公開日:

育休の取得条件について

2020年03月11日
ベストアンサー
育休についてなのですが、色んな情報をみていると、ほとんどは一年以上の勤務実績があり、育休取得後復帰の目処があるといったような内容が書かれています。

しかし、1つのサイトに、育休は正社員で雇用されていて、育休後の復帰があるなら、勤務実績はなくても良いというようなものを目にしました。

育休のことが原因で、会社を辞めさせられた女性がいるのですが、育休がとれるなら辞めなくてよかったことになりますので、実際どうなのか教えてください。
相談者(901084)の相談

みんなの回答

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5
ベストアンサー
ありがとう
お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

事業主は、労働者からの育児休業申出があったときは、当該育児休業申出を拒むことができません(育児休業・介護休業第6条)。

ただし、労使協定によって、以下の労働者については、育児休業を認めないことができます(同施行規則第7条)。
・雇用期間が1年に満たない労働者
・1年以内に雇用関係が終了することが明らかな労働者
・1週間の所定労働日数が2日以下の労働者

事業主は、労働者が育児休業の申出をし、又は育児休業をしたことを理由として、当該労働者に対して解雇その他不利益な取扱いをしてはなりません(同法第10条)。

労働局に相談されるのが良いと思われます。法的に正確に分析されたい場合には、労働法にかなり詳しく、上記に関連した法理等にも通じた弁護士等に相談し、証拠をもとにしながら具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

納得のいかないことは徹底的に解明しましょう! 不当な扱いには負けないで! 良い解決になりますよう祈念しております。弁護士への直接相談・直接面談によって、良い知恵が得られる可能性が高いと思います。応援しています!!

2020年03月11日 18時46分

相談者(901084)
早速の回答ありがとうございます!
正直、就業規則すら僕は見たことがなく、どういった内容で、雇用されてるのかすらわからないのですが、雇用主側は『公務員と一緒で、国の基準通りにしている。』と言っています。

その場合、労使協定というもので、その契約はされてると考えた方が良いですか?
ちなみに職場は、個人事業主で、雇用人数は十数人です。

2020年03月12日 15時17分

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5
ありがとう
詳しい事情がわからないと、即断できません・・・ 労働局に相談されるのが良いと思われます。頑張りましょう。どうぞよろしくお願いいたします。良い解決になりますよう祈念しております。

2020年03月13日 15時19分

この投稿は、2020年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では15,762名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

育休を取得するための条件と期間、育休中の給与の取り扱い

子どもと過ごす時間は、家族にとって何事にもかえがたい幸せなものです。子どもが小さなうちは、一定の要件のもと育休を取得することができますが、実...

女性が産休や育休を取得するときに知っておきたい基礎知識

産休は雇用形態を問わず全ての女性労働者が取得することができる制度です。育休も、一定の条件を満たせば、パートや契約社員などとして働く人も取得で...

産休・育休はいつからいつまで?パートや派遣は?産休育休の仕組み

妊娠がわかると、いつから産休に入れるのか、職場復帰はいつなのか、気になる人もいるでしょう。この記事では、産休・育休の期間や取得方法について詳...

男性が育休を取得するときに知っておきたい基礎知識

育休は、母親だけではなく、父親も取得することができます。社内に規定がない場合や、過去に育休を取得した男性がいない職場であっても取得することが...

産休育休から職場に復帰するとき知っておきたい育児と仕事を両立させるための制度

産休育休が終わったら仕事に復帰することになります。どのような働き方にするか、育児と両立できるのか、考える人もいるでしょう。この記事では、出産...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

産休・育児休暇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。