機会損失の損害賠償請求を受けそうです。また、こちらの責任範囲や損害賠償額が知りたいです。

公開日: 相談日:2017年02月25日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

顧客に納品したWEBサイトのお問い合わせ機能が正常に機能していなく、
機会損失だと連絡がありました。

明確に賠償を問われたわけではありませんが、
最悪、その期間にあったであろう問い合わせから計算できる売り上げを
請求されかねない状況です。

こちらの確認が厳重であれば回避できた可能性もありますが、
この場合、
・そもそも損害賠償責任はあるのでしょうか?
・また、最悪の場合、こちらも弁護士を立てる必要性、賠償範囲などはどうなるのでしょうか?

、簡単ですが状況を整理します。
・納品時に、当方で問い合わせ機能の確認はしているが、WEBサイト公開後時間を経てからはに再度検証などはしなかった
・お客様には納品の承認をいただき、受注金額の残金をいただいている
・Googleの解析ツールを使用すれば、過去の傾向からある程度の精度で、あったであろう問い合わせ数とその受注率、平均単価などで機会損失した金額は計算できそうである
・契約書は簡単な発注書のみで、損害賠償についてはお互いに約束のない状態である

528307さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    瑕疵担保責任の問題となります。契約書で明確な定めがなければ,瑕疵担保の期間は原則として納品後6か月間となります。ですので,納品時期がいつだったのか,不具合に気づいたのはいつだったのかといった情報を検討する必要があろうかと思います。

    仮に瑕疵担保期間内だとして,損害賠償を請求された場合はある程度応じざるを得ないかと思います。ただ,仮に裁判になったとしても,逸失利益として想定される売上の100%を全額支払うことを命じられるケースはまれです。代理人を立てて交渉すれば,落とし所となる金額を相互に探っていくことになろうかと思います。

この投稿は、2017年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから