産休に入るのに1年分のノルマがあり、達成できなければ減給です。マタハラでしょうか?

公開日: 相談日:2018年06月10日
  • 1弁護士
  • 1回答

正社員で、10月に産休に入る妊婦です。
会社では1年に1回給料の査定があり、査定項目として個人目標を達成したかどうかで、減給や昇級があります。
ですが、今年の個人目標ですが、私は10月までしか働けないのにもかかわらず、1年分の目標を設定しなければならないと上司に言われました。
それを達成できなければ、減給になってしまいます。
理由を聞くと、1年分の目標を設定しないと、ほかの社員と平等ではないからだそうです。

けれども私は産休までに、普段の業務、引き継ぎ、みんなが1年かけて達成する個人目標を10月までにやらなければ減給、と辛い状況です。

そのわりに妊婦は残業禁止、といった配慮はあります。

これはマタハラに入りますか?

その場合、どのように交渉すればマタハラに入らないようになるのでしょうか?
例 個人目標を10月までに達成できるものに変える。
1年分の目標を達成できなかったとしても減給せず給料を据え置きにする。など…

671625さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都3位
    タッチして回答を見る

    お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

    1年分の目標を課すことと、未達成の場合の減給が、雇均法に違反したマタハラ=不利益取り扱いといえるかどうかです。最高裁判決の示したルールに照らした判断が必要ですが、必要性、不利益性の大きさ、会社からの説明等ともとに、本件は、法的に正確に分析すべき事案です。

    雇用機会均等室に相談されるというのも一つの手段かと思われます。法的に正確に分析されたい場合には、労働法にかなり詳しく、上記に関連した法理等にも通じた弁護士等に相談し、証拠をもとにしながら具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

    本相談は、ネットでのやりとりだけでは、正確な回答が難しい案件です。弁護士等への相談によって今後の対応を検討すべき事案です。良い解決になりますよう祈念しております。お一人で悩まないで相談すべきです!

この投稿は、2018年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから