リゾートバイト派遣会社の給与減額・半額の契約が労働基準法第24条に抵触していないか

派遣会社に登録し、とあるホテルに派遣されています。
派遣会社との契約時、「契約期間内に辞めた場合、働いた分の給与は半額になる」という内容で契約を交わしたのですが、これは労働基準法第24条に抵触しておりませんでしょうか?
2017年09月25日 10時56分

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5
ありがとう
> 派遣会社との契約時、「契約期間内に辞めた場合、働いた分の給与は半額になる」という内容で契約を交わしたのですが、これは労働基準法第24条に抵触しておりませんでしょうか?

労働基準法24条に抵触すると思います。
なお、民法628条は、「当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。」と規定していますので、社員が雇用契約を中途解約する場合でも、社員に過失があり、会社が損害を蒙った場合でないと、社員に賠償責任は発生しません。

2017年10月09日 06時32分

この投稿は、2017年09月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

残業代の計算、最低賃金…給与についておさえておくべき法的な基本ルール

普段なにげなく受け取っている会社の給与。給与明細の中身などあまりチェックしないという人もいるでしょう。ですが、最低賃金の目安や残業代の計算の...

【労働条件通知書】労働条件を会社が明確に教えてくれないときの対処法

会社は雇用契約を結ぶ際に、「労働条件通知書」などの書面で、労働者に対して労働条件を明らかにすることが義務づけられています。この記事では、明ら...

会社を辞めたくないのに「退職勧奨」を受けたときの対処法

「会社を辞めてほしい」「別の仕事が向いているのではないか」などと、会社が退職を勧めてくることを「退職勧奨」といいます。労働者が退職勧奨を受け...

裁量労働制で働いている場合の残業代の計算方法

「自分の未払いの残業代がいくらか」を計算するためには、自分の勤務形態や労働時間、残業時間を正確に把握して計算する必要があります。この記事では...

事業場外みなし労働時間制で働いている場合の残業代の計算方法

「自分の未払いの残業代がいくらか」を計算するためには、自分の勤務系形態や労働時間、残業時間を正確に把握して計算する必要があります。この記事で...

この相談に近い法律相談

  • 雇用形態に説明がなく労働させる事への違法性

    派遣会社で働いております。 求人募集をみて雇用形態が契約社員、派遣社員といてアルバイトとして雇用されていると思っていたのですが、雇用形態を業務委託だと主張してきました。 よって、減給は妥当だと言ってきました。 しかし、私は説明で雇用形態について一切説明を受けていません。違法性はないのでしょうか? また、...

  • 派遣社員から契約社員になる際の条件について

    派遣社員から契約社員になる際の条件について法的見知からのご意見お願いします。 派遣先で、私が今年の秋に三年の直接雇用化の接触日につき、契約社員へ〜の話が出ております。 条件の詳細は未定で、今回初めて契約社員の就業規則を作るそうです。 雇用条件は親会社の意見を聞きつつこれから決めて行くそうなのですが、派遣元の営業...

  • 正社員と正社員以上の働きのパート職員との垣根

    お忙しい中、教えて頂きたく思います。 法律上、「正社員」という言葉は無く、一般的には「雇用の期限の定めが無い雇用」の事を正社員という、と理解しています。 以下のようなケースはどちらになりますか? ・就業当初は「パート」契約で、1年契約だった。 ・会社は1年ごとに雇用延長などの確認を取らず、その後は一度も再雇...

  • 一人のアルバイトに二つの雇用契約書を締結した場合に注意することにつきまして

    アルバイトA君に、ふたつのアルバイト雇用契約を締結しました。 1.塾講師(週に8時間以内) 2.塾電話受付(週に20時間以内) 1は時給は1,000円、2は最低賃金法に基づく最低賃金です。 この場合に、 ①労働契約上、法律において問題にはならないでしょうか? ②社会保険の加入ですが、社員は私(代表社員)しかいませ...

  • 業務委託契約について!

    業務委託契約を致しましたが、日額、仕事の時間、仕事内容は会社が決めています。休日も会社がバイトの都合で決めて連絡がきます。税金はも引かれています。仕事の時間は1日13時間です。業務委託は自分で決めれないのですか?日額も時給にするとバイトと同じ金額です。意見を言うと暴言を吐かれ、辞めよう言うと契約違反だと言われまし...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。