弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

スーツ代を会社に請求できるか?

企業に勤める人事労務担当です。
従業員より、スーツ代は請求できるのかという問合せがありました。
就業する上で、スーツの着用は就業規則上定めはなく、慣行となっています。
また、スーツは従業員が自身で好きなものを購入します。
従業員よりスーツ代を請求された場合、社として負担する義務はあるのでしょうか。
負担する義務はないと思います。少なくとも労基法等の法律では、会社に義務付ける規定はありません。 ありません。
民法485条は、「弁済の費用について別段の意思表示がないときは、その費用は、債務者の負担とする。(以下、省略)」と規定しています。
会社で働くということも、雇用契約上の義務の履行、すなわち弁済になります。
スーツの着用が、弁済の費用なのかという問題もあるかもしれませんが、そうだとしても、原則として債務者(労働者)負担となりますので、会社が負担する必要はありません。
スーツ代を負担しないことについて根拠を示すことができそうです。ご回答頂きありがとうございます。 スーツ代を負担しないことについて根拠を示すことができそうです。ご回答頂きありがとうございます。

b4_676eさん
2017年03月14日 08時58分

みんなの回答

山川 典孝
山川 典孝 弁護士
弁護士が同意2
ありがとう

2017年03月14日 09時27分

永井 敦史
永井 敦史 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県3
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう

2017年03月14日 09時33分

b4_676e さん (質問者)

2017年03月14日 09時44分

b4_676e さん (質問者)

2017年03月14日 09時44分

この投稿は、2017年03月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 業務委託契約と偽装請負について

    弊社が管理する社員用スポーツジムの運営業務を委託先に委託し、委託先のトレーナーが弊社のジムで業務を行います。 この場合、契約書で以下の内容を取り決めることにより、37号告示に抵触し偽装請負と判断される恐れはどの程度ありますか。 また、契約書で当該事項を定める場合、どのようにして記載するのが無難でしょうか。 ア.弊...

  • 情報システム保守運用業務の業務委託契約の業務範囲の決め方について

    業務委託契約書で業務委託の業務の範囲を会社の上司と決める作業をしています。 「1.○○社が導入した情報システムの保守運用業務、及び○○社が導入したコンピュータ、プリンタ、などの機器の保守運用管理」の様に業務委託の範囲・内容を決めて、これ以外の「2.委託者が自身の業務のために購入した家電量販店などで購入したコンピュータ、...

  • フレックスタイム制の使用制限について

    フレックスタイム制は「労働者各人が始・終業時刻を自主的に決定する制度」だと思うのですが、 当社は業務以外の理由でのフレックスの使用が禁止されているようです。 どうやら、「就業規則、労使協定に従い、自主的に決定する」と解釈しているようで、 就業規則、労使協定等に「業務以外での使用を禁止する」旨を記載することにより...

  • 営業成績不振で業務委託契約を解除することは正当なのか

    現在働いている会社の営業活動を個人事業主として業務委託契約をする事になりました。 質問です。 業務委託契約は個人事業主と会社は対等だと思うのでノルマを科すことや営業の付帯業務の強制はNGだと考えていますが、例えば営業成績不振などの理由で契約解除される事はあり得るのでしょうか? 業務委託契約で契約解除されるケースと...

  • サラリーマンが副業を行う場合の解雇条件について

    サラリーマンが副業で講師などをするとします。 勤務先の就業規則に副業を禁止する規定が記されていた場合、必ず解雇されてしまうのでしょうか? それとも使用者(雇う側)が副業を禁止できるのは、(法律上?)限定されるのでしょうか? 例えば・・・ ①本業である勤務先の業務に支障をきたす場合 ②対外的信用を損なう場合 ③同...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  2. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  3. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...
  4. ベネッセ個人情報流出、東京地裁が請求棄却「...
  5. 過労死遺族、官邸前に座り込み…高プロに反対...
  6. メディア業界のセクハラ、半数が同業者から ...
  7. 日本郵政、正社員の手当廃止で論議…梅田弁護...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。