公開日:

有給休暇について

2012年11月01日
私の会社では、有給休暇を毎年1月1日を基準日として暦年単位で付与することになっています。1月末で退職する場合、1月中の土日祝日の休日と有給休暇は全部もらえますか?
相談者(147707)の相談

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
有給休暇は、雇用契約に基づく勤務日に賃金の補償を受けながら労務提供義務を免除する制度です。もともと労務提供義務がない日曜、祝日には有給休暇は取得できません。

2012年11月01日 16時11分

この投稿は、2012年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

有給休暇の基本ルール…日数は?取得条件は?買い取ってもらえる?

有給休暇を取りたいと考えても、「周りの人が取っていないのに自分だけ取ってもよいのだろうか…」と思い取得をためらう方も多いのではないでしょうか。...

アルバイトが有給休暇をとれる条件…正社員に昇格しても権利を引き継げる?

有給休暇は、正社員でもアルバイトでも、一定の勤務条件を満たせば取得することができます。ただ、アルバイトとして働いている人の中には、有給休暇に...

有給休暇の基礎知識 l 取得条件や日数、買取りの可否などを詳しく解説

有給休暇は、正社員だけではなく、アルバイトや契約社員などでも、一定の条件を満たせば取得することができます。有給休暇を取得するための条件や、取...

退職するときの有給消化を会社に拒否された場合の対処法

在職中になかなか有給休暇が取れない職場で働いている場合、退職する際にまとめて有給消化をしたいと思う人もいるでしょう。ただ、職場によっては、退...

有給取れない、取得したら賞与減額…会社の独自ルールに従う必要はある?

有給休暇を取ろうとして申請したところ、会社から「うちの会社では有給休暇が取れない」「有給を取ったら賞与を減額する」と言われた場合、従わなけれ...

この相談に近い法律相談

  • 年次有給休暇の時効について

    勤務先では、年次有給休暇を4月1日に一斉付与しております。 年次有給休暇についは、入社後3ヶ月で初年度の年次有給休暇10日 付与ということ以外は、すべて労働法に基づいています。 入社をした3か月後の2016年8月1日に年次有給休暇が10日付与され、翌年の 一斉付与日の2017年4月1日にあらたに11日が付与されました。 こうし...

  • 有給休暇付与について

    当社では、毎年4月1日に労基法に基づき勤続年数に応じた有給休暇日数を与えられます。 当方、休職していた経緯があり、以下のようなことが起こっていますので、 どうしたら良いかご相談した次第であります。 ・2011/4/11入社(正社員) ・2012/3/1~2012/6/25 休職(私傷による) ・2012/6/26復職(この時点で有休休暇付与は...

  • 有給休暇付与日について

    会社より、有給休暇の起算日を全社員統一日にすると言われました。新卒は入社日が同じなので可能かと思うのですが、中途入社の私としては、損になる気がします。ちなみに初めての起算日は入社後6カ月で10日付くのは会社として理解しているようですが、そもそも、全社員一斉日に付与日を設定てする事は、可能ですか?

  • 有給休暇の取得条件について

    有給休暇を取得する場合、月に法定休日が4日、会社指定の休日が4日とします。この場合 会社指定の休みに有給休暇を取る事は可能ですか? 会社側からすれば月に4日(週1日)休みを取らせていれば法律違法ではないですから、大丈夫ですか?

  • 生理休暇の取得日数制限について

    私の会社では、生理休暇の取得が月一日までとなっています。ですが取得日数を制限するのは法律に違反しているとネットで目にしました。 実際はどうなのでしょうか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

有給休暇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。