慰謝料の計算の仕方

【質問1】パワハラや同僚からの嫌がらせについて

1、どう言った基準で慰謝料が計算されるのでしょうか。

【質問2】残業なし(週35時間労働・36協定なし)の求人で、月110時間の時間外(週40時間換算すると、約90時間の時間外)を行わせ、その直後に精神疾患が発症した場合には、

1、安全配慮義務違反が問えるか(労災ではなく、あくまでも民事として)。

2、どう言った基準で慰謝料が計算されるのでしょうか。

※その精神疾患の身で、上司から頻繁に叱咤され、回復に5年以上の期間を要する。
※叱咤については、同僚からの証言がある。



アンケートについては、【質問2】について、お願いします。
2010年04月25日 14時41分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
慰謝料は裁判例に照らして算出されるのと
あとは入院期間,通院期間からも算出されます

2010年04月25日 18時04分

相談者
補足事項:お願いします。

精神疾患発症後に、頻繁に叱咤する事例はあるのでしょうか。

精神疾患後、勤務が不能になり通院期間が1年を超え、通院費用の負担が出来ずに、通院を断念した場合は、どうなるでしょうか。

精神的苦痛が8年以上続いている場合には、どの程度の額になるものでしょうか。

2010年04月25日 18時35分

滝戸 ゆき緒 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
まずは、心中お察し申し上げます。

さて、弊職の回答は以下のとおりです。

>【質問1】パワハラや同僚からの嫌がらせについて

>1、どう言った基準で慰謝料が計算されるのでしょうか。

交通事故や医療過誤などとは異なりこの種の慰謝料は明確な計算方法や相場といったものはありませんが、完全な全面勝訴でも100万円を超えるということはないと思料されます。

>【質問2】残業なし(週35時間労働・36協定なし)の求人で、月110時間の時間外(週40時間換算すると、約90時間の時間外)を行わせ、その直後に精神疾患が発症した場合には、

>1、安全配慮義務違反が問えるか(労災ではなく、あくまでも民事として)。

民事訴訟で充分に損害賠償請求が可能な事案であると思料します。請求額の内訳は?精神疾患の治療代と、?仕事が出来なくなった場合にはその休業損害、? ?と?の合計の20パーセント程度の慰謝料、? ?と?と?の合計の10パーセント程度の弁護士費用です。

>2、どう言った基準で慰謝料が計算されるのでしょうか。

上記1、?を参照にしてください。


よろしくご検討のほどお願い申し上げます。


弁護士 滝戸ゆき緒

2010年04月25日 22時24分

相談者
滝戸ゆき緒先生へ

回答ありがとうございます。

実は、それだけではないのです。
労災調査でも嘘(叱咤を事実上否定)を付かれており、そこから同僚の証言が入り、今月中旬に厚生労働省へ問い合わせると、裁決書を作成中との事で、来月前半に辺りには訴訟を考えない段階です。
労災も妨害されています。パワハラ上司に人格否定な発言の連発で、決定書到着からここ半年、精神状態も良くないです。同僚からの嫌がらせも、逆には私が問題だったと言われています。
精神疾患の状態叱られ続け、目もおかしくなり(診断していない)、鼻水が止まらなくなりレーザー治療を受診(廃業・5年以上経過しているので、耳鼻科の診察券・初診日記載のみあり)し、全身ボロボロ(食道・胃・肝臓・尿酸・通風等=記録あり)となりました。
退職関係書類も偽造されています。
精神疾患の状態を克服したものの、通常の労災請求が時効で間に合わず、障害補償給付で申請しているのですが、障害を克服しているので、労災認定が出ても支給額が治療費と労基署裁量のみです。
使用者側が精神疾患の事実を惚けております。健康診断の結果を提出しているので、具合が悪いのは認めていました。
入社した時期は業務遅延(証言がある。遅延資料も取引先にある)によりトラブルで、期日のある仕事を消化する為に無理をしています。
臨検監督により是正勧告があり、36協定と健康診断未実施の是正が入っており、手元に個人情報及び行政開示にて入手しています。
更に、士業務を目指して受験中であったので、精神疾患により集中力・精神力が無くなり、大打撃を喰っています。
ハローワークでの求職活動も大変であり、他の人のあまりみたいのしかなく、生活も安定せず、今でも苦しいのです。
ハローワークでの相談・紹介記録は、証明書を書いて頂いています。
ここで問題なのですが、労災の認定が出なくても、安全配慮義務違反等が問えるか。
退職関係書類を偽造され、離職票も一方的に偽造提出されているみたいです。退職金を2ヶ月間払われているので、解雇無効が労災認定無しでは難しい気がしています。精神疾患の状態で、そう言う事は把握が出来ないです。
労災認定されても、支給額が知れていると思われ、労基署と訴訟する意味があるか。悩ましく思っています。
労基署は第3者に聴取しておらず、直前30日が90H超も計算漏れ(月毎のみ集計)です。

2010年04月26日 02時14分

相談者
滝戸ゆき緒先生へ

それだけではなく、同僚からの作業妨害もあり、その同僚を解雇させる約束を使用者2名としました。もう1名その話を聞いています。4名で話をしています。
その話ですが、当然使用者が嘘を付いて認めず、もう1名聞いていた同僚は行方不明(住民票でも両親でも無理)ですが、子の話を知っている当時の同僚から手紙が届き、保険審査会へ提出しています。その約束、週40ベースの残業90Hの直後に、精神疾患が発症しています。
使用者側が嘘を付いて、精神疾患発症後に支援協力があるので民定を妨げられています。
そこに同僚の証言があり、精神疾患の状態で頻繁に叱咤が加わり、作業妨害をした者を辞めさせる約束が加わりました。
厚生労働省が、労基署の支援協力により過重性を認めなかった点を覆してくれるか。気にしています。精神疾患の状態で叱咤し続けた点について、どう評価するのか。
頭部も大きな白髪が残り、肩や胸や脇等から白髪が出る。
これだけ大きな事になっているので、相手側の使用者2人と嫌がらせの同僚が、責任逃れをしています。

2010年04月26日 02時31分

相談者
(誤)使用者側が嘘を付いて、精神疾患発症後に支援協力があるので【民定】を妨げられています。

(正)【労災認定】

2010年04月26日 02時35分

この投稿は、2010年04月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

パワハラ加害者や勤務先などに損害賠償を求める方法を解説

パワハラ被害を受けたとき、被害を回復するために加害者に損害賠償を求めることができます。また、勤務先に対しても損害賠償を求めることもできる場合...

アルバイトでパワハラの被害を受けたときの対処法|被害回復の手段を詳しく解説

アルバイト先でパワハラ被害をうけたとき、被害を回復するために、加害者に損害賠償を求めることができるし、刑事罰を求めることもできます。アルバイ...

パワハラの証拠として無断の録音や日記も有効なのか【弁護士Q&A】

パワハラで相手や会社を訴えるためには、パワハラを実際に受けたことを証明するための証拠が必要です。ここでは、「[みんなの法律相談](https://www.be...

職場でパワハラの被害を受けたときの対応策|被害回復の手段を詳しく解説

パワハラ被害を受けたとき、被害を回復するために加害者に損害賠償を求めることができます。処罰感情が強い場合は、刑事罰を求めることもできます。現...

上司から無視されていることはパワハラ?証明するために有効な証拠とは

職場で上司に無視をされていることは、パワハラにあたるのでしょうか。パワハラにあたる場合、被害を受けたことを証明するために、どのような証拠が必...

この相談に近い法律相談

  • 36協定が無い場合の時間外労働

    36協定が無いと週40時間を越えた労働をする事が出来ない様ですが、長時間労働としての労災認定基準には、「1ヶ月100時間・2〜6ヶ月平均80時間」が設けられていますが、民事裁判による安全配慮義務違反は、何時間程度から問われるのでしょうか。労災の様に「1ヶ月・2〜6ヶ月平均」の様な基準があるのでしょうか。月45時間を越えると、業...

  • 不当解雇、パワハラに対する解雇予告手当、地位保全、慰謝料請求について

    不当解雇され労基では解決せず、解雇予告手当、地位保全、パワハラに対する慰謝料を 請求するには、少額訴訟と労働審判どちらが良いですか?又、地位保全料?、慰謝料は どれくらい請求出来ますか? 12/26から勤務し1/15に解雇されました。溶解連菌だった為医師から「感染するので休みを貰うよう」と言われ3日間休んだ為勤務日数は6...

  • 深夜労働を含む日当制労働者の単価について

    日当制の契約社員の残業単価を計算しなければならないのですが、当社は以下のシフト制を採用しています 。 日勤:8,500円(9:00~18:00 休憩1H) 夜勤:12,500円(18:00~9:00 休憩5H) 当務:18,000円(9:00~9:00 休憩8H) 会社からは、単純にそれぞれの日当を労働時間で割って+25%で計算しろといわれましたが、釈然としません...

  • 1カ月単位の変形労働時間制について

    1カ月単位の変形労働時間制を導入しようと考えています。 1カ月172時間で172,000円の固定給にする場合、労基法では30日の月は171.4時間、28日の月は160時間と定められているので違反すると思います。 この条件で毎月172時間働いた場合、固定給与172,000に時間外労働手当として30日の月は150円以上、28日の月は3000円以上支払うと...

  • 残業過多(36協定違反)は賠償請求可能か

    会社が1月に労働者の代表を不正に決め、その物と使用者が36協定を締結。 その後6月になり正規の手順で同じ者が労働者の代表となりました。 しかし、1月から5月の間で法定労働時間外労働(残業)時間が45時間を超過する月が3か月以上あり、6月以降も残業が多く、1月から9月で残業時間の合計が400時間を超えている状態で、過労・うつ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

パワハラ・セクハラに注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

パワハラの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。