懲戒委員会の告知について

先日、同期の者が、業務上のミスで、
就業規則により、処分されました。

 懲戒委員会なるものに呼び出されましたが、
就業規則の中では、懲戒の種類等は定義されていますが、
委員会等にかけられる等の手続きについては、全く知らされていません。

 その後、懲戒規程なるものの存在を知りましたが、社員には何ら知らされていません。

 そのような場合、その規程に従う義務はあるのでしょうか?

2015年07月28日 23時21分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ベストアンサー
ありがとう
懲戒規定も就業規則の一部ですから、周知がされていなければ無効と考えられます。

いつどのようにできたのか、またどういう内容なのかなどを検討した上で対応した方が良いでしょう。

ただ、懲戒規定の無効を争ったとしても、懲戒相当の行為があったのなら結局は処分を受けるということに変わりはないため、懲戒規定の開示を求めて手続を把握し、今後の対応を検討された方が良いと考えます。

2015年07月29日 07時01分

この投稿は、2015年07月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】就業規則の不利益変更に労働者が従う必要はある?

労働者は会社が定めた就業規則に従って仕事をする必要があります。では、就業規則が労働者にとって不利益な内容に変更された場合でも、従う必要はある...

労働者にとって不利益に変更された就業規則が無効になるケースを詳しく解説

労働者にとって不利益な就業規則の変更は、原則として、労働者が合意しなければすることができません。ただし、就業規則を変更する必要性など一定の合...

【弁護士Q&A】会社に黙って副業…バレたら就業規則違反で解雇される?

会社に黙って副業をしていて、発覚した場合、何らかの処分を受ける可能性はあるのでしょうか。「[みんなの法律相談](https://www.bengo4.com/bbs/)」に...

【弁護士Q&A】在職中の起業は解雇理由に?同業で起業するリスクも解説

会社に在職している間に、自分の会社を起業した場合、解雇などの処分を受ける可能性はあるのでしょうか。「[みんなの法律相談](https://www.bengo4.com...

就業規則や契約期間に従わないと退職できないのか|会社が退職届を受け取らない場合の対処法も解説

たとえば、就業規則に「退職は3か月前までに申し出ること」というルールがある場合、少しでも早く退職したくても、ルールに従う必要があるのでしょうか...

この相談に近い法律相談

  • 公務員が「職務上知ることのできた秘密」を漏らす行為について

    地方公務員法と国家公務員法とでは「職務上知ることのできた秘密」を漏らした場合の罪の重さが(罰金の額)が異なるのはなぜなのでしょうか? 地方公務員法 (秘密を守る義務) 第三十四条  職員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また、同様とする。 2  法令による証人、鑑定人等となり、職務上...

  • 公務員の副業禁止の規定は非常勤職員にも当てはまる?

    公務員の副業禁止の規定は非常勤職員にも当てはまるのでしょうか? 国家公務員法 (他の事業又は事務の関与制限) 第百四条  職員が報酬を得て、営利企業以外の事業の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、その他いかなる事業に従事し、若しくは事務を行うにも、内閣総理大臣及びその職員の所轄庁の長の許可を要する。 ...

  • 公務員の職務怠慢を禁ずる規定等は存在する?

    公務員の職務怠慢を禁ずる規定等は存在しますか? もしあれば、当該条文をお教えください。

  • 地方公務員法の特別職と兼業の関係について

    地方公務員法第3条で、地方公務員は一般職と特別職に分けるとされ、さらに同法第4条で 「この法律(地方公務員法)の規定は、法律に特別の定めがある場合を除く外、特別職に属する地方公務員には適用しない。」 としています。特別職として掲げる職として第3条3号3項の規定で 「臨時又は非常勤の顧問、 参与、 調査員、 嘱託員及びこれ...

  • 横領や背任をなくすにはどうしたらよいか?

    従業員が逮捕される事となりました。 業務時間外のことではありますが、懲戒規程ならびに会社の秩序を乱した理由から、本来なら懲戒解雇となる予定でした。 しかし、当社の社長はコンプライアンスに疎く、規程で定めた社長自ら専任した者が報告してもそれを退け、自身の主観で決定してしまいます。※社長は大株主で60%以上を保有して...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

就業規則の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。