恐怖と焦りで交わされた契約と心無い言葉

1年半ほど前から契約社員として働いている者です。
先日、私個人のことで話があると上司と社長から呼び出されました。
以前から社長には今現状の仕事より難しい仕事を任せることになるから大変だけど覚悟しておけよ、などと言われていたため、この呼び出しもその仕事についてだろうと期待して応じました。
しかし契約をひと月ごとに変更する上、更新はしないという雇い止めの告知でした。
理由を聞きましたが、今回答は持ち合わせてないの一点張りでした。
さらに全社員へはお母さんの病状が悪化してつきっきりにならざるを得なくなったという退職理由を伝えようと思ってるけど○○さんにも都合いいだろうし、これでいいよね。などと二人して言ってきたのです。
私の母が一年前肺がんを患って長期入院し今も退院できたとはいえ再発の恐れもまだあるというのに、それを知っている上でそんな酷いことを言ってきたのです。
そもそも社長はともかく上司は私の業務現場にはめったに来ません。
ただでさえこの二人を前に常より緊張していましたが、何の前触れもない雇い止め宣告、そして二人して委細承知であるはずの母の病気のことを出されて、不安と混乱で追い詰められていました。
高額な医療費や生活費のこともあり、今ここで解雇されるよりはせめてあとひと月だけでも働かせてもらえるなら、と、焦りと混乱のうちにサインしてしまいました。
サインしないと作業現場にも戻してくれそうにない雰囲気でした。
理由はあとで書面で渡すと言われましたが
5日経っても貰えていません。
昨日、混乱したまま焦ってサインしてしまったので内容をもう一度確認したい、一度取り消すか保留にしてもらいたい旨を上司に伝えたところ、私では回答できない、社長に伝えておく、理由書はもう少し待ってと言われ、子どもを迎えに行かなきゃいけないし、こっちの都合もあるから今後は直接ではなくメールにしてほしい、と言われました。
社長にもかけあってみましたが、人事の件は俺の管轄ではないから上司に言えと言われてしまいました。
上記の状態でのサインは無効になり得ませんか?
あと二人の心無い言葉はどうあっても許せません。なんらかのハラスメントになるのでしょうか?


2019年08月17日 03時30分

みんなの回答

青山 知史
青山 知史 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
当初の契約内容等にもよりますが、契約期間中での期間変更等に関しては、使用者側の意思のみで変更できるものではなく、労働者との合意が必要となります。
今回は、何らかの書面の取り交わしに応じてしまったとのことですが、当時の状況に照らし、合意に応じざるを得ず、真意に基づくものではなかったと裏付けられるのであれば、その合意の効力を争う余地はあるかと思われます。
また、これまでの契約内容や更新状況によっては、雇い止め自体が認められない可能性も考えられます。

さらに、今回の行動に関しては、当時の詳しい状況によっては、不当な退職勧奨等に当たり、慰謝料等の請求対象となる行為になる可能性も考えられます。

このように、状況によっては争う余地も考えられることから、退職に向けて話が進む前に、一度弁護士等にも相談をし、対処を検討されたほうが良いかと思慮いたします。

2019年08月17日 05時11分

この投稿は、2019年08月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

会社が雇止めをできないケースl契約を更新してもらえない場合の対処法を解説

契約社員など、有期雇用の従業員が雇止めにあったような場合でも、契約が何度も更新されていたような状況があれば、会社の雇止めが認められずに、働き...

この相談に近い法律相談

  • 契約社員の雇い止めについて

    契約社員の雇い止めの通知書と理由書を請求すると受け取りには印鑑が必要で印鑑なしにはだすことができないといわれました。印鑑はひつようなのでしょうか?

  • 契約社員の雇い止めについて

    契約社員の契約が6月25日にきれ雇い止めされます。会社から使い残した有給休暇をつかって後は全部休むようにいわれました。そして有給休暇をつかいますと会社に言ってしまいました。これは雇い止めのの無効をあらそうときに不利になりますか?また、仮に不利になる場合休暇の撤回は法律上できるのですか?

  • 契約社員の雇い止めについて

    派遣社員時代を含めて8年勤務していた会社から、契約書には「2019年3月まで」と記載されているのに、次の更新(2017年4月~2018年3月)が最後だと言われました。 契約書に「2019年3月まで」になったのは、 契約社員として働いていた会社が2014年に合併し、そこから無期雇用にしない対策として「2019年まで」との記載が入るようにな...

  • 派遣社員の雇い止めについて

    派遣元と派遣先から今月末で労働契約終了の連絡を受けました。 雇い止めは仕方ないと思いながらも違法状態で働いたため納得いかない部分もあります。 そこで質問なのですが、仕事を辞める前後に証拠を整理して弁護士さんに相談して違法状態を問いただすなり、慰謝料請求しようと思いますが、相談したこと自体が社内の人間(現場レベル)...

  • 契約満期 雇い止め

    会社から雇い止め予告通知をもらいました。 年末に上司と3度目契約更新後となるはずの今年4月からの仕事に対し、いろいろと話をしていましたが、通知がきて驚いています。 通知は、会社上層部からきているので、直の上司と更新後についての話をしているのは契約更新を思わせるようなことではないのでしょうか? もし、私が契約満期に...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

雇い止め・派遣切りの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。