1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 解決方法・相談先
  4. 労働裁判
  5. 労使協定の労働者の代表者について

公開日:

労使協定の労働者の代表者について

2017年08月28日
ベストアンサー
労働基準法36条の労使協定及び24条の労使協定を結ぶには労働者の過半数を代表する代表者との協定が必要ですが、前の会社では、新入社員が社長に言われるままに署名・捺印させられているため
その労使協定は無効なので、共済会費の給与からの天引き無効を求めて、労働審判の申立てをしたところです。

ここからが質問ですが、代表者が投票などによって選出されていないことの挙証責任は申立人の方にあるのでしょうか? 
もし申立人が挙証しないと審判(裁判)では勝てない場合、どのように挙証すればいいか教えてください。
なお、代表者に、証言をもとめる方法は一番確実ですが、代表者は在職中であるため、たとえ証言しても会社から不利益な取り扱いはされない旨を説明したとしても、事実、なにがしらのいやがらせが予想されるため、代表者の協力は得られないとします。
相談者(580302)の相談

みんなの回答

伏見 宗弘
伏見 宗弘 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
過半数代表者の選出過程について立証する責任は、
使用者側にあると考えられます。
選出過程について記録した資料を有しているのは明らかに使用者側で、
労働者側にその立証責任を課すことは不当であると考えられるからです。

なお、争点については以下の点になるかと思われます。
・事業所の労働者に、代表者の適否について考える機会が与えられているか
・事業所の過半数の労働者が、その候補者を支持していると認められるような民主的な手続がとられているか
(その方法は労働者の投票、挙手、その他の民主的手続でなければならない)

2017年08月29日 10時43分

この投稿は、2017年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 職安の求職票について

     労基法第2条により労働契約は労使対等で締結しなければならないという規定があるから求職票にも求人票の記載内容に関する判例が準用されるので使用者は履歴書と一緒に保管しておいたほうが良いと思いますが皆さんの意見はどうでしょうか?

  • 労働基準法における業務内容の明示義務について(労基違反状態)

    労働基準法における業務内容の明示について(雇用契約書) 労働者が企業に就労した場合、労働条件や業務内容の明示の義務がありますが 内定通知書は頂きましたが、雇用契約書や業務内容の明示がないため 労働基準法、違反でありますが、業務内容の明示の義務について、『時効』などございますか? 現在も継続勤務中ですが、業務内...

  • 労使協定書の周知について

    労働基準法第106条(法令等の周知義務)に記載されていない労使協定書も労働者への周知は必要なのか教えてください。 「育児・介護休業に関する労使協定」 「定年後継続雇用者の基準に関する労使協定」 必要の場合は根拠となる法令・条文をご教授いただけると助かります。

  • 36協定の限度月数違反

    2019年施行の労基法第36条5項の36協定に規定する月数6ヶ月以内を2017年と2018年に越えている場合、36協定は無効になるのでしょうか?

  • 短時間労働者の社会保険への加入に関する労使協定について

    短時間労働者の社会保険の加入条件に関する労使協定についてお尋ねします。 平成29年4月より従業員数が500人以下の会社であっても条件を満たし、労使協定で合意がなされれば、短時間労働者でも社会保険に加入できることになったと理解しています。 この労使協定ですが、使用者側から何か働きかけを行う必要があるのでしょうか。そ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。