3年間の精神疾患での労災休業補償終了、その後の損害賠償請求について

友人の裁判についてご相談です。

3年前にブラック企業で長時間労働などにより精神疾患を発症、その後労災認定されています。
8月末でちょうど36ヶ月と言う節目でもあり、主治医から「労務不能判断はここまで」と言われており、仕事に復帰と共に、元凶の会社に損害賠償裁判をしたいと考えています。

至らぬ部分がある情報ですが、概況は

・労災認定理由は「長時間労働および連続出勤」
・未払い残業代を含めた審査請求による給付基礎日額は14000円
・給付基礎日額に含まれないボーナスなどは年40万ほど
・会社公認で副業あり(月3万)、当然働けていない。
・通院期間36ヶ月、通院回数は70回、入院は無し
・後遺障害は無し、ただし今後も通院は必要(未定)
・45歳

以上のような条件で質問があります。

①会社に請求できるのは、労災以外の賃金(4割分)と、ボーナス分、慰謝料の他に何かありますか?
②慰謝料ですが、実際にいくらくらい請求できますか?
③年齢と休業期間の長さから、今後の就職活動は恐ろしく困難、かつ条件が悪くなる物と思われます。この点も慰謝料などに加味できるのでしょうか?
④副業での収入分も請求できますか?
2017年08月09日 01時43分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
> ①会社に請求できるのは、労災以外の賃金(4割分)と、ボーナス分、慰謝料の他に何かありますか?

 治療費、交通費でしょうか。

> ②慰謝料ですが、実際にいくらくらい請求できますか?

 206万円程度が請求可能でしょう(交通事故の場合を基準にしました)。

> ③年齢と休業期間の長さから、今後の就職活動は恐ろしく困難、かつ条件が悪くなる物と思われます。この点も慰謝料などに加味できるのでしょうか?

 そのような主張をされて結構です。

> ④副業での収入分も請求できますか?

 その収入が本来確実に得られる見込みがあったことが立証できるなら、可能です。

2017年08月09日 06時26分

相談者
先生ありがとうござます。

②慰謝料206万とのことですが、入通院の慰謝料だと思いますが、精神的苦痛は請求できないのでしょうか?
(もっと大きな金額になるのかと思っていました)

④確実に得られる見込み、とはどのようなことでしょうか?副業は過去5年ほど給与に変動は無く、雇用の更新は書面上は1年更新だけど、事実上一度も協議されること無く自動更新されてる、と聞いています。

お忙しい中すみません。よければご返答下されば助かります。

2017年08月09日 12時20分

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ありがとう
> ②慰謝料206万とのことですが、入通院の慰謝料だと思いますが、精神的苦痛は請求できないのでしょうか?

 慰謝料は、精神的苦痛の賠償のことです。

> ④確実に得られる見込み、とはどのようなことでしょうか?副業は過去5年ほど給与に変動は無く、雇用の更新は書面上は1年更新だけど、事実上一度も協議されること無く自動更新されてる、と聞いています。

 そのような状況であれば、逸失利益の賠償として認められる可能性が高いでしょう。

2017年08月11日 07時48分

この投稿は、2017年08月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

労災で過労死と認められる基準l長時間労働による脳・心疾患で死亡した場合

家族が長時間労働などの過労により脳・心疾患となり死亡した場合、いわゆる過労死として、労災保険から遺族年金などの補償が受けられる可能性がありま...

この相談に近い法律相談

  • 労災後遺障害の損害賠償請求について

    今から1年半ほど前、業務中に機械に巻き込まれ、利き手薬指を爪の付け根から指先まで切断する怪我を負いました。休職1ヶ月通院1ヶ月。労災認定、後遺障害12級認定。労災から補償はおりました。 そこで、安全配慮義務を怠ったであろう会社から損害賠償と慰謝料を請求したいと思っています。 調べたところ、26歳で怪我した当時の月...

  • 労災認定された時、損害賠償請求できますか?

    1997年2月に精神障害を発症しました。入院2回。 その後、通院しながら働きました。休職中は、傷病手当を貰って生活費としました。2016年(2年間前)には会社都合で退職しています。 退職したので、現在、労災申請し、審査請求中です。発症前後の時間外労働時間は、80時間から100時間超です。 通院、服薬は、現在もおこなっています。...

  • 自営業の休業損害日数について

    追突事故の被害者・過失0で相手保険会社より損害賠償金提示がありました。 治療日数 〈110日〉 通院日数 〈35日〉 休業損害 〈1日の基礎収入額 × 35日〉 診断書は、約2ヶ月間の休業・安静・加療を要する見込みである。 休業損害日数は35日でなく、2ヶ月の休業期間の60日に請求できないでしょうか?(実...

  • 労災で精神障害者年金2級を受給、労災からは休業補償金を貰っていますが会社に慰謝料は請求できますか?

     2009年に月80時間を超える残業が常態化する中でうつを発症し、健康保険の休業補償を貰った後会社を退職、その後いくつかの職場を転々としましたが全てうつが原因で休業から退職に至り、生活ができなくなったため精神障害者年金を申請し、障害者年金2級を受給して生活をしています。  2014年4月にどうしても納得ができずに労働基準局...

  • 精神の労災で再就職が大困難。原因の会社に対してなにか請求できますか?

    過重労働により精神疾患のうつ病で長期間休養していた人がいます。労災は認定済みですが、相当に回復し年内で打ち切りとなるため復帰に向けて就職活動をしています。 が、休業期間2年、しかも年齢が50歳前ということもあり、全然決まりません。また条件も低く、労災前には年収800万だったのに、求人では400万に届くかどうかの物件ば...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。