労働条件の不利益変更は損害賠償?

求人には、四国勤務と書いてあったのですが、労働条件通知書なし勤務地の明示なしで、関西勤務へ、そのあと東京へ、
そしてまた、関西へ。
問題は、企業内で出張については日当が支払われていたが、
転勤すると日当がでなくなること。
賃金は、月21万で同じなのですが、日当を入れると、月27万ぐらいになるので、出張と転勤とで、支給額が大きく変わります。
これを転勤することにより、日当を支払わなくすること、いわゆる総支給額の約30%カットは不法行為なのでしょうか?
よって、損害賠償として請求するのが妥当なのでしょうか?
ちなみに、日当は旅費交通日あつかいであり、賃金ではありません。
2013年10月09日 06時49分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
これを転勤することにより、日当を支払わなくすること、いわゆる総支給額の約30%カットは不法行為なのでしょうか?

なりません。

求人には、四国勤務と書いてあったのですが、労働条件通知書なし勤務地の明示なしで、関西勤務へ、そのあと東京へ、そしてまた、関西へ

求人では四国勤務でも、雇用契約では勤務地限定なし、ということはあることで、結局、雇用契約で勤務地を限定したかどうかの問題です。
限定したのであれば転勤は断われますが、限定なしであるのに相応の理由なく断われば、業務命令違反で懲戒の対象になります。

2013年10月09日 15時39分

相談者
>求人では四国勤務でも、雇用契約では勤務地限定なし、ということはあることで、結局、雇用契約で勤務地を限定したかどうかの問題です。
・労働条件通知書はない。
・口頭説明で、四国、「東京に行かなければいけない時もある。」
との証言あり。

この状態では、「東京に行く」のが、転勤なのか?出張なのか?わからない。つまり、勤務地を限定したかもわからない。
参考になるのは、求人票の「四国を担当してもらいます」との文言のみ。
東京に行く際には、「一人前になったとみなした時点で九州に戻すとの文言のみ」
自分は日当がもらえるものとして、東京に行った。最初の一カ月半は、日当が支払われたが、突然でなくなった。

損害賠償でないのであれば、請求はできないとの見解なのでしょうか?
どう見ても、転勤と出張では待遇が違うため、変更の際に、日当が支払われなくなることを説明しなかった、説明義務違反な気がしますが。



2013年10月09日 16時44分

弁護士A
ありがとう
雇用契約で勤務地を限定したかどうかがはっきりしないと、難しいと思います。文書がないので、言った言わないの水掛け論にもなりやすいところです。
より詳しく労基署で口頭でご相談になった上で、ご納得なさったほうがいいでしょう。あっせん手続などを利用する方法もあると思います。

2013年10月09日 17時28分

相談者
裁判になった場合の質問です。
言った言わないになるでしょう。
その場合、請求の原因は、労働条件の不利益変更が無効とし、
日当の請求をするとの考えでよろしいでしょうか?
上の弁護士さんの回答では、労働条件の不利益変更は不法行為ではないので、損害賠償ではない、慰謝料ではない。との回答のようです。

2013年10月09日 17時43分

弁護士A
ありがとう
本件で慰謝料はありません。
勤務地限定合意を立証できるなら、業務命令を断わることはできますが、任意に応じて転勤してしまうと、転勤しても日当分を上乗せ支給されるという約束があったのに支払われなかった、という話でもないようですから、日当は請求できません(請求する法的根拠がない)。
お話し合いで会社と合意することはできるでしょう。その可能性があるなら、あっせん手続は無駄ではないでしょう。

2013年10月09日 17時52分

相談者
>勤務地限定合意を立証できるなら、業務命令を断わることは>できますが、任意に応じて転勤してしまうと、転勤しても日>当分を上乗せ支給されるという約束があったのに支払われな>かった、という話でもないようですから、日当は請求できま>せん(請求する法的根拠がない)。
退職しています。裁判の話をしています。
裁判で訴えた。
あとから、被告は「転勤といった」と証言。
私は聞いていないし、出張と思っていた。他の社員も、私が出張であるとの業務メールを打っている。実際に最初の45日間は日当は支払われていた。よって、出張だと思っていた。
労働条件通知書もなく、地域限定正社員なのかもわからず、懲戒解雇になるとまずいので、従うしかない。
「一人前とみなしたら戻してやる」と言われ、従った。しかし、日当が払われなくなることには合意していない。
訴え自体が、認められないのでしょうか?

2013年10月09日 18時02分

弁護士A
ありがとう
訴訟になっているのですか。
転勤だと聞いていたなら、住居を移すでしょう。「最初の45日間は日当は支払われていた。転勤とは聞いてないから、住居も移していない。転勤だと言ったというなら証拠を出せ」、と主張したらどうですか。

2013年10月09日 18時06分

相談者
住居は、ホテルを2カ月転々とした後、「社宅に入れ」といわれ、埼玉の社宅に入りました。
裁判での請求方法は、どうなるのでしょうか?出張なので日当を支払えといえばいいのか?
ところが、5か月の長期出張を正式な配属、転勤とほとんどの人が行っています。転勤と裁判官が判断すれば、ぐうの音も出ない。よって、
請求方法は出張であれば、日当を払え。転勤であれば、転勤は有効かもしれないが、説明がなかったので、説明義務違反?労基法15条違反&労働条件変更後の説明義務違反で、日当か日当相当の損害賠償を支払え?
となるのか?
請求方法がわかりません。
それとも、出張と立証しなければ、やはり日当はもらえないのでしょうか?
会社が転勤だと証言すれば、終わりなきがしますが。

2013年10月09日 18時24分

この投稿は、2013年10月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【労働条件通知書】労働条件を会社が明確に教えてくれないときの対処法

会社は雇用契約を結ぶ際に、「労働条件通知書」などの書面で、労働者に対して労働条件を明らかにすることが義務づけられています。この記事では、明ら...

【弁護士Q&A】転勤を拒否したい…介護や育児、出産を理由に拒否できる?

介護や育児、出産などを理由に転勤を拒否することはできるのでしょうか。拒否した場合、懲戒処分を受けるなどのリスクはあるのでしょうか。「[みんなの...

この相談に近い法律相談

  • 労災の休業給付の「足りず」の賃金の支払いは義務ですか?

    労災で申請が認められたら、休業補償があると思います。 給料の6割+2割で合計8割が給付されると聞いています。 会社側には、労災ですから会社の業務上の責任があるわけですから、労災で補いきれない2割(あるいは4割?)を補填する義務がありますか?(法的に決められていて、怠ると会社に罰則があるとか) それとも、これは義務...

  • 労災による休業補償金の過払い金への返納義務(労働基準監督署からの説明)

    施設利用者が労災事故でH29年7月まで休業補償をもらいその後高次脳機能障害になり退職し、H30年2月に労災年金2級が確定しましたが、その際の労働基準監督署の職員の決定通知並びに説明の際、会社と労働基準監督署の確認ミスで、約2年間支払われた休業補償に過払い金があり、880万円の返納請求が来ました。これに関し、本人...

  • 残業代。損害賠償請求とかもできるのですか?

    労働基準監督所に出向いて、残業代不足の件が通ったのですが、支払い期限が5月16日なんですけどもし支払われなかったらどうしたら良いでしょうか? 損害賠償請求とかもできるのですか?

  • 賃金未払い。こういう場合、どうしたら良いのでしょうか?

    今月から 歯科助手のアルバイトを 始めたのですが 私には合わない ドクターが怒鳴りつけるので 試用期間が終わって 本契約する時に 辞めたい意向を伝えたのですが それなら賃金払えません。 2ヶ月前に退職届をだして 互い納得の上に成立され 試用期間の賃金も払います。 と、言われ 渋々、契約書にサインを しました。 ...

  • 労災で休業した際の損害賠償請求

    お世話様です。 H25年に労災事故にあいましたが、休業はせず、夜間休日にリハビリをしながら 会社を休まずにH27年まで働き続けました。 しかし、ついに力尽きて働けなくなり、H27年から休業しています。 労災認定されていますので、会社に損害賠償請求をするつもりです。 休業補償給付金(給与の6割)と、給与の差...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

労働条件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。