会社に請求したマイカーの燃料代について

公開日: 相談日:2022年01月13日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
【相談の背景】
会社員です。
ある燃費の悪い車を顧客訪問のために利用し、その交通費を会社に請求していましたが、妻も車を利用するため、妻の為に燃費の良い車を購入しました。
妻が燃費の悪い車に乗る事が多いので、私が燃費の良い車を利用する事が多くなり、燃費の良い車に乗って顧客訪問しても、燃費の悪い車で行った事にして差額分を多く取得していました。
今回、燃費の良い車を利用している事が発覚して、入社日の5年間遡って差額分返還を求められています。
会社は燃費の差額は会社の損害といっていますが、燃費の良い車の減価償却を考慮に入れておらず、単純に燃費の差だけを会社の損害として私に請求し、払わなければ、解雇とも取られる言動が社長からありました。
差額説によると、損害は会社には発生していないと思います。

【質問1】
会社社長からはの損害は燃費の差額と言わられてますが、損害を出してはいないと思いますが、どうでなのでしょうか?
解雇を匂わせながら無理矢理返却に同意させるのはパワハラではないでしょうか?

1102974さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    熊本県1位
    タッチして回答を見る

    就業規則その他の社内規程の内容次第のところがありますが,交通費が実費精算(=使った分だけ会社が負担する)ということであれば,燃費の差額分を「不当利得」として返還しなければならないように思います。これは,損害賠償ではないため,損害の有無とは関係ありません。

    後段については,具体的な言動次第ではパワハラになり得るとは思いますが,それだけで高額の慰謝料が認められるという類のものでもないと思います。

  • 相談者 1102974さん

    タッチして回答を見る

    ガソリン代だけで考えるとおっしゃる通りですが、燃費の良い車は新車で減価償却などの事を考えると燃費の良い車の方が、経費がかかります。
    その場合でも、返す必要はありますか?

  • 弁護士ランキング
    熊本県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    繰り返しになりますが,会社の規程次第です。また,規程がないのであれば,これまで「交通費」をどのように算定していたかによるかと思います(例えば,これまでも,減価償却は考慮せずにガソリン代のみ請求していたのであれば,いくら減価償却があったとしても,最初にお答えしたとおりの結論になろうかと思います。)。

この投稿は、2022年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す