公開日:

有期雇用契約と自動更新について

2013年01月09日
労働契約法と派遣法の改正で、有期雇用契約から無期雇用契約への
転換への対応をとる必要がありますが、派遣法の対応で労働局へ問い合わせしたところ、「有期雇用契約を自動更新にすれば可」との
回答を得ましたが、それでよろしいでしょうか?

また、自動更新とした場合でも一定の場合は更新しない旨の記載を
しようと思いますが、どの程度の記載まで認められますか?

また先日のセミナーで、講師の弁護士からは、派遣法がらみの対応で自動更新はさけたほうが良いといわれました。派遣法の方は努力規定ですが、改正労働契約法は義務なので、どうしたものでしょう?

そもそも、今回の2つの法改正自体が、定年(当社は満60歳)前の
人(例えば50歳の有期雇用契約の無期雇用への転換)を前提とされており、定年後再雇用で1年契約の有期雇用の労働者が、また無期
雇用に戻るという、高齢者雇用安定法との関係でも矛盾した改正で
対応に苦慮しています。

よろしくお願いします。
相談者(158030)の相談

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
労働局がそれで良いといっているのであれば、問題ないと思われます。
ただ、自動更新としても、無期と同程度の制限を受けますので、お気をつけください。(労働契約法18条)。

更新条件についても、労働契約法18条の条文をよく検討されて決められてください。

個別の会社の事情ごとに、適切な就業規則等は変わってくるため、社会保険労務士の先生などにきちんと検討してもらった方が良いと思います。

2013年01月10日 07時54分

この投稿は、2013年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【労働条件通知書】労働条件を会社が明確に教えてくれないときの対処法

会社は雇用契約を結ぶ際に、「労働条件通知書」などの書面で、労働者に対して労働条件を明らかにすることが義務づけられています。この記事では、明ら...

「定年65歳未満」の企業がしなければならないことと定年退職した従業員を再雇用するときの注意点

就業規則などで定年を65歳未満にしている場合、企業は、(1)定年を引き上げる、(2)定年を廃止する、(3)定年後も働くことを希望する従業員を引き続...

会社が雇止めをできないケース|契約更新してもらえない場合の対処法も解説

契約社員など、有期雇用の従業員が雇止めにあったような場合でも、契約が何度も更新されていたような状況があれば、会社の雇止めが認められずに、働き...

新型コロナの影響で派遣先から中途解除や雇止めをされた場合の対処法

新型コロナウイルスによる経営状況の悪化を理由に、派遣先の会社から、派遣期間中に契約を解除されたり、契約を更新しない(雇止め)と言われたりした...

この相談に近い法律相談

  • 有期雇用契約・無期雇用転換について

    1年契約の有期雇用で更新は最長5年とされている嘱託職員です。1年ごとの雇用契約書にその旨が書かれています。業務内容は常に正社員と同等のスキルを求められています。 無期転換ルールを調べてみると、 「労働契約法の改正により、有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときに・・・」とあります。 今の職場でのルールに...

  • 有期労働契約による雇い止めについて

    有期雇用契約についてです。 労働契約法が改正され、平成25年4月1日に法律の全部が施行が施行されたところです。 改正労働契約法では、「有期雇用契約が繰り返し更新され、通算5年を超えた時は、労働者の申し込みにより無期労働契約への転換ができる。」こととされました。 本法の施行により、有期雇用を対象とした多くの求人で最高...

  • 有期雇用契約

    日正規雇用職員は毎年一年事の有期雇用契約を結びますが 契約満了により期日が来ると雇用が切れるわけですが この契約に関して 会社側からの来期の雇用契約がない場合は解雇予告通知… 自らの意思で来期の雇用契約は結ばない場合は退職願い…と言う物が必ず必要になるのでしょうか?

  • 労働条件の相違及び直接雇用時の身元保証人について

    現在生活保護を受けながら派遣会社にて派遣で働いております。 現在雇用契約1ヶ月更新の派遣案件に就業しておりますが、 派遣先から就業時間を増やせないか?というご提案があり了承したのですが、担当営業に確認したところそんな話を聞いていないと回答あり確認すると言ってそのまま返答無し。 ※労働契約明示書には10:00-19:00...

  • 改正労働契約法について

    現在、契約社員として6か月ごとに契約を継続し7年以上同じ会社に雇用されています。 店長など、責任ある立ち場も任されています 会社からは正社員と待遇が同じかむしろ良い、会社側から契約を破棄することは無く本人が希望すれば契約を継続すると説明されています。 正社員との違いは、退職金や産休制度がない、年間休日数が少...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

労働条件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。