1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. ハラスメント
  4. 諭旨退職後の転職活動について

公開日:

諭旨退職後の転職活動について

2018年06月21日
ベストアンサー
前職を諭旨退職となり、新しい転職先の面接時に退職理由を聞かれた場合、告知義務はございますか。

あくまで自主退職という説明をしても問題ないものでしょうか。
(諭旨退職になってないとは言わず、諭旨退職以外での説明をする)
相談者(675898)の相談

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3
ベストアンサー
ありがとう
> 前職を諭旨退職となり、新しい転職先の面接時に退職理由を聞かれた場合、告知義務はございますか。

告知義務はありませんが、虚偽の説明をした場合には、後に解雇事由とされる可能性はあります。

> あくまで自主退職という説明をしても問題ないものでしょうか。
> (諭旨退職になってないとは言わず、諭旨退職以外での説明をする)

諭旨退職ないし諭旨解雇というのは法律用語ではなく、定義がある訳ではないので、退職の理由について虚偽にならない範囲で説明することは、問題がないと思います。

2018年06月23日 18時56分

相談者(675898)
ありがとうございます。
もしよろしければ、追加でご質問させて下さい。

「前職で懲戒処分等がないか」という質問があった場合、「無し」と答えれば、虚偽の報告であるけども、懲戒処分に関する直接的な質問がない限りは他の退職理由を回答しても虚偽の報告をしているわけではない(=告知していないだけ)という認識でよろしかったでしょうか。

解雇であれば言うべきだとは思いますが、(諭旨とはいえ)あくまで自ら退職届を出した上での自主退職であるので、もともと退職を検討していたこともあり、他の理由を述べようと思っております。

2018年06月23日 19時57分

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3
ありがとう
> 「前職で懲戒処分等がないか」という質問があった場合、「無し」と答えれば、虚偽の報告であるけども、懲戒処分に関する直接的な質問がない限りは他の退職理由を回答しても虚偽の報告をしているわけではない(=告知していないだけ)という認識でよろしかったでしょうか。

そういう認識でよろしいと思います。

2018年06月23日 20時02分

相談者(675898)
大変勉強になりました。
ご丁寧にありがとうございます。

2018年06月23日 20時23分

この投稿は、2018年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

会社でのハラスメント被害や環境改善を弁護士に依頼するメリットと費用の目安

ハラスメントなどの被害にあっていて、会社に対して改善を求めたいと考えても、自分だけで会社と話し合うことは難しいと感じる人もいるでしょう。この...

妊娠後に遠方の職場へ異動、休んだら迷惑と叱られた…マタハラ実例と対処法

妊娠や出産、育児を理由に、職場で不利益な扱いを受けることを一般的にマタハラといいます。この記事では、具体的にどのような行為がマタハラにあたり...

【弁護士Q&A】退職前の有給消化中に転職先で働ける?

会社を退職するとき、使い切れなかった有給を全て消化しようと考えている人もいるでしょう。有給消化期間中に、転職先で働き始めることに問題はないの...

【弁護士Q&A】転職の面接で病歴を伝えないことは経歴詐称になるのか

持病などの病歴がある場合、転職時の面接で正直に伝えなければならないのでしょうか。病歴を伝えずに採用され、後から病歴が発覚した場合、経歴詐称を...

同業他社へ転職したら前社から競業避止義務違反を主張されたときの対処法

会社によっては、就業規則や誓約書で、従業員に「退職後1年間は同業他社に転職してはいけない」などの競業避止義務を定めているところがあります。こう...

この相談に近い法律相談

  • 諭旨解雇の場合の個人情報について

    会社を諭旨解雇で退職し、再就職先へその諭旨解雇の理由をリークした前会社の従業員に対して、何らかの損害賠償請求は可能でしょうか? 再就職先は、前職の会社と取引関係にあり、諭旨解雇の理由が噂で再就職先に伝わる可能性もありましたが、まだ取引をはじめたばかりで、前職の会社に出入していた担当者も1名のみで、その担当者と...

  • 退職願提出後の懲戒解雇(カラ出張要因)について

    転職により、退職したい旨を、3週間前に上長に口頭で話しました。 その後、転職の面接のため業務時間内に私用で外出していたこと、その際に出張と偽り報告していたことが原因で会社より事実確認されています。 またそれ以前にも、転職活動とは別件でカラ出張をしていたことを指摘されています。 不正に頂いていた分の出張費を返...

  • 退職勧奨による退職時の条件について

    現在勤めている会社から退職勧奨を受け、会社都合の退職をする上で解決金等の条件について話し合っています。 1.合意書(案)に「本書の存在を正当な理由なく第三者に口外しないことを相互に確約する。」とありますが、合意書の存在も口外しないという明記は合意書としてあり得るのでしょうか。 2.合意書(案)に「本合意に至る経緯...

  • 諭旨解雇後の転職活動について

    諭旨解雇で会社を退職しました。 現在転職活動中(同一業界志望)なのですが、不安な点があります。 ・諭旨解雇の事実は漏れないのか? (万が一、人づてに漏れた場合は諭旨解雇になった証拠がないのでしらを切り通せるのか?) ・懲戒解雇ではないので面接時に言わなくてもよいのか? (退職理由は家庭の事情などと説明する) ...

  • 希望退職制度での職務等級の降格について

    企業が希望退職を募る際、面談時に退職してほしい社員が残留の意思を示した場合、会社側の面談者が『職務等級の降格(減給)』の話をしてその後、その社員が残留することになり以前と同じ仕事内容と役割だったのに『職務等級の降格(減給)』を履行された場合は合法でしょうか?それとも違法でしょうか? よろしくお願いします。

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

ハラスメントの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。