妊娠による減給について

公開日: 相談日:2020年06月23日
  • 1弁護士
  • 1回答

去年の4月、今の会社に入社しました。
正社員での求人で試用期間は3ヶ月と記載があったのですが、面接を受けてみたら最初はパートで6時間と言われました。
3ヶ月の辛抱だと思い、過ごしたのですが
結局1年間パート。厚生年金や健康保険はあると
面接の際にも言われ、求人票に書いてあったのに
いつまで経っても手続きしてもらえませんでした。
そして今年の4月からようやく社員になりました。
「もしかしたら異動になるかも。ほんとは15万スタートだけど、異動の場合は16万スタートにする」と
上から言われたのですが、結局異動にはならず15万スタートに。
そして5月の終わりに妊娠が発覚しました。
産休を取得してまた復帰できれば…と思い、安定期になったら報告するつもりだったのですが流産してしまいました。
出血があり、2週間前の金曜日にお昼で早退。
土日休みの間に流産が発覚。
月曜、火曜は出勤して水曜から3日間、手術のためお休みしました。
実は妊娠していたということ、流産したのでお休みすることを上に伝えると
「あなたは頑張る子だと思ってた。
 もう二度と妊娠しないように気をつけなさい」と。
そしてパートに戻すと言われました。
ですが、それは直属の上司に止めてもらい
社員のままで15万から13万に減給という形になりました。
そして早退、お休みした分は欠勤になるので
その分の給料は引くと。
私は去年の6月からパートでしたがフルタイムで週5の出勤でした。有給など一度も使ったことがないのに、欠勤。
残業代も出なければ有給も取らせてもらえない会社なので期待はしていませんでしたが、妊娠、流産によってやる気がないとみなされ、減給って法律的にどうなのですか?
5月21日から6月20日までが今回の給料なのですが
今回の給料から基本給を13万、そして欠勤分を引くと言われました。
元の15万をもらえる権利はありませんか?

932898さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    宮城県4位

    下大澤 優 弁護士

    注力分野
    労働問題
    タッチして回答を見る

     妊娠を理由に基本給を減額することは、男女雇用機会均等法に違反します。
     同法第9条3項には、「女性労働者が妊娠したこと・・・を理由として、当該女性労働者に対して解雇その他不利益な取扱いをしてはならない。」と定められているところ、本件基本給の減額は明らかに「不利益な取扱い」に該当します。
     以上のとおり、基本給を13万円に減額する扱いは違法であり、今後も当初の基本給の支払いを請求する権利があると考えられます。

この投稿は、2020年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから