パワハラとよく言われます。

公開日: 相談日:2020年05月10日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

見た目、雰囲気でパワハラとよく言われます。
実際言葉遣いは悪い方ですが
暴言を吐いたりは全然ないです。
営業の仕事で立場上業務責任者をしてます。
クライアントからの目標件数達成の為
成績の低い者には指導をいれます。
私はここが悪いとはっきり指導するタイプです。
基本的に態度が偉そうと思われてる方が多いと思います。(派遣契約の従業員ばかりで人の入れ替わりは激しい)
成績の低い者に対して件数を上げろや上がるにはどうするかなどを教えるだけで
無言の威圧感はあると思います。
これしたらパワハラとか自分の中であるので
年配の下の者からは「形を変えたパワハラ」とか言われることもありました。
大体パワハラとか最近の言葉を振りかざして被害者ぶってる者は会社で辞められてもダメージがない人が多いです。
実際私の指導で成績が上がって感謝される方が多いのでほんの一部のお話です。
上司からは君は強者でほとんどが弱者
弱者の気持ちもわかるようになると成長すると教えられましたがまだまだ未熟なのはわかってます。
ただ、このスタイルで最速出世を続けていますので
変える気もなければついてこれずに辞めたいやつは辞めればいいと思ってます。
平成生まれですが昭和の考え方とよく言われ
時代に合わせないと必ず自分に返ってくるよとも教わりました。

これを踏まえてなのですが
私はパワハラに該当しますか?
上司はパワハラとは思わないし辞めたい口実を言ったもん勝ちにされてこっちが被害受けるのもおかしいし成績が低い人に成績あげろは当然と仰っていただきました。
グレーくらいやと思ってますが法観点から完全にアウトだと意見いただくなら改善しようとは思っております。
長々ありがとうございました。

919163さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都5位
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

    お気持ちはよくわかります。しかし、正当な業務指導等であっても、態様が社会的相当性を超えると、違法なパワハラになりえます。職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対し、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。

    本件の言動が、これらに該当するかどうか、証拠に基づいて、子細な分析と慎重な対応が必要です。パワハラの事案は、証拠などをもとにしながら、直接具体的なお話をお伺いして、法的に正確に分析する必要があります。

    納得のいかないことは徹底的に解明しましょう! 不当だと思うことにはスジを通しましょう! 労働局に相談されるのが良いと思われます。法的責任をきちんと追及されたい場合には、労働法にかなり詳しく、上記に関係した法理等にも通じた弁護士等に相談し、法的に正確に分析してもらい、今後の対応を検討するべきです。

    良い解決になりますよう祈念しております。法的にきちんと解明するために、良い知恵を得るには、弁護士への直接相談・直接面談が良いと思います。ご検討くださいね。応援しています!! 負けないで! 

  • 相談者 919163さん

    タッチして回答を見る

    ご丁寧にありがとうございます。
    会社側も私自身も今回の件はパワハラに該当しないと思っております。
    元々持っていた精神疾患が会社が原因で再発した。
    訴える可能性もあるとのことです。
    証拠などはお互い一切ありません。
    従業員100名以上の規模ですが
    他にそういった内容の声もあがってないですし
    今回の件の方との会話や指導も2.3回ほどしかありません。元々関わるとヤバそうな感じがすると周りは一線置いていました。
    私の立場を降りる(退社になっても)戦う覚悟はできてますし
    もし、訴えられてパワハラでないと認められた際
    逆に言ってる側をこちらが訴えることは可能でしょうか?
    職場の目や、仮にこちらの言い分が通ったとしても
    今回のことを色々考えてストレスです。
    よろしくお願いします!

  • 弁護士ランキング
    東京都5位
    タッチして回答を見る

    お気持ちはよくわかります。損害賠償請求は可能ですが、義務違反、義務違反と損害との因果関係の立証が容易ではないと思われます。どうしても不安であれば弁護士等に、ネットではなく直接相談されるのが良いと思われます。良い解決になりますよう祈念しております。負けないで!

この投稿は、2020年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから