労働契約時の損害賠償の予定

労働基準法で損害賠償額を予定して契約することは違法であるとされています。

ところで、金額(損害賠償額)を定めずに、労働者の故意または過失により会社に損害を与えた場合について、労働者の損害賠償責任を明示する契約は違法になるのでしょうか?
2019年01月28日 21時21分

みんなの回答

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5
ベストアンサー
ありがとう
お悩みのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたしますと、可能です。額を予定する契約、違約金を定める契約が無効なのです。どうしても不安であれば弁護士等に、ネットではなく直接相談されるのが良いと思われます。良い解決になりますよう祈念しております。納得のいかないことは徹底的に解明しましょう!

2019年01月28日 21時49分

この投稿は、2019年01月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,796名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

仕事上のミスで会社に損害を与えた場合でも賠償しなくてもよいケース

仕事上のミスで会社に損害を生じさせてしまい、会社から賠償を求められても、必ずしも応じなければならないわけではありません。賠償する場合でも、損...

【労働条件通知書】労働条件を会社が明確に教えてくれないときの対処法

会社は雇用契約を結ぶ際に、「労働条件通知書」などの書面で、労働者に対して労働条件を明らかにすることが義務づけられています。この記事では、明ら...

交通事故の賠償金が過失相殺により減額されたときの対処法

交通事故で被害を受けたのに賠償金を減額されてしまった…。交通事故の被害者でも、前方不注意などの過失がある場合には「過失相殺」によって賠償額が減...

セクハラ加害者や勤務先などに損害賠償を求める方法を解説

セクハラ被害を受けたとき、被害を回復するために加害者に損害賠償を求めることができます。また、勤務先に対しても損害賠償を求めることもできる場合...

パワハラ加害者や勤務先などに損害賠償を求める方法を解説

パワハラ被害を受けたとき、被害を回復するために加害者に損害賠償を求めることができます。また、勤務先に対しても損害賠償を求めることもできる場合...

この相談に近い法律相談

  • 社員代表の選出

    36協定を締結する、社員代表の選出について、教えて下さい。弊社は、 1.少数組合員による組合 2.会社側が押す過半数社員代表 が存在します。僕は、1.に所属しますが、来週、2.の選出があります。現社員代表が次期社員代表を推薦し、その事を紙面で回覧し署名する事で、毎年、非公式ですが会社側が推薦する人間が、過半数社員代表を務...

  • 交通機関の遅れでの非常勤講師の強制補講は時間外労働か

    学校の非常勤講師ですが、 鉄道の遅れで1コマの授業が出来ぬようになったところ その分の補講を教科主任から指示された。 鉄道の遅れが原因で発生した休講に対して指示された補講を 時間外労働であるとして時間外労賃を要求できるか。 ただし、次の二点を仮定しての回答をお願いします。 1)学校の非常勤講師は労働基準法に...

  • 年休の計画的付与(労働基準法39条6項)

    年休の計画的付与(労働基準法39条6項)についてです。 従業員の過半数以上が賛成しない場合には、 計画的付与が出来ないと思いますが、 その際の会社の休業日は給料にかかわるのでしょうか。 また、情報によっては、過半数以上の賛成が労働組合によると書いてあるものがありました。 労働組合は無くては計画的付与はあり得ないの...

  • 労働基準法と会社の就業規則と過労死

    現在運送会社で管理職の人が週一回日曜日の休みで朝5:10から夕方5:00まで働いてます. 会社の就業規則では日曜日の休み以外に4週間で3日の休みがもらえることになっています. その管理職の仕事的には忙しくなく朝1時間昼2時間ぐらい休憩があります. そしてその人の仕事内容は事務仕事で主に電話の応対事故処理たまに管理職会議な...

  • 弁護士としての行為に疑問を感じます

    私は今、民事で残業代等の裁判をしてます。会社(業主は運送業)側にも弁護士がいます。 しかし裁判の中で「請負契約」等と主張し「請負だら長時間勤務だろうが、労働基準法は適応外」等、弁護士自ら主張してます。 私は会社の、ずさんな労務管理のせいで、社会保険も厚生年金も掛けてなく、給料からは雇用保険と所得税のみ引かれてまし...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。