残業代等の請求について

約5年前に入社したのですが、その時の求人雑誌には、8時30分~17時 日祝日休み 土曜日各週休みとなっていました。半年後に入社したもう一人の事務員も同じ条件でした。が、5年間で休めたのは、日曜日のほかは年間でゴールデンウィークの4.5日、お盆の4.5日、年末年始の4.5日のみで、入社1年目に何度か土曜日を休めただけです。親が亡くなった時に土日曜日挟んで5日休んだ以外は有給も使った事がありません。雇用契約書は交わしてなく、労働者名簿があるだけです。2年ほど前に労働監督署から指摘があり就業規則を作成したのですが、その時に労働条件が変更されていました。事前に何の説明もありません。改たな就業条件は8時30分~17時30分 日曜休み 休憩120分です。そして残業、休日出勤は特別手当に含むとなっており(特別手当は以前から有り)、超過した分を支給するとなってました。実際、休憩も1時間とれるかどうかだし、平均して18時までは残業していますが、残業代も休日出勤代も一度も支給されていません。これまでの残業代休日出勤代は請求可能でしょうか?
また、数々の嘘を社長から従業員に言いふらされています。最近では私が会計士に書類を郵送し、専務の営業成績が悪いから役員報酬をさげろと言ったなどと。録音などの証拠かないのですが名誉毀損で訴える事はできるでしょうか?
2017年10月08日 03時38分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ありがとう
> 残業、休日出勤は特別手当に含むとなっており(特別手当は以前から有り)、超過した分を支給するとなってました。実際、休憩も1時間とれるかどうかだし、平均して18時までは残業していますが、残業代も休日出勤代も一度も支給されていません。これまでの残業代休日出勤代は請求可能でしょうか?

 可能です。

> また、数々の嘘を社長から従業員に言いふらされています。最近では私が会計士に書類を郵送し、専務の営業成績が悪いから役員報酬をさげろと言ったなどと。録音などの証拠かないのですが名誉毀損で訴える事はできるでしょうか?

 6か月内の出来事で録音などの証拠があるなら名誉毀損で刑事告訴可能です。

2017年10月08日 06時32分

相談者
回答ありがとうございます。
請求可能との事ですが、現在手元には約2年分の給料明細しかありませんが、5年分請求できるものでしょうか?
また、録音等はしてありませんが、ここ数日の同僚が社長から話された暴言はメモしてありますが、証拠にはなりませんか?

2017年10月08日 09時48分

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ありがとう
> 現在手元には約2年分の給料明細しかありませんが、5年分請求できるものでしょうか?

 元々給料は2年の時効にかかってしまいます。

> また、録音等はしてありませんが、ここ数日の同僚が社長から話された暴言はメモしてありますが、証拠にはなりませんか?

 メモも一種の証拠にはなります。

2017年10月09日 14時55分

この投稿は、2017年10月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

休日出勤をした後に代休をとっても休日出勤手当が支払われるのか

会社から命じられて休日出勤をすると、休日出勤手当として割増賃金を支払ってもらうことができます。では、後日代休を取った場合でも、休日出勤手当を...

休日出勤手当の計算方法は?法定休日と法定外休日の違いも解説

会社から休日に出勤するよう指示されて働いた場合、休日出勤手当として、割増賃金を請求できます。ただし、一口に「休日」と言っても、法律上は「法定...

休日出勤で割増賃金を請求できるケース、代休と振替休日の違い

前々から予定をいれ楽しみにしていた休日を前に、会社から「休日出勤」の業務命令ーー。「拒否したい」。拒否できない場合でも、せめて休日がつぶれる...

この相談に近い法律相談

  • 休日手当と残業手当について

    就業規則の休日の項目に 休日は次のとおりとする。 ①毎週土曜日、日曜日、祝祭日  ②年末年始休暇(12月29日~1月3日) 2.業務の都合でやむ得ない場合は、休日を他の日と振り返ることがある。 と記載されています。 ただ入社する際「雇用契約書」を交わしました。 その中の休日の項目には 休日は、毎週土、日曜日及び祝祭日と...

  • 有給休暇の取得について

    個人事業で美容室を経営していますが、従業員に有給を全額補償しなければならないですか? 4月1日から新卒で入ってきた従業員が12月17日に次の締日で辞めたいと言ってきました(店の締日は15日締めの25日払い)。故に1月15日付けで退職したい(労働期間は約9ヶ月)。私も辞める事には了承しました。従業員の休みは毎週火曜日+月4日公休...

  • 年次有給休暇について質問お願いします!

    2010年6月8日〜2011年3月8までの9ヶ月個人経営の焼肉屋で働いていました。 休みは毎週1回、店休日は月に1度あるか無いか。 正月には4連休がありました。 1日の労働時間はほぼ9時間以上です。 9ヶ月=274日 出勤日数 224日 休日 50日 休日の日数は月に1度店休日があったと考えて多く見積もってます。 勤務6...

  • 年次有給休暇について

    私は、入社8年目の社会人です。私の現時点の年次有給休暇は前年度分の繰り越し分も含めて、40日あります。私の会社では、毎年12月末で昨年度分の年休が消滅し(残っていれば)、翌月の1月に新たな年休(20日)が支給されます。しかし、今年の2月1日付で親会社に吸収合併され、親会社の年次有給休暇制度に移行することになりました。親会...

  • 月途中退職の日割り計算について

    自己都合にて12月10日をもって会社を退職しました。10日までの勤務分の給与計算について、その会社は29日から年末年始休暇に入るため、12月の勤務日は1日〜28日まで(祝日あり)19日間と認識していました。 ところが、会社側は31日までの22日分で計算しており なぜ19日間でないのか?と問いただすと、「みんなそうし てる」(同月の退職...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

代休の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。