1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 規則・条件
  4. 就業規則
  5. 休職診断書の督促について

公開日:

休職診断書の督促について

2017年04月12日
ベストアンサー
一度復職診断書を提出しましたが、復職させてもらえませんでした。

今月に入ってから休職診断書の督促状が届きました。7日以上会社を休む場合は休職診断書が必要という就業規則を根拠として提示してきました。

1月に復職面談を突然打ち切るとメールがあっただけで、休職担当者からも会社からも再休職命令を受けていません。

私の中では復職診断書がまだ有効であると考えています。この場合、会社の求めに応じなければならないのでしょうか。ちなみに復職診断書を提出したのは去年の9月です。

ご教授よろしくお願いします。
相談者(541517)の相談

みんなの回答

野澤 裕昭
野澤 裕昭 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
復職可能という診断書が出ているのであれば、あくまで復職を要求した方がいいと思います。休職を要するという診断書は事実に反するものですし、休職期間満了による雇い止めをされる可能性も出てくるからです。会社に復職を認めない理由を問い合わせてみてはどうでしょうか。埒が明かない場合は弁護士に相談した方がいいと思います。

2017年04月13日 21時11分

相談者(541517)
早急なご回答ありがとうございます。

メンタル不全の要因になった部署しか空きがないため復職が困難だと言われています。調整する気もなさそうです。

口頭では伝えましたが、復職診断書には「寛解状態であるため配慮が必要」とだけ書かれていたため調整してもらえないのだと思います。

こういった場合、どのような対処方法があるのでしょうか。

再度、ご教授よろしくお願いします。

2017年04月14日 10時05分

野澤 裕昭
野澤 裕昭 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
厚労省ではメンタルヘルス対策として復帰プログラムを策定するよう指導しています。内容はネットで見ることができます。裁判例でも復職し易い仕事や職場環境を整えるよう使用者に求めています。問題は、それに従わない会社にどう従わせるかにあります。貴方の問題点はそこのようですね。会社に従わせ方法としては、都道府県の労働局で使用者と話し合いの場を設ける制度を利用する方法、弁護士をたてて交渉、労働審判をする方法などがあります。まずは、労働局を利用してみてはどうでしょうか。

2017年04月14日 20時55分

相談者(541517)
分かりやすいご説明ありがとうございます。
一度労働局に相談してみます。
色々ありがとうございました。

2017年04月14日 21時05分

この投稿は、2017年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】就業規則の不利益変更に労働者が従う必要はある?

労働者は会社が定めた就業規則に従って仕事をする必要があります。では、就業規則が労働者にとって不利益な内容に変更された場合でも、従う必要はある...

労働者にとって不利益に変更された就業規則が無効になるケースを詳しく解説

労働者にとって不利益な就業規則の変更は、原則として、労働者が合意しなければすることができません。ただし、就業規則を変更する必要性など一定の合...

【弁護士Q&A】会社に黙って副業…バレたら就業規則違反で解雇される?

会社に黙って副業をしていて、発覚した場合、何らかの処分を受ける可能性はあるのでしょうか。「[みんなの法律相談](https://www.bengo4.com/bbs/)」に...

【弁護士Q&A】在職中の起業は解雇理由に?同業で起業するリスクも解説

会社に在職している間に、自分の会社を起業した場合、解雇などの処分を受ける可能性はあるのでしょうか。「[みんなの法律相談](https://www.bengo4.com...

【弁護士Q&A】就業規則規定なし・残業70時間設定…こんなみなし残業は有効?

みなし残業を導入している会社でも、必ずしも制度がきちんと運用されているとは限らないようです。場合によっては、みなし残業制度が無効と判断される...

この相談に近い法律相談

  • 休職期間の延長について

    現在精神疾患により会社を休職しております。 主治医、産業医からは復帰の許可が出ており主治医から復帰可能の旨が記載された診断書を会社に提出しております。 しかし、現在復職を拒否されており休職期間が切れるため休職延長の診断書を提出するよう求められています。 この場合、復職可能であるにも関わらず休職延長の診断書をもら...

  • 長期間復職を認められない場合の対応方法について

    表題の件について質問させてください。 本年年初に主治医より復職しても良いと言われ、復職に関して産業医と人事と、計2回の面談を実施しました。 配置転換をする、と言われた後、当方からの連絡に一切答えて貰えず、放置されております。 そこで、主治医より復職可能診断書を取得し、内容証明で会社人事へ送付することを考えま...

  • 主治医の就労許可診断書を会社が受け入れない場合の対処法について。

    退職勧奨への対応についてお願いします。 現職場に精神疾患を発症し、1年半の休職を経て新しい部署に職場復帰をしました。しかし、人事担当管理者と臨床心理士の発言に過度なストレスを抱き、復帰して3ヶ月で再発・再休職となりました。 私これまで5度人事担当管理者と面接をし、職場復帰したい旨を伝えましたが、全て「配属できる部...

  • 業務中労災で休職した後の復職について

    業務用の自動車に搭乗中に追突され、長期間の休職を余儀なくされました。 事故から半年間ほど経過して、主治医から事務作業などの軽微な業務が可能と診断書を頂いたので、診断書を提出して勤務先に復職の希望を出したのですが、「治療完了及び後遺障害等級の確定後まで復職は認めない」と言われ、何度も復職を求めて勤務先側と交渉をし...

  • 休職者に対する復職時の産業医との面談について

    精神疾患で休職をしている社員に対して、社員の主治医の「復職可能と思われる」との診断書、および会社の人事面接のみで復職を許可した場合において、社員が精神疾患を再発した場合は、会社は安全配慮義務違反となるのでしょうか? 就業規則には、休職・復職規定があり、復職時は会社が指定する医師による出勤可能である旨の診断書の提...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

弁護士検索へのリンク

就業規則の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士検索へのリンク

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。