退職に関する事柄を教えてください。

現在在職中の会社員(管理職)です。上司のパワハラ(認定されにくい陰湿なもの)が酷く、転職を考えています。
これから先、転職活動が実り、転職先から内定が出た場合、在職期間中の就活は違法性がある、と言われる事はないのでしょうか(在職の会社から
)?
また、例えば、その後、退職金が出ないとか、変な誓約書を強要された場合、拒否できるのでしょうか?
2019年11月16日 16時50分

みんなの回答

波多野 進
波多野 進 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
休職をすること自体は問題はないのが原則だと思います。色んな後懸念を感じさせる会社と推察しますので、ハラスメントの証拠、未払い残業代に関する証拠などを確保しつつ会社からの攻撃に備えておいた方が無難と思います。

2019年11月16日 18時27分

この投稿は、2019年11月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,013名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

会社でのハラスメント被害や環境改善を弁護士に依頼するメリットと費用の目安

ハラスメントなどの被害にあっていて、会社に対して改善を求めたいと考えても、自分だけで会社と話し合うことは難しいと感じる人もいるでしょう。この...

妊娠後に遠方の職場へ異動、休んだら迷惑と叱られた…マタハラ実例と対処法

妊娠や出産、育児を理由に、職場で不利益な扱いを受けることを一般的にマタハラといいます。この記事では、具体的にどのような行為がマタハラにあたり...

この相談に近い法律相談

  • ハラスメント認定には上司部下等の職位上の優越が必要か?

    パワハラ、オーバーワーク(過重労働)強要、 宴会・飲み強要等々の各種ハラスメント行為は、 上司部下間、役員部下間と職位やポジションの優越がないと 法的には認められない解釈なのでしょうか? ネット上を調べると、 ハラスメント行為として確かに以前はそういう考え方が あったが今はナンセンス、とありました。 関係な...

  • 諭旨退職後の転職活動について

    前職を諭旨退職となり、新しい転職先の面接時に退職理由を聞かれた場合、告知義務はございますか。 あくまで自主退職という説明をしても問題ないものでしょうか。 (諭旨退職になってないとは言わず、諭旨退職以外での説明をする)

  • 上司のハラスメントについて

    1年半前に転職。しかし直属の上司が仕事を教えてくれない、ばかりか仕事終わりも私にはお尻を向け一切話をしようといない。 他の社員と私とを誰が見てもわかるほど区別する。 当時から支店長、係長には何度も相談したが、わかっていながら何もしてくれず今月私が体調が悪くなり、来月で退職する事になりました。 上司と当事者に謝罪...

  • 会社から寄付を強要されることは違法でしょうか?

    会社で役職に応じて関連事業の賛助会費(寄付)を半ば強制されています。 主任以上が条件で主任は5,000円、課長職は15,000円、部長は30,000円・・・ 私は課長職で毎年15,000円を支払っていますが、社内が断る雰囲気ではありません。 みんな嫌々支払っていますが、これって違法ですか?

  • 上司のハラスメントはどこからか

    職場で仕事のミスを上司が偽装工作し、上司から叱られました。客観的にハラスメントに該当しますか? 上司としては「こんなことも見つけられないのか、自分のミスだろ。」と言い叱られています。新人教育という建前でやったという言い分がありますが本当はミスをしていないので、叱られる方も覚えがあやふやであまり言い返せません。更...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

ハラスメントの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。