懲戒解雇処分と減給処分同時にされる事は違法ではないか?

お世話になります。ここで何度か相談させて貰ってます。
先月分の給料明細書に、懲戒解雇と減給の項目がありそれぞれ実施されてます。
原因。
会社の言い分ですが。
無断欠勤のため、職場に迷惑をかけた。が言い分です。
ここで自分の言い分ですが。
無断欠勤➡初日休む前日に会社社長にて休む事を
連絡済み。その後、身内に不幸があり、会社に連絡してないのは事実。16日間。
ですが、その16日間は勤務シフトには入ってません。自分はアルバイトです。
勤務シフトを提出してない場合。全休扱い。
と就業規則に書いてます。
なので、今回は全休扱いと自分は認識してます。

減給について。
会社の言い分➡労働基準法91条により10パーセント減給。

先生へ質問です。
今回の件に関して、会社へ何故2項目なのか?
の確認と、取り下げをお願いしたく考えてます。

どの様に、会社へ対応すればいいですか?
教え下さい。
宜しくお願いします!
2018年02月08日 17時37分

みんなの回答

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5
ベストアンサー
ありがとう
個人でおやりになるとすれば、ここに記載された事情をそのままきちんと説明して、処分撤回のお願いをすることになろうかと思います。

詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたしますと、ここで記載されたことが事実ならば、2つの措置が無効になる可能性は十分にあると思われます。

本件では、子細な分析と慎重な対応が必要です。法的責任をきちんと追及されたい場合には、労働法にかなり詳しく、懲戒法理にも通じた弁護士に、相談に行かれて、法的に正確に分析してもらい、今後の対応を検討するべきです。ネットでのやりとりには限界がありますので、すぐに直接、面談あるいは電話相談をなさってくださいね。

2018年02月08日 20時12分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
各事実の通知と、処分の撤回の交渉となるでしょう。
もっとも、相手が無視した場合、訴訟などにまでされるかは費用対効果の点で、慎重な配慮が必要なこともあります。
本件のようなことが良くあるのでしたら、アルバイト仲間を集めて労基署に相談に行くということも検討できるでしょう。

2018年02月09日 10時23分

この投稿は、2018年02月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【労働審判】会社からの処分や命令に納得できないときに利用できる手続きを詳しく解説

会社からの減給などの処分に納得できなかったり、転勤出向などの命令に従いたくないと考えている場合など、職場との間に対立が生じたとき、労働局のあ...

懲戒処分として減給されるケースと減給の無効を主張する方法

無断欠勤や職務怠慢など、就業規則で定められたルールに反した場合、懲戒処分として減給されることがあります。しかし、会社はどのような理由でも自由...

この相談に近い法律相談

  • 急な給与規定の変更を阻止することは可能か?

    会社の業務上の都合で、急にシフト制になりました。 シフト制に伴って給与規定勤や法定休日などが変更になったのですが、社員に不利になる給与規定の変更です。阻止することは可能でしょうか? また、給与規定の変更を通知されたのはシフト制が始まった後であり、会社に対してまだ合意もしておりません。 ●変更前  6月までは通常...

  • 有給未取得者の欠勤対応について

    入社3ヶ月のスタッフが インフルエンザ(診断書無し口頭で連絡)になり規定の休日と別に6日間 休みました 有給がまだ発生していない為 6日間の休みを 5日間は 特別に有給を5日間前借りという形で 処理し、 あと1日を振出、振休処理という形に 提案しました 本人は納得しておりません。 会社は週40時間勤務、隔週2日...

  • 契約社員の期間満了時の有給休暇所得日数について

    以下の場合に有給休暇を取得できるでしょうか。 状況 ・5月末に契約社員として満了 ・既に会社へは契約しない事を会社には伝達済 ・規定では6ヶ月勤務に対して、10日の有給休暇を付与と記載(もちろん出勤率は80%) ・昨年11月に契約更新して、有給休暇を消化せず、12月に休暇しましたが、欠勤扱いになっていた ・2年間契約社...

  • 給料の未払いの受け取りについて

    前職において、「社員候補」の名目上のアルバイト契約で労働をしておりましたが、 労働期間内に「休日出勤」が何度がございましたが、 代休が貰えない状況で退職をしました。 後日、勤務期間内の明細を入手し未払いの給料が判明しました。実務労働時間が少ないのと、休日出勤分の 「休日手当」が一切支給されておりませんでした。 ...

  • アルバイトの雇い止めについて

    お世話になります。 勤怠のよくないアルバイト従業員(フルタイム)がおります(以下、Aとします)。 Aは平均して月2~3日欠勤し、5日くらいは遅刻(それも数時間)します。 しかも自分から連絡してこず、出勤しないためこちらから数回連絡をとって、ようやく折り返してくるような状態です。 理由はその都度、体調不良、身内の看...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

解決方法・相談先の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。