、読んで勉強するといいでしょう。

2010年10月30日 22時29分

この投稿は、2010年10月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【労働条件通知書】労働条件を会社が明確に教えてくれないときの対処法

会社は雇用契約を結ぶ際に、「労働条件通知書」などの書面で、労働者に対して労働条件を明らかにすることが義務づけられています。この記事では、明ら...

懲戒解雇が無効になるケースと労働者が解雇を争う方法

業務命令違反や規律違反などを理由に会社から懲戒解雇処分を受けた場合でも、当然に解雇が有効になるわけではありません。懲戒解雇が有効になるために...

「不当解雇」は違法で無効…不当解雇の基準、争うための手段を詳しく紹介

「あなたは能力不足」「リストラする必要がある」ーー。解雇の理由はさまざまですが、一見もっともらしい理由があっても、条件をみたしていない解雇は...

病気やケガで休職したことを理由とする解雇が無効になるケース

病気やケガで働けず会社を休んでいたことを理由に解雇された場合、「業務にあたることができないのだから解雇されても仕方ないのか」と考えてしまう方...

【マタハラ】妊娠や出産を理由に解雇されたときの対処法

妊娠・出産を理由として会社が労働者に対して不利益な取り扱いをすることは、法律で禁止されています。そのため、妊娠や出産を理由に解雇されたとして...

この相談に近い法律相談

  • 労働契約法について

    社会通念上、解雇するに相当で客観的且つ合理的な場合とは具体的にどのような場合の解雇を指すのでしょうか。

  • 整理解雇

    先月、解雇されましたが、整理解雇にはなるのですが4要件などの説明が一切なく一方的に解雇をされました。 主な解雇理由は、意見の相違と信頼関係の破綻というものでしたこれらの理由で合理性が得ることはできるのでしょうか? 労働審判より簡素化したかたちで少額訴訟等を起こした場合、労働者側に有利な判決をもらう可能性はある...

  • 解雇に関して‥。解除自体は単独行為ですよね?

    >「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、 その権利を濫用したものとして無効とする。 」(労働基準法第18条の2) >使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも30日前にその予告をしなければならない。30日前に予告をしない使用者は、30日分以上の平均賃金を支...

  • M&Aの基本合意書について

    事業譲渡の基本合意書の法的拘束力について教えてください。 基本合意書の中に、この基本合意書は法的拘束力を有すると規定されており、以下のことが規定されています。 ・事業譲渡することの合意 ・譲渡価格 ・譲渡日は●月●日とする。 ・その他諸条件は、最終契約書に定める。 ・最終契約書は、●月●日までに締結する。 ・そ...

  • 契約書に定義がない場合の項目に適用される法律について

    企業間の契約書について相談です。 締結済みの契約書・規約に記載がない項目は、商法と民法のどちらが適用されるのでしょうか。 例えばですが、管轄裁判所の定義が契約書・規約に載っていなかった場合、どの法律に則って管轄裁判所が決まるのか、という質問です。 また、商法と民法に同様の内容が載っていた場合、適用されるのは...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

労働条件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。