退職金未払いについて

先日もご相談させていただきましたが、2015年6月に15年間働いた会社を会社都合により退職しました(当時の社員は事業不振の為、私も含めて全員解雇)。
その後、私は会社が別会社で行っていた事業の業務を業務委託契約(契約書はなし)のような形で行っておりました。その業務は本年1月でほぼ終了になりました。
ただ解雇時に会社からは退職金の支払がありません(現在も)。

このようなケースの場合、未払いの退職金を受け取る事は可能なのでしょうか?
同時に解雇になった社員の中(一部の社員ですが)には分割で支払われているようですがそれも昨年4月くらいから滞っているいるとのことです。

①勤めていた会社には就業規則あり(退職金規程あり)。
 (紙媒体は事務所を閉じる時に処分していますがPC端末には保存されていると思われます)
②解雇時に会社から当時未払い賃金と退職金の金額が記された書面(A4でのWord作成)を貰っています。
 (未払い賃金については既に受取済です)

請求金額からして裁判に持ち込むまでもないかという思いもありますが、このままでは時効(5年と理解しています)まで引っ張られて支払いをしないのではないか(当時の解雇社員全員に対して)という思いもあります。

先日は、詳しい弁護士の先生に相談された方が良いと伺いました。
できれば早急に解決したいと考えております。

改めて解決方法を教えていただけないでしょうか?
宜しくお願いします。
2018年02月19日 10時33分

みんなの回答

笠間 哲史
笠間 哲史 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
ご相談内容を拝見するに,(1)請求権自体はある可能性が高いが,(2)どうやって回収するかが難しい,という状況かと思います。
このような場合,判決を取っても,会社に財産が残っておらず回収できない場合が少なくありません。
もっとも,会社に何らかの財産が残っている可能性もありますし,法的請求を受けた相手にだけは和解して支払うというケースもあります。
つまるところ債権回収はケースバイケースなので,(ネット越しではなく)弁護士に直接ご相談された方がよろしいかと思います。

2018年02月19日 11時58分

相談者
ご回答いただきありがとうございます。
参考にさせていただきます。

2018年02月20日 10時12分

この投稿は、2018年02月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,795名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 退職金未払いについて

    2015年6月に15年間働いた会社を会社都合により退職しました(当時の社員は事業不振の為、全員解雇)。 現時点で退職金の支払いを受けておりません。 会社自体は、存在はしておりますが事務所は閉じております(従業員は会長以下役員3名)。 現状は「会社に資金がない」とのことで支払いがありません。 同時に解雇になった社員の中(...

  • 派遣社員としての違約金の支払い義務

    A社で業務委託契約を結び仕事を始めた初日にB社の所属となり派遣社員としてC社で労働しておりましたが仕事があわず退職の旨をB社に伝えたさいに了解を得て退職いたしました。翌日A社から呼び出されD社からの請求で違約金50万を請求されました。 D社に関してはその時点で初めて存在を知り、且つ給料は、日給9000円でB社から支払...

  • 賃金未払いについて

    一昨年の7月より建築業で働いております。 3月末に支払われるべき給料が支払われてもらえず、 再三に社長に電話で催促しても『今は会社にお金が無くて払えない』 『○日に払う』と口約束しても支払われないという事が何度もあり、 今では社長の携帯に電話はするものの電話には出ず、 留守電に入れても社長の方からの連絡はありませ...

  • 業務委託の違約金について

    A社で業務委託契約を結び仕事を始めた初日にB社の所属となり派遣社員としてC社で労働しておりましたが仕事があわず退職の旨をB社に伝えたさいに了解を得て退職いたしました。翌日A社から呼び出されD社からの請求で違約金50万を請求されました。 D社に関してはその時点で初めて存在を知り、且つ給料は、日給9000円でB社から支払...

  • 失業保険と契約社員解雇について

    近々退職することが決まっています。退職理由は自己都合ということにしましたが、大きな理由としては給料の分割支払いがあります。半年ほど前給料日に支払い不可能と会社より通達され、その月の給料支払いは10日の遅延、半額未払いでした。次の月よりは給料が3分割され、当初の給料日に全体の50%、その10日後に30%、またその10日後に20%...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。