業務上のミスで損害賠償請求

現在は退職しているのですが、在職中に業務でミスをしてしまい、会社から損害金額60万円を直属の上司と折半しろと言われていました。
それから毎月給料から天引きされ、日頃の超過労働と精神的苦痛で体を壊し、2か月間入院などの休養を取った結果、会社に行くのも辛くなり退職してしまうことになりました。
退職までに賠償金額の半額は払い終えておりましたが、退職後残りの金額を一括、もしくは分割で払えと言われております。
(書面などはなく、電話で)
現在無職の状態で、未だ治療費がかかっており、正直そんなお金ありません。
退職時にもらえると思っていた積立金も勝手に損害賠償として天引きされており、休養中ではありましたが、決算賞与も私には入ってきておりませんでした。
(上司、同僚、後輩は貰っており、また今回の天引き対象になったという形跡はありません)

ここでお聞きしたいのは、そもそも業務でミスを犯してしまったとはいえ故意にしたわけではなく、全額社員が負担するということはあり得るのでしょうか?
また、給料からの天引き、休養期間中も在職扱いなので銀行に振り込めという会社の対応。
今まで取得できていなかった有給休暇、積立金からの勝手な控除。
また、私の会社では就業規約に「20万円以上の損害を出した場合は損害賠償を請求する。」
と書いていると会社側に言われてしまったのですが、あらかじめ規約などに損害金額を決めておくことは違法だったのでは?と思います。

長々となってしまいましたが、電話口で強気に請求され、訴訟問題になりかねなく毎日心配で心配で、心が休まりません。
文章力が無く、分かりづらいかもしれませんが、
どなたかアドバイスお願い致します。


2013年05月22日 19時31分

みんなの回答

堀井 実千生
堀井 実千生 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
労働者が故意や過失により使用者に損害を与えた場合には、不法行為や債務不履行に基づく損害賠償責任を負う場合があります。
しかし、労働者が使用者に対して負う責任は、損害の公平な分担という見地から相当と認められる限度に制限されます。その判断においては、労働者の過失の程度や職務内容、労働条件、使用者の指示内容の適切性やリスク管理が十分であったかどうかなどが考慮されます。
ご質問の内容からは、クラリネットさんが従事されていた仕事の内容や、どのようなミスがあったのか等、具体的な事情が不明ですが、少なくとも故意的なものではないとのことですので、責任が制限される余地は十分あると思われます。

2013年05月22日 20時12分

小池 拓也
小池 拓也 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
全額負担するわけではないという点は堀井弁護士の回答の通りです。

その上で,ですが,そもそも賃金から天引きすることが違法です。
本当に負担しなければならない場合でも,天引きは許されません。
即刻労基署に行って強く指導してもらい,指導を聞かないようならさっさと訴訟や労働審判を提起すべきです。
賃金をまずは全額払ってもらってください。
会社の方が損害賠償金を振り込めなどと請求しても,まずは断ってよいです。
不服なら訴訟を提起してくるかもしれませんが,それからの対応で十分です。

超過労働と精神的苦痛で体をこわした,という点も,労災になったり損害賠償請求できたりします。

労働者側で労働事件を扱う弁護士に相談してください。労働弁護団の情報提供はいたします。

2013年05月22日 20時29分

相談者
堀井弁護士、小池弁護士ご回答ありがとうございます。
まず、詳しい状況が抜けており、申し訳ございません。
ミスを犯した状況ですが、私は当時役職などもない一社員で、会社の研修に基づいた営業方法をしており、自身の判断ではどうにもならないというところから、勤務6年でエリアマネージャーである上司に相談をした上で業務ミスを犯してしまった次第です。お客様の担当が私だったという点で2人で責任を負う形になりました。

小池弁護士が仰ってくださっているように、監督署などへの相談もしようと思ったのですが、過去の天引きや未だ貰えていない積立金など、退職後に私が申し立てても対応していただけるのでしょうか?
正直、もう会社側と電話すること自体怖くて今までにも「積立金だけでも返してほしい」と言いましたが未だ返って来ず。
これ以上催促の電話をかける勇気がありません。
今現在も療養中の身でこちらから訴訟問題にする気力も金銭も無いので、監督署の方などから指導し、改善されるのが一番嬉しいのですが、会社はそれに応じてくれるのでしょうか?

2013年05月22日 23時20分

小池 拓也
小池 拓也 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
ひどい会社ですね。
退職後でも賃金であれば2年前までの分,積立金ならおそらく全額回収可能です。
損害賠償も,その状況なら払う必要はあまりなさそうですね。

労基署がきちんと動いてくれなかったら,あるいは労基署のいうことを会社がきかないようだったら,弁護士に相談し,弁護士に委任したほうがよいです。

母子家庭であれば,おそらく法テラスは利用可能ですし,利用しなくても初期費用を抑える弁護士もいると思います。
労働弁護団の弁護士との相談をお勧めします。
がんばってください。


2013年05月23日 01時22分

この投稿は、2013年05月22日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,612名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

有給取れない、取得したら賞与減額…会社の独自ルールに従う必要はある?

有給休暇を取ろうとして申請したところ、会社から「うちの会社では有給休暇が取れない」「有給を取ったら賞与を減額する」と言われた場合、従わなけれ...

有給休暇の基本ルール…日数は?取得条件は?買い取ってもらえる?

有給休暇を取りたいと考えても、「周りの人が取っていないのに自分だけ取ってもよいのだろうか…」と思い取得をためらう方も多いのではないでしょうか。...

有給休暇の基礎知識 l 取得条件や日数、買取りの可否などを詳しく解説

有給休暇は、正社員だけではなく、アルバイトや契約社員などでも、一定の条件を満たせば取得することができます。有給休暇を取得するための条件や、取...

退職するときの有給消化を会社に拒否された場合の対処法

在職中になかなか有給休暇が取れない職場で働いている場合、退職する際にまとめて有給消化をしたいと思う人もいるでしょう。ただ、職場によっては、退...

この相談に近い法律相談

  • 自主退職扱いでの有給休暇について

    この度、40000円の横領が会社に発覚しました。 会社には始末書と誓約書を書いた上で、代金も 全額返済しました。その上で、懲戒解雇にあたる けど、今回は自主退職扱いにすると言われました が、有給休暇の使用は禁止して月末まで働くと いう話になったのですが、有給休暇がまったく 使用出来ないことは正しいのでしょうか?

  • 退職した会社の社長から、業務中の事故の損害賠償を請求すると言われました。今後の流れを教えて下さい…

    当方、輸入車販売店で自動車整備士をしておりました。 先日、この会社を退職し4月から違う職種に転職します。 先日ご相談させていただきました過去の就業中の事故でモメていましたが、 なんとか損害保険での示談で解決の方向へ進んでいました。 社長からは「お前に請求するつもりはない」と言っていただいておりました。 ...

  • 解雇時の未払い残業代精算

    会社から解雇されそうです。 どうせ会社と関係がなくなるならと、今までの未払い残業代を計算したところ、200万ほどありました。 一、この未払い残業代は、いわゆる付加金も加えて、会社に請求して良いのでしょうか。つまり、400万円ほど、会社に請求して良いのでしょうか? 個人的には、そうしたいのですが。 二、今まで、退...

  • 減給後の損害賠償請求、即日退社、有給休暇消化後の損害請求

    去年、会社のものを無断で使用してしまい、社長に一年以上もの給料を減額させられてきました。 それに耐えられず。先月、会社に今日をもって、有給休暇消化後に退職をすると言い渡したのですが、その一ヶ月後に、昨年の不祥事の件と、即日退社の件につきまして損害賠償請求するとの用紙が届きました。 この場合、どちらも損害賠償支払...

  • 会社からの損害賠償について質問です

    自分が会社で器物損壊の問題を起こしてしまいしばらくの間会社を休職(謹慎)するように言われました。 ただ、休職中に自分の仕事は外注に出すことになり、その外注に出した分の料金を後で会社から賠償請求されました。自分が休職する分他の社員の方の仕事量が増えて迷惑が掛かり負担が掛かるから外注に出したそうです。 自分の意志...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

有給休暇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  2. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  3. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  4. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  5. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  6. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  7. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。