1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 解雇
  4. 雇い止め・派遣切り
  5. 60歳を超えての無期雇用転換はあまり強みになりませんか。

公開日:

60歳を超えての無期雇用転換はあまり強みになりませんか。

2020年01月21日
定年について、
「期間の定めのない労働契約については、定年年齢を上限として年齢制限をすることが認められます」

という文を見つけたのですが、これは、無期雇用の強みも60歳が限度ですよ。という意味でしょうか。

60歳を超え、パートの有期で(一年更新)何とか雇ってもらっている立場で、雇止めを食らわないように無期転換を60歳過ぎてから行使してもあまり、強みにはならないという事でしょうか。

相談者(885845)の相談

みんなの回答

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都4
ありがとう
お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

1.強みにならないことはないです。
2.定年が60歳でも、ざっくりいえば、65歳までの再雇用措置は必要です。
3.本件は、法的に正確に分析すべき事案です。素人判断は大いに危険です。本相談は、ネットでのやりとりだけでは、正確な回答が難しい案件です。

労働局に相談されるのが良いと思われます。。法的に正確に分析されたい場合には、労働法にかなり詳しく、本件に関係した法理等にも通じた弁護士に相談し、証拠をもとにしながら具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

納得のいかないことは徹底的に解明しましょう! 不当な扱いには断固戦いましょう! 良い解決になりますよう祈念しております。負けないで! 応援しています!!

2020年01月21日 23時52分

この投稿は、2020年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【人事労務担当者向け】雇止めが制限されるケースと雇止めをするときの注意点

契約社員など、有期雇用の従業員がいる場合に、雇用契約を更新するかどうかは原則として会社が自由に決められます。ただし、一定の場合には、雇用契約...

会社が雇止めをできないケース|契約更新してもらえない場合の対処法も解説

契約社員など、有期雇用の従業員が雇止めにあったような場合でも、契約が何度も更新されていたような状況があれば、会社の雇止めが認められずに、働き...

新型コロナの影響で派遣先から中途解除や雇止めをされた場合の対処法

新型コロナウイルスによる経営状況の悪化を理由に、派遣先の会社から、派遣期間中に契約を解除されたり、契約を更新しない(雇止め)と言われたりした...

「定年65歳未満」の企業がしなければならないことと定年退職した従業員を再雇用するときの注意点

就業規則などで定年を65歳未満にしている場合、企業は、(1)定年を引き上げる、(2)定年を廃止する、(3)定年後も働くことを希望する従業員を引き続...

この相談に近い法律相談

  • 雇い止め提示がある場合の無期雇用転換の可否

    2013年より有期雇用契約社員として働いています。1年ごとの契約で、また当初最長3年ということで、3回目の契約更新時に「次回の契約更新はしない」という雇い止め提示があったのですが、就業先の都合でさらに1年、そしてもう1年と契約が更新されました。(その都度雇い止め提示はされています) 現在の5回目の契約が2017年春に満了す...

  • 63歳で、雇い止めを食らう事はあるのでしょうか。

    パート63歳。(60歳前から働いています) 契約は一年更新。 会社の定年は60歳ですが、現在63歳でそのまま働かせて貰ってる場合、 次の契約年で、雇い止めをさせられる事はあるのでしょうか。 高齢者雇用安定法?の方が勝つのでしょうか。 それか、5年経ってるので、無期転換権を主張したほうが良いのでしょうか。

  • 有期雇用契約・無期雇用転換について

    1年契約の有期雇用で更新は最長5年とされている嘱託職員です。1年ごとの雇用契約書にその旨が書かれています。業務内容は常に正社員と同等のスキルを求められています。 無期転換ルールを調べてみると、 「労働契約法の改正により、有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときに・・・」とあります。 今の職場でのルールに...

  • 「有期雇用社員の雇い止め」について

    生意気で仕事ができない有期雇用社員を雇い止めにしたいのですが、後々、雇い止め無効等で地位確認請求される事がないか心配なので教えて下さい。この有期雇用社員との雇用契約内容は、 更新期間は3年以内、契約期間は1年以内、更新回数は最大で2回までとする。更新するか否かの判断は勤務実績、勤務能力を総合的に勘案して行う。とな...

  • 雇い止め撤回したい。無期雇用逃れ。

    雇い止めの撤回は可能でしょうか? 平成22年7月~契約スタッフとして働いてます。(派遣社員からだと平成20年3月~) 昨年の更新時の労働条件通知書には平成29年7月1日から平成30年6月30日の1年間 契約更新なし(平成30年6月30日到来のため)と記載されてます。 半年後に再雇用か、辞めるかの2択と言われ、辞めると伝えてあるのです...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

雇い止め・派遣切りの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。