育休復帰後に給与面の悪条件をのまされそうです。マタハラですか?

公開日: 相談日:2020年05月08日
  • 2弁護士
  • 3回答

こんにちは。

現在育休取得中(子は1歳11ヶ月)、6月より職場復帰予定のものです。
妊娠中で今秋に出産を予定しておりましたが、
それを伝えたところコロナによる売り上げ不振を理由に役職を下され手当の減給、及び今後更なる減給になると告げられました。
(在宅勤務、業務内容変更の条件と共に突きつけられました。)
コロナのためと言っていますが、これはマタハラに当たるのではないか?と非常に悔しい思いでおりますが、拒否したところ転職も視野に入れろと言われたため、今解雇されたら今後の生活が危なくなるため言いなりの状況です。
ここからマタハラによる訴えは可能でしょうか?

918761さんの相談

回答タイムライン

  • 渡辺 絢 弁護士

    タッチして回答を見る

    お悩みのことと思います。
    育児介護休業法10条により、会社は、労働者が育休を取得したことを理由として不利益な取扱いとすることが禁じられています。
    コロナの時期とは重なっていますが、降格・減給が育休の取得と時間的に近接していることからすると、同条に抵触する可能性は高いといえます。
    降格・減給が違法無効であるとして、訴訟を提起することは十分に可能です。お近くの弁護士にご相談された上で対応を検討されるのがよいでしょう。
    良い方向に向かうよう祈念しております。

  • 相談者 918761さん

    タッチして回答を見る

    遅い時間なのに早速のご回答いただき、ありがとうございます。
    現在妊娠中のため訴えを起こすこと自体、職場いじめに遭うのではないかととても勇気がいります。
    例えば、今の突きつけられた悪条件のもと数ヶ月働き、次の産休に入った後もしくは次回の育休あけの際に、遡って訴えることは可能でしょうか?

  • 弁護士ランキング
    東京都4位
    タッチして回答を見る

    お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

    訴えることは可能です。が、「理由として」といえるかどうか、本件は、法的に正確に分析すべき事案です。素人判断は大いに危険です。時間的に接触しているだけでは、理由としてといえるとは限らないのです。。。過去の裁判例に照らした、専門的な判断が必要です。

    いずれにせよ合意はしないようにされて下さい。

    労働局に相談されるのが良いと思われます。どうしても不安であれば弁護士等に、ネットではなく直接相談されるのが良いと思われます。ご検討くださいね。

    良い解決になりますよう祈念しております。法的にきちんと解明するために、良い知恵を得るには、弁護士への直接相談・直接面談が良いと思います。負けないで! 応援しています!! 頑張って下さい!!

  • 渡辺 絢 弁護士

    タッチして回答を見る

    遡って訴えることは可能です。訴訟の場合、降格・減給処分が違法無効であるとして、適正な賃金との差額請求(賃金請求)をしていくこととなりますが、賃金請求の時効は3年ですので、3年以内に訴訟を提起する必要があります。
    もっとも、時間が経つにつれて、記憶は薄れ、証拠もなくなってしまうケースが多いため、現時点から弁護士にご相談されて適切な証拠等を収集した上で、ご質問者様のタイミングで訴訟提起されるのがよいでしょう。
    良い解決となるよう祈念しております。

この投稿は、2020年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから