労働基準法16条(賠償予定の禁止)

労基問題について問い合わせです。

タクシードライバーとして7月に雇用契約を結び9月に強制解雇されました。

その際、二種免許取得費用を会社が立て替えたので未払い賃金からその費用を差し押さえると通告されました。

これは労働基準法16条に抵触していると思われます。

借用書も保証人も取られているのに納得いきません。

返済について何の話し合いもありません。助けていただきたいです。
2016年09月16日 15時00分

みんなの回答

影山 博英
影山 博英 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府6 労働問題に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
賃金全額払いの原則(労働基準法24条1項)に反しています。労働基準監督署に労基法違反として申告して指導を求めてみてください。

2016年09月16日 18時44分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ベストアンサー
ありがとう
その際、二種免許取得費用を会社が立て替えたので未払い賃金からその費用を差し押さえると通告されました。

16条ではなく、24条の問題かと思います。
ただ、二種免の費用については、別途支払わなければならない可能性はあります。

2016年09月17日 04時13分

この投稿は、2016年09月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「不当解雇」は違法で無効…不当解雇の基準、争うための手段を詳しく紹介

「あなたは能力不足」「リストラする必要がある」ーー。解雇の理由はさまざまですが、一見もっともらしい理由があっても、条件をみたしていない解雇は...

この相談に近い法律相談

  • 解雇予告の、民法第627条第3項、労働基準法第20条第1項、労働基準法第1条第2項との関係について

    民法第627条第3項 六か月以上の期間で報酬を決めた場合は、右の申し入れは、三か月前にしなければならない。 労働基準法第20条第1項 使用者は労働者を解雇しようとする場合においては、少なくとも30日前にその予告をしなければならない。30日前に予告しない使用者は、30日分以上の平均賃金を支払わなければならない。 労働基準法第1...

  • アルバイトの不当解雇

    11月初めにいきなり解雇されました。 下記通知書原文のままといきさつを記します。 解雇通知書 下記の事由に基づき、あなたを本日付で解雇することを通知します。 つきましては労働基準法第20条第1項の定めに基づき、以下のとおり、 解雇予告手当てを支払いますので、別紙「解雇予告手当受領確認書」の提出 をお願い致しま...

  • 労働条件通知書に記載の労働契約の効力について

    ハローワーク経由で就職した会社に 厚生労働省の、労働条件を明示するためのモデル様式(労働条件通知書) を記入してもらったのですが… 始業・終業時刻、休憩時間、残業手当(なし) まったく条件が守られておらず、 労働基準法15条2項による “労働契約の解除”を考えています。 ?労働条件通知書に “自己都合退職は14日以上前...

  • 過去の労働契約書の作成につきまして(個人事業主としての労働契約)

    平成27年8月11日の会社設立です。 平成27年8月10日に個人事業主として一日、アルバイトを雇いました。 日当は支払っています。 1.このときの雇用契約書は作成したほうがよいですか 2.労基署から、労災は8月10日付加入とされています 税理士からは厳密には、給与明細書を発行し、源泉徴収を課税した金額を差し引いて支給した...

  • 月間の労働時間、賃金が一定しない非正規雇用者に対する解雇予告手当はいくらか?

    労働基準法 (解雇の予告) 第20条   使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも三十日前にその予告をしなければならない。三十日前に予告をしない使用者は、三十日分以上の平均賃金を支払わなければならない。但し、天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となつた場合又は労働者の責に帰す...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。