1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 解決方法・相談先
  4. 労働基準監督署
  5. 専属契約の雇用関係の認定と過労死の労災について

公開日:

専属契約の雇用関係の認定と過労死の労災について

2020年08月10日
芸能事務所と専属契約をしている知人が過労死しました。
専属契約の場合雇用関係が発生すると記事を見つけ
労災保険が適用される可能性があると記載がありました。

労働基準監督署が評価している過労死ラインを超えていました。
労働基準監督署への過労死申請を考えています。

雇用関係があった事を認定する方法、
また遺族でない者が労働基準監督署への申請は可能ですか?
そして、過労死が認定されるされないことで、企業の刑事責任はありますか?
相談者(946144)の相談

みんなの回答

戸舘 圭之
戸舘 圭之 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
労働問題、労災の問題を取り扱っている弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

雇用関係にあることの立証やそのための資料収集、使用者への責任追及等、個別の事情に応じた専門的な作業が必要になります。

まずは、専門の弁護士に相談されることをおすすめいたします。

2020年08月10日 12時38分

波多野 進
波多野 進 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
契約の文言や契約書にとらわれることなく、実質的に労働者と言えるかどうか出退勤、拘束性、代替性など色んな要素を検討して判断されます。まずは労災問題をよく担当している弁護士に実際に相談することが必要と思います。

2020年08月10日 18時20分

この投稿は、2020年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では16,506名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

労災で過労死と認められる基準l長時間労働による脳・心疾患で死亡した場合

家族が長時間労働などの過労により脳・心疾患となり死亡した場合、いわゆる過労死として、労災保険から遺族年金などの補償が受けられる可能性がありま...

【労災保険】過労で倒れた場合に治療費や休業損害を補償してもらえるケース

長時間労働などの過労により脳梗塞などの脳疾患や心筋梗塞などの心疾患となった場合、過労死と同じように、労災保険を利用できるケースがあります。労...

仕事のストレスでうつ病になり自殺した場合に労災保険を利用できるケース

家族が仕事のストレスでうつ病などの精神的な病気になり自殺によって死亡した場合、いわゆる過労死として、労災保険から遺族年金などの補償を受けられ...

過労死問題に取り組み国と社会を変えた四半世紀 川人博弁護士ロングインタビュー

安倍晋三総理が、2016年に異例の言及をした大手広告代理店の女性社員の自殺。同じ電通における四半世紀前の自殺を巡って、2000年に「過労自殺」と「企...

仕事中や通勤中の事故により死亡した場合の労災保険の手続き

仕事中や通勤中の事故により死亡してしまった場合、労災として労災保険を使うことができます。この記事では労災保険で受けられる補償の内容、手続きの...

この相談に近い法律相談

  • 雇用契約での罰則規定と有給休暇の関係について

    退職時における私の所属している会社との雇用契約での罰則規定と有給休暇の関係についての質問です。 雇用契約書での遅刻に対する罰則規定は、「8回の遅刻につき1日休暇をとったことにする。」となっています。 さらに、この契約書には上記の遅刻に対する罰則規定と、「退職時には会社の要求により最大6ヶ月の引継ぎ期間を設ける事が...

  • 不当解雇された場合の失業手当について

    不当解雇に対する労働審判前や労働審判中に失業手当を貰っていると判決に不利になりますか? また不当解雇が認められて復職した場合は、失業手当は返却することになるのでしょうか?

  • 正社員入社後に障害がわかった場合の雇用契約と職場での配慮について

    会社入社後に障害があることが分かり、障害手帳を取得し、職場で配慮を求めたい場合、 障害者雇用での雇用契約の変更が必要になるのでしょうか? 今までの仕事が全くできないのではなく、体力等で連続して同じ業務ができない時が ある状態で、これまで上司に相談しましたが配慮する理由がないと返答されました。 体力が必要な業務...

  • 精神障害者への雇用契約更新と社内失業について

    現在、就労している企業との雇用契約(障害者枠)にて、一方的に不都合な契約をさせられたため、法的にどうなのかお伺いしたく、質問させて頂きました。 私は昨年12月よりパート従業員として雇用を受け、事務員として1度の欠勤もなく、私としては問題のない行動にて勤務を続けておりました。 そして3月に契約更新の面談があり、 (1)...

  • 労災期間中のノルマについて

    労災期間中に仕事が遅いことから正社員からパートに降格か解雇すると言われパートの件は拒否した所、正社員らしく結果を出せと告げられ仕事にノルマを課される。ノルマ達成なら正社員で残す。出来なければ降格、もしくわ解雇するとの事。労災中の解雇は違法ですが平気で言ってきます。ノルマの件は合法でしょうか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。