上司の行為がパワハラに該当するか知りたい

公開日: 相談日:2019年06月02日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

相談です。4月に人事異動で職場がかわり個人的にはまじめに仕事に取組み、丁寧な言葉使いで誰に対しても接しています。
そんな中、職場の飲み会で上司から非常に違和感を感じる発言があり、翌日以降も苛立ち・苦痛感を感じています。以下の行為はパワハラに該当するか教えていただきたく、投稿しました。
飲み会の席で、酒の力も働き言いたいこと連発されました。
①冗談のつもりでだろうが、課長は離婚を考えていてそんな中、課長の愚痴から最後は副課長に離婚して仲間 なろうと何度も発言。副課長は流していましたが困っていました。
②課長は「部下の仕事をする必要ない。決済だけでいいはずだ。俺の仕事ではない。他の会社では考えられない」と何度も発言。
③私が残業が続き手当が付き、普段より高額になり。給料の額面を飲み会の席で皆に公開された。
④大学名が世界に広がるにつれて学力落ちる。笑いながら2度は言う。私と私の部下の出身学大学でもある。
これはパワハラになりますか?それとも私が人として力量不足なのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

805953さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都4位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    腹立たしいことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

    職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上 の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。

    本件の言動が、これらに該当するかどうか、証拠に基づいて、子細な分析と慎重な対応が必要です。不適切な言動であることは確かですが(特に学歴)、違法なパワハラといえるかどうかは確実ではないです。

    労働局に相談されるのが良いと思われます。法的に正確に分析されたい場合には、労働法にかなり詳しく、本件に関係した法理等にも通じた弁護士に相談し、証拠をもとにしながら具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

    弁護士への直接相談・直接面談によって、良い知恵が得られる可能性が高いと思います。良い解決になりますよう祈念しております。負けないで!

  • 相談者 2122309さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。
    4月から5月末までに、この件以外にも理不尽なことが多く、我慢している限りですが、常に詳細を記録として残して、限界になる前には行動に移したいと思います。

    ひとつだけ確認したいことがあったので書き込みいたします。
    学歴に件もすごく腹立たしいことなんですが、
    それ以上に給与の公開されたことは許しがたいもがあります。
    多忙なあまり嫌でも残業が続き、疲労困憊でしたがその分の対価を得たので何の問題もなかったところです。給与明細を渡すのは課長なので私の額面をこの段階で知っています。
    しかし、問題は飲み会で給与の話題になった際に、「俺より給与いい」、「俺は残業つかないのに」、「その残業代で皆で飲み会だ」、「俺に1/3よこせ」など冗談のつもりでだろうが言いたい放題。そして「だって〇〇万も、もらってるんだぞ!」と発言。個人の情報を知っているのは上司なので仕方ないと思いますが、個人情報が守られないこの現状は不適切な発言だけでなく、プライバシーの侵害にはなるんでしょうか?

この投稿は、2019年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから