普通解雇の拒否と有給休暇。

会社側が解雇通知や理由証明書などで普通解雇をしてきたのですが、受け入れる事を拒否しています。
会社側が指定してきている解雇日を含む解雇日までであれば、有給休暇の申請を出し受理していただけるのでしょうか。ご教示御願い致します。
2013年04月19日 20時50分

みんなの回答

中村 里香
中村 里香 弁護士
ありがとう
有給休暇の申請は,従業員なのですから,もちろんしてかまいません。


ただ,解雇を受け入れるつもりはないのに,出勤しないのですか?
(「受け入れる」という言葉を,相談者さまがどういう意味で
使っておられるか分からないのですが,解雇に労働者の同意は
特に関係ありません。後は,有効か無効かの問題が残るだけです)


心情的に受け入れたくはないが,退職前提での解決(労働審判で
解雇無効が前提の解決金を得るなど)を考えておられる,ということ
でしょうか。


いずれにせよ,有給休暇は当然に取得できます。
解雇を争う場合には,お近くの労働者側弁護士や,1人でも入れる
労働組合(地域労組,ユニオン)にご相談下されば,と思います。

2013年04月19日 21時07分

相談者
中村先生、ご回答ありがとうございます。
「受け入れる」という表現はどこかで「労働者の同意なき解雇(使用者側の一方的な解雇)は無効である。」との文章を読んだ記憶があったからです。私の解釈の間違いですね。ご教示ありがとうございます。

出社に関しては解雇日にその後の出社を使用者側から拒否されなければもちろん出社します。

2013年04月19日 21時25分

相談者
中村先生申し訳ありません。再質問よろしいでしょうか。
「有給休暇は当然に所得出来ます。」というのは法律上可能
ということでしょうか。労働者から琉球休暇の消化所得の申
し出があった場合使用者は認めなければならない。というこ
とでしょうか。

組合加入は現在検討中です。

ご教示お願いいたします。

2013年04月19日 21時37分

野澤 裕昭
野澤 裕昭 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
労働者は原則として認められた日数の中で年次有給休暇を自由に取得出来ます。ただ、これに対し使用者は事業の正常な運営を妨げる場合(客観的に)は時季を変更出来ます。時季変更権は労働者が有給休暇よ指定をした前日までにしなければなりません。
有給の目的は自由に任されるので 貴方の場合の有給の指定に問題ありません。変更されるかですが変更する場合は他の時季に与えることが前提なので、解雇を表示している使用者がその様なことはしないでしょうから変更権の行使はないでしょう。したがって、貴方の指定どおり有給取得が可能だと思います。

2013年04月19日 22時31分

相談者
野澤先生ご教示ありがとうございます。
私の質問の仕方が不適切なのかもしれません。
申し訳ありません。

たとえば、有給休暇を消化した場合に、使用者の指定している解雇日を超えてしまうので、解雇日をずらせて頂く事は法律上可能なのでしょうか。

申し訳ありません。ご教示御願い出来れば有りがたいです。

2013年04月19日 22時43分

小池 拓也
小池 拓也 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
有給がとれることは両弁護士の回答の通りです。

ただ,注意してほしいのは,中村弁護士指摘のとおり,有給のまとめどりをしたことを,会社側がどう受け取るかという点です。

解雇には一応異議は述べるけれども,異議がとおらずに解雇が有効だと有給が無駄になってしまうからまとめどりした,というふうに受け取る可能性があります。
つまり,やや腰が引けた戦いのように受け取る可能性があります。
そうなると場合によっては撤回しようと思っていた解雇を撤回しない,といったことになる可能性があります。

できれば,有給を取る際には,内容証明郵便に配達証明をつけて(あるいは電話を録音するなどして),証拠をきっちり残しておきましょう。

そして,その中で,解雇を争うことに加えて,有給をとること(いつとるかも含めて),その間に行政官庁,労働組合,弁護士と協議して争う準備に入ることなど書いておくと(別に実際には都合で協議できなくてもよい),会社も安易には考えなくてよいと思います。

2013年04月19日 22時59分

小池 拓也
小池 拓也 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
たとえば、有給休暇を消化した場合に、使用者の指定している解雇日を超えてしまうので、解雇日をずらせて頂く事は法律上可能なのでしょうか。

→残念ですが,これは無理でしょうね。
労働者としての地位があっての有休であり,地位を失うのでは意味を持ちません。

余った分は,解雇無効なら復職後使いましょう。
労働審判で解決金を受領して辞めるなら,解決金を決める際に,「解雇が突然で有休が使い切れなかったから,その分を金銭評価してほしい」と主張すれば,受け入れてくれるかもしれません。

2013年04月19日 23時06分

相談者
小池先生、ご教示ありがとうございます。
どうしても、いろいろなケースや自分の
考えが混同してしまいます。
先生方、本当にありがとうございます。
少し考えて、その時に一番良い方法を見つけれるように
がんばってみたいと思います。

2013年04月19日 23時15分

この投稿は、2013年04月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

退職するときの有給消化を会社に拒否された場合の対処法

在職中になかなか有給休暇が取れない職場で働いている場合、退職する際にまとめて有給消化をしたいと思う人もいるでしょう。ただ、職場によっては、退...

アルバイトが有給休暇をとれる条件…正社員に昇格しても権利を引き継げる?

有給休暇は、正社員でもアルバイトでも、一定の勤務条件を満たせば取得することができます。ただ、アルバイトとして働いている人の中には、有給休暇に...

有給休暇の基本ルール…日数は?取得条件は?買い取ってもらえる?

有給休暇を取りたいと考えても、「周りの人が取っていないのに自分だけ取ってもよいのだろうか…」と思い取得をためらう方も多いのではないでしょうか。...

有給休暇の基礎知識 l 取得条件や日数、買取りの可否などを詳しく解説

有給休暇は、正社員だけではなく、アルバイトや契約社員などでも、一定の条件を満たせば取得することができます。有給休暇を取得するための条件や、取...

有給取れない、取得したら賞与減額…会社の独自ルールに従う必要はある?

有給休暇を取ろうとして申請したところ、会社から「うちの会社では有給休暇が取れない」「有給を取ったら賞与を減額する」と言われた場合、従わなけれ...

この相談に近い法律相談

  • 会社が普通解雇は過去の解雇事由を何度も使ってきます。

    私が勤務していた会社は就業規則がありません。 私は、以前会社より解雇通知を受けましたが、無効になりました。その後、再度、会社が前の解雇事由に、他の解雇事由を追加して、解雇できる理由があるので、解雇すると通知をしてきました。 懲戒解雇では、一事不再理の原則というのが適用され、以前の解雇事由は、後の解雇事由として使...

  • 整理解雇勧告を受けました。

    1月の下旬に上司から口頭で、3月末の解雇を言い渡されました。 2月に入っても書面等による一切の通達が無く、解雇通告書、解雇理由書の作成をこちらから会社に願い出たところ、2/21に通告書、2/28に理由書の提示がありました。 理由は事業部縮小による指名整理解雇です。 会社都合解雇にし、「退職金は退職規定に沿う形で満額...

  • 即日解雇を口頭で言い渡されました

    社長から電話(口頭)で即日解雇されました。「あなたは使いにくいから明日からもう来なくて良い」とのこと。1週間前の業務指示に対して反抗的な態度をとったことが気に入らなかったようです。 当方、平日8:00〜12:00のパート雇用で、雇用契約書は交わしていませんが、期間の定めなしで半年以上は勤務しておりました。勤務実態は、タ...

  • 不当解雇なのに雇用保険を受給すると

    会社から解雇を3ヶ月前に通達され、納得いかぬまま6月いっぱいで解雇されました。私は上司などにパワハラをされていたので、不当解雇として、会社を訴訟して損害賠償請求をするつもりです 雇用保険の申請をすると裁判で、不利になりますか? また、会社は私に普通解雇と説明しておきながら、解雇証明書に、重責解雇と記載して書類を郵...

  • 不当解雇について。これは不当解雇でしょうか?

    約1ヶ月前、1年間アルバイトとして勤務していた会社を即日解雇されました。 解雇の理由は度重なる遅刻(30回)と無断欠勤(11回)です。 遅刻につきましては、月に3回すると始末書を提出しなければならず、4枚提出しております。 無断欠勤の始末書等は提出するよう言われていないのでしていません。 上記のような状態ですので解雇されて...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

有給休暇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。