事実無根の誹謗中傷に対してっ会社側に相手を教えさせることできますか?

公開日: 相談日:2021年06月10日
  • 1弁護士
  • 2回答

【相談の背景】
先日、会社の取締役から事情聴取を受けました。職場の同僚の悪口を言っている、また関連会社員に「社長に言いつけるぞ」という恫喝をしていた、苦痛であるという申し立てがあったとのこと。
全く事実に反することで、いたく精神的打撃を被り、また取締役に呼ばれたという事実が周知されてしまったことで職場上の地位と名誉に著しい低下を来しております。事情聴取の項目の中には特定の個人のみしか知り得ない事実も含まれており、この人物が当該申し立てをしたものと思います。
※「その場合は社長にお知らせしますと対応すれば良いのではないでしょうか」という私の発言を引き出す相談をした人物は1人しかいない、ということです。

【質問1】
公益通報でない一方的な誹謗中傷で陥れられた場合、誰が申し立てしたか会社に問いただすことはできるでしょうか?

1034346さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都2位
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    公益通報でない一方的な誹謗中傷で陥れられた場合、誰が申し立てしたか会社に問いただすことはできるでしょうか?

    あなたとしては、会社に対して誰が申立をしたかを問いただすことはできる(自由)でしょうが、会社側がそれに対して答える法的な義務はないでしょうし、会社としては、クレーム相談を受けても、誰がクレーム相談をしたかを明かさないと社内的に表明していると思います。

  • 相談者 1034346さん

    タッチして回答を見る

    ということは「言われた方の一方的損」「救済方法はない」ということになってしまうのでしょうか?周りの証言集めて会社にその虚偽を証明、合わせて本人に謝罪要求をしようと思ったのですが。

  • 弁護士ランキング
    東京都2位
    タッチして回答を見る

    > ということは「言われた方の一方的損」「救済方法はない」ということになってしまうのでしょうか?周りの証言集めて会社にその虚偽を証明、合わせて本人に謝罪要求をしようと思ったのですが。

    会社としては、クレームを受けた場合に、そのクレームの真偽を審理判断して、そのクレームが真実だと判断すれば、適切に対処する責任があり、一方で、そのクレームの内容が虚偽であり、そのクレームの相手を貶めようとしていると判断したとすれば、そのクレームを寄せた者に対して然るべき処分をすべきだろうと思いますが、クレームを寄せた者が誰であるかを、クレームの相手に知らせることは、会社がクレーム処理窓口を設ける意味を失わせ、会社としてはコンプライアンス違反を問われることになり、できない(やってはいけない)ことでしょう。なお、会社がクレームを寄せられた場合には、その真偽を判断するために、関係者から事情聴取をするのは当然であり、社員としても、その事情聴取に協力すべき義務があり、会社から事情聴取をされたからといって、そのことで事情聴取を受けた社員が周囲から不利な評価を受けるとすれば、不利な評価をする周囲の社員の方が不適切な対応をしているということになるでしょう。

この投稿は、2021年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す