公務に関しての雇用の契約書について

公開日: 相談日:2017年04月05日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

公務に関しての雇用の契約書についてご相談させて頂きます。よろしくお願い致します。
期間の定めがあります職員です。

任用にあたり雇用契約書には、甲乙とあり、契約書に関しては地方公共団体の長と交わしております。
勤務の場所は役所の部署と記載されております。
任用をされた私は、地方公務員法が適応のもと全体の奉仕者としての職務上の責任が課せられました。

実際の仕事を行うところは、公立学級となります。

行政の責任者との契約書から、私からしまして、直属の上司は、行政の責任者となるのでしょうか?

それとも、勤務場所となっております役所の部署の課長や係長になるのでしょうか?

あるいは、実際の仕事の場所となります都道府県の職員となります教育に特化しました公務員となります校長先生などになるのでしょうか?

契約書からしますと、勤務の場所は、役所の部署となりますが、実際の仕事の場所は、公立学校ですので、勤務場所=所属部署であり、契約書上、出向ということで、公立学校にて公務をおこなっていると契約書上からしますと解釈すべきとなりますでしょうか?

以上、直属の上司はどなたに契約書上誰になるのか?についてと、所属部署=勤務場所と契約書上認識して良いのか?ということ、契約書上、出向にて役所から公立学校ということなのか?のご相談・ご質問させて頂きます。
よろしくお願い致します。

539514さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2017年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから