教員の残業請求。そうであれば、労基法24条は適用されますよね?

教員の残業について質問があります。親族が教員をしています。
公立の教員の場合、労働基準法37条が適用除外となると文科省のhpにありますが、これは、割増賃金のことだと思います。
ということは、公務員が労働者であり、家事労働者や船舶の職員でないため、労基法は教員にも適用されると思います。そうであれば、労基法24条は適用されますよね?つまり、教員に支給される勤務調整額以外に残業に関して未払い賃金を請求できますか。

先程、同じ内容の質問をしましたが、よくわからないので改めて質問して下さいと弁護士Aという方からコメントいただきました。
2015年03月17日 18時04分

みんなの回答

高谷 滋樹
高谷 滋樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府3
ありがとう
そもそも、公務員は、労働者ではないはずです。

2015年03月25日 23時00分

この投稿は、2015年03月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 教員の残業。そうであれば、労基法24条は適用されますよね?

    教員の残業について質問があります。 公立の教員の場合、労働基準法37条が適用除外となると文科相のhpにありますが、これは、割増賃金のことだと思います。 ということは、公務員が労働者であり、家事労働者や船舶の職員でないため、労基法は教員にも適用されると思います。そうであれば、労基法24条は適用されますよね?つまり、教員...

  • 地方公務員の非常勤職員に関して。

    地方公務員の非常勤職員と労働法全般に関して、 以下の(1)〜(5)について少々疑問がありますので質問します。 地方公務員法の第3条第3項第3号にあたる地方公務員特別職の非常勤職員は、地方公務員法の第4条第2項により地方公務員法が原則的に適用されません。 ですから、 (1) 地方公務員特別職の非常勤職員は、労働三法(労働基準...

  • 会社の就業規則について

    現在の会社の就業規則の変形労働時間制の届け出が実際に労働基準局に出ているか確認したいです ◾︎現在勤務している会社が1ヶ月単位の変形労働時間制です ◾︎会社の就業規則には1ヶ月の変形労働時間制と記載されているのは確認しています ◾︎変形労働時間制の内容と違う勤務体系で運営されています ◾︎1ヶ月単位の変形労働時間...

  • 「就業規則は本社にある。派遣・在宅勤務者は就業規則を見たけりゃ本社まで来い」労基法106条違反?

    以前、この質問サイトにて雇用契約書と離職票について質問しました。 http://www.bengo4.com/roudou/1099/b_373688/ その際の回答の中に以下のような文言がありました。 (引用開始) 雇用契約書と離職票は、発行するしない、は個々の会社の自由なのでしょうか? → 雇用条件通知書、就業規則及び離職票の発行義務があります。...

  • 知らない間に、就業規則と賃金規定が変更に

    私は会社の事務職として採用され15年勤務しています。現在、グループ会社の事務として在籍出向しています。(給与は、15年同じ会社から出ています。) 出向といっても、本社と同じビルで、事務所も総務部の一角にあります。また勤務・給与等全て本社と準ずるということで、納得をしていました。 今回の賞与は、「出向部門の営業成績が悪...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。