労働基準法違反是正勧告を受けた会社側に、不払賃金支払請求とパワハラ訴訟で慰謝料等を請求したいが・・・

2か月前、約4ヶ月半勤務していた会社を退職しました。就労後にわかったのですが、応募時に示された労働条件についてはハローワークの求人票記載内容および採用面接時の会社側の説明のいずれもが実態とは異なる虚偽のものでした(労働条件通知書および雇用契約書の交付は無し)。会社は夜勤一勤務当たり8時間の手待ち時間を休憩だと考え時間外労働分の賃金を支払っていませんでしたが、私は3ヶ月間の試用期間が開けて間もないころ違法だと改善の申し立てを行いました。事業場の責任者と本社の総務部長は「法律はどうあれうちはうちのやり方で20年以上やってきている!会社をつぶす気か!いやなら自分から辞めればいい!監督署には行くなよ!」などと、私に厳しく叱責を繰り返して黙らせようとするばかりで全く聞く耳をもちませんでした。やがて「休憩が取りたいなら賃金額が3割減となる昼間の時間帯のパートになってもらうしかない」とか、「それなら8時間休憩は取らせるが7時間勤務+8時間休憩+1時間勤務なでどうだ」などと、私だけに適応するという勤務条件を場当たり的に提示しました。いずれに対しても私が労働条件通知署や雇用契約書の交付や就業規則等の開示を求めると会社は拒絶し、「いいから黙って働け」的な不誠実な対応をしてきました。約一カ月間、会社側に要望を訴えたのですが会社側から威圧的な暴言や態度を繰り返されて精神的に疲弊し、これ以上就労することは困難と判断し自ら退職届けを提出し会社を辞めました(のちにハローワークで法令違反を受けての正当な理由のある自己都合退職と認定)。退職の2週間前には労基署に申告を行っており、臨検が行われ私が指摘した通りの複数の法令違反が確認され是正勧告が出されました。現在、会社は賃金支払いの部分のみ回答を保留にし、そのほかは異議を唱えず改善を進めているようですが、実状は合法改善を装う偽装工作だと在職中社員からの内通を受けております。虚偽改善報告となることを想定し監督官と刑事告発に移行するべく相談しており、有力物証や証言も見込め起訴に持ち込めるだろうと言われております。
【質問】是正勧告(可能となれば刑事確定証拠も)を受けて、不払い賃金・付加金・遅延損害金支払い請求の労働審判(その後の民事訴訟)、慰謝料と損害賠償を求めての会社や上席社員達を相手取ってのパワハラ訴訟を行った場合の予想される成果について教えて下さい。
2015年11月15日 04時32分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ありがとう
是正勧告(可能となれば刑事確定証拠も)を受けて、不払い賃金・付加金・遅延損害金支払い請求の労働審判(その後の民事訴訟)、慰謝料と損害賠償を求めての会社や上席社員達を相手取ってのパワハラ訴訟を行った場合の予想される成果

 酷い会社であると思います。労働審判などで戦うとよいでしょう。ただ、証拠を確保できるかが問題であり、是正勧告や刑事罰となると有効ですが、それが出る前であるなら、今からでも録音などによりパワハラの実態などを証拠化するようにしましょう。

2015年11月15日 06時07分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
是正勧告(可能となれば刑事確定証拠も)を受けて、不払い賃金・付加金・遅延損害金支払い請求の労働審判(その後の民事訴訟)、慰謝料と損害賠償を求めての会社や上席社員達を相手取ってのパワハラ訴訟を行った場合の予想される成果について教えて下さい。

パワハラの録音、タイムカードや就業規則で計算される不払い賃金などを証明できれば、それで計算された金額は認められるでしょう。
付加金は労働審判では認められません(反対説もあり)。

会社の違法、社会的な問題の点と、あなた自身が受けている権利侵害の問題は連動しながらも、権利行使の方向としては切り離して考えた方が良いでしょう。

退職前に弁護士と直接相談されて、証拠を集めるのがよいでしょう。退職されると、手に入らない証拠は多くあります。、

2015年11月15日 08時31分

相談者
西田先生、岡田先生早朝からご回答いただきありがとうございます。最初の質問に記したとおり、私はすでに退職しております。在職中には、採用面接時から不信感を抱いたため、ほとんどの会社側との話し合いの場面でレコーダー等での証拠記録に努めておりました。主に私の訴えに対応した2人の上司に関しては、その威圧的な発言や態度について克明に記録をとってきております。加えて、タイムカードの全て、労務管理関連資料、就業実態を確認できる職場環境等に関しては、それぞれ証拠写真を撮影し所有しております。これらを私の訴えを裏付ける証拠資料として労働基準監督署に提出し申告手続きを行い、会社が行ってきた数々に違法行為に対し既に是正勧告が出されております。退職後は、私同様会社に対し不満を抱く在職中社員が、会社側の監督署を欺こうとする虚偽改善の偽装工作(手待ち時間の実態は未解消状態)に関する証言や証拠書類提供に協力してくれております。私の希望は会社側に対し、①不払い賃金の支払いと、②金銭面の補償を伴う謝罪、を求め実現してもらうことです。そのことを確実に実現したいと考え、まずは会社側が築いてきた労働環境が違法であることを確実に認めさせるため、監督署申告からの是正勧告⇒労働基準法違反での監督官への刑事告発⇒起訴・刑事罰確定、を目指し先行して進めてきております。以下について再度お伺いしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
【質問】
・今後、不払い賃金支払いを求める労働審判(和解に至らなければ民事訴訟に移行)に着手する予定です。その際、是正勧告の内容や刑事罰が確定すればその刑事確定証拠を資料として提出しながら訴えを進めていきたいと考えておりますが、このことが私の要望成就に有利な影響を与えるものでしょうか。刑事罰が確定となっていれば、元本に加え付加金や遅延損害金が加算され支払われたケースがあるとも聞いておりまますが、ご見解をお聞かせいただきたいと思います。
・パワハラ訴訟を提起し同様に訴えを進めた場合こちらへの影響はどう予想されるでしょうか。虚偽採用から始まる一連の会社側の不適切な行為により退職に追い込まれたことを主張し、慰謝料に加えて逸失利益と考える見込まれた予定賃金分の支払いまで求めたいと考えております。見込まれる結果、支払われる具体的な金額についてお教え下さい。

2015年11月15日 16時01分

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ありがとう
・今後、不払い賃金支払いを求める労働審判(和解に至らなければ民事訴訟に移行)に着手する予定です。その際、是正勧告の内容や刑事罰が確定すればその刑事確定証拠を資料として提出しながら訴えを進めていきたいと考えておりますが、このことが私の要望成就に有利な影響を与えるものでしょうか。刑事罰が確定となっていれば、元本に加え付加金や遅延損害金が加算され支払われたケースがあるとも聞いておりまますが、ご見解をお聞かせいただきたいと思います。

 是正勧告や刑事罰の内容にもよりますが、おっしゃる通り、有利な影響があるでしょう。

・パワハラ訴訟を提起し同様に訴えを進めた場合こちらへの影響はどう予想されるでしょうか。虚偽採用から始まる一連の会社側の不適切な行為により退職に追い込まれたことを主張し、慰謝料に加えて逸失利益と考える見込まれた予定賃金分の支払いまで求めたいと考えております。見込まれる結果、支払われる具体的な金額についてお教え下さい。

 一応別個の問題でしょうが、こちらにも良い影響を与える可能性はあります。慰謝料、逸失利益なども取得できるでしょうが、具体的金額までは詳細な事情を知らないため判断困難です。

2015年11月15日 17時27分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
退職済みとのこと失礼いたしました。

・今後、不払い賃金支払いを求める労働審判(和解に至らなければ民事訴訟に移行)に着手する予定です。その際、是正勧告の内容や刑事罰が確定すればその刑事確定証拠を資料として提出しながら訴えを進めていきたいと考えておりますが、このことが私の要望成就に有利な影響を与えるものでしょうか。

当然与えます。決定的なものになる可能性もあるでしょう。刑事罰までなれば、労働審判でなく訴訟で争うことも検討できます。
付加金の取得も考慮できますので。

・パワハラ訴訟を提起し同様に訴えを進めた場合こちらへの影響はどう予想されるでしょうか。虚偽採用から始まる一連の会社側の不適切な行為により退職に追い込まれたことを主張し、慰謝料に加えて逸失利益と考える見込まれた予定賃金分の支払いまで求めたいと考えております。見込まれる結果、支払われる具体的な金額についてお教え下さい。

別問題ですが、そういう会社という心象はもたれるでしょうね。
金額については、やはり具体的な相談が無いと回答しにくいところでしょう。

2015年11月15日 19時25分

この投稿は、2015年11月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 労働審判で損害賠償や慰謝料にあたる金銭支払いを求めることとその実現の可能性について

    【経緯】今年4月にとあるホテルの夜勤フロント職の採用面接を受けハローワーク求人票記をもとに労働条件を確認し翌日付で入社。雇用契約書や労働条件通知書の説明・交付がなく、求人票や採用面接時の説明と労働実態が異なってた。所定労働時間8時間で賃金1万円、休憩8時間だったが、休憩は「手待ち時間」の状態であり実質16時間勤...

  • 個別労働紛争の内定先への報告について

    前職を即日解雇(懲戒解雇ではありません。)されました。 解雇通告の際に、解雇予告手当の支払いと解雇に関する書面の交付を会社に要求したところ、「解雇予告手当は今月分の給料と一緒に支払う。解雇に関する書面の交付は行わない」と言われ、再三の要求にもかかわらず、書面の交付については断固拒否されました。 そこで、所轄労...

  • 【即日不当解雇】の今後の解決方法に関して

    今年5月初旬に、ハローワークを介して正社員として入社。俗にいうブラック企業であり、全てにおいて杜撰で、限度を超えたパワハラも日常茶飯事。杜撰な事柄やパワハラの是正を求めることで衝突し、徐々に社長との関係が悪化(計4人の零細企業で、社長本人だけが問題の当事者)。 給与金額・休日・保険加入・仕事内容などが、求人要件及び...

  • 労働基準法違反の告訴について

    労働基準監督署での告訴について 私の2か月分の賃金未払いがあり、労働基準監督官と事業主が「是正勧告書」を交わしました。ところが、事業主はその是正勧告書を無視、不履行でした。そこで、私は労働基準監督署で労働基準法違反で告訴し、簡易裁判所で民事訴訟(あるいは少額訴訟)を提起します。 労働基準監督署は「へっぴり...

  • 労働基準監督署による行政指導に従わない会社に対して刑事告訴をさせるには?

    労働基準監督署が会社に対し行政指導を再三行いましたが、会社は一向に改善しようとしません。 ・就業規則の開示拒否 ・過重労働(残業150時間超/月) ・休みが月に2日しかない ・有給休暇の取得が難しい・有給休暇の賃金が支払われない ・パワハラ ・賃金未払い ・労働組合に対する会社介入 ・その他数多くの違反があります ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。