定年退職後の有期雇用契約について

当社は、65歳定年制で、会社が認めた場合に、1年単位で再雇用をしています。
Aさんは、定年退職後、4回の更新をしており、平成26年1月31日で期間満了となります。
最近、勤務に問題があるので雇い止め(26年1月31日)をしようと思います。
ご質問ですが、雇い止めをする30日前に通知しない場合、法的に問題が生じるでしょうか。
(30日に通告すると、他の社員にいらないこと言いそうなので)
合わせて、解雇の法理になるでしょうか。
2013年12月26日 08時46分

みんなの回答

八坂 玄功
八坂 玄功 弁護士
ありがとう
「有期労働契約の締結、更新及び雇止めに関する基準」が次の内容を定めています。
有期労働契約が 3 回以上更新されているか、1 年を超えて継続勤務している有期契約労働者について、
有期労働契約を更新しない場合には、尐なくとも 30 日前までに予告をしなければならない。

2013年12月26日 12時18分

この投稿は、2013年12月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【労働条件通知書】労働条件を会社が明確に教えてくれないときの対処法

会社は雇用契約を結ぶ際に、「労働条件通知書」などの書面で、労働者に対して労働条件を明らかにすることが義務づけられています。この記事では、明ら...

会社が雇止めをできないケースl契約を更新してもらえない場合の対処法を解説

契約社員など、有期雇用の従業員が雇止めにあったような場合でも、契約が何度も更新されていたような状況があれば、会社の雇止めが認められずに、働き...

この相談に近い法律相談

  • 契約期間と在籍期間の重複について

    派遣社員で10月31までの契約のところ9月末で退職(体の都合)したしました。が、よく確認したところ、退職は受理されていないと担当者から聞きました。10月から別の派遣会社から企業への雇用される場合ですが、10月31日までの契約がかぶっていると問題はありますか?

  • 有期雇用社員の5年ルールと雇い止めについて(再質問)

    以前、御質問しました同じ様な質問となりますが現在、毎年4月1日~翌年3月末日の1年契約を毎年3月20日頃に双方(会社側、本人)問題がなければ4月1日~翌年3月末日の1年契約を行っています。 双方1通ずつ契約書にサインをし、契約締結を行っています。これを通算5年を超えての行為を規制する、 5年ルールというものがあ...

  • 契約期間について

    毎年4月から3ヶ月の契約で(通知がなければ3ヶ月毎の自動更新される)長年同じ職場でフルタイムの派遣社員をしておりましたが、派遣先の都合で突然今月3月末に、来月の4月一杯で経費削減のため、解雇を言い渡されました。本来であれば3月一杯が契約満了なのですが、4月も働く事になると、自動更新で6月までは契約が成立するはず...

  • 定年退職後の再雇用契約で出勤日数が減る場合について

    定年退職後の再雇用契約時に、出勤日数を減らし、それに合わせて給料も見直したい。 就業規則には「定年後再雇用を希望するすべての職員を嘱託とし、退職日の翌日から満65歳に達する日までの間、1年契約の更新制として再雇用する」とあります。 現在64歳になる方と最後の1年の再雇用契約を結ぶ際、直近の2年間毎月2日〜3...

  • 退社時の作業服の実費負担について

    H28年12月1日づけで入社した職場をH29年3月中に退社しようと考えています。それにあたり雇用契約書を見直したところ H28年12月1日~H29年2月28年の契約書の作業服の欄に「3ヶ月以内に退職の場合は実費負担」と記載がありました。これについては3ヶ月の勤務を超えているので実費負担する必要はないと思っていま...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

労働条件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。