急いでいます!5年前の適応障害で労災申請はできますか?

5年前に勤めていた会社で、上司からのモラハラに合い適応障害で休職、その後雇い止めになりました。
一時体調が良くなったので、週3ペースで仕事を再開したのですが、昨年末鬱病になり、就業できていません。(再度働いていたときは個人事業主です)
5年前に労働基準局に行ったのですが、労災にはならないとの判断です。
適応障害から鬱が再発したかどうかは、医師の判断が必要ですが、先の会社が労災の対象になります
2019年06月15日 15時39分

みんなの回答

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5
ベストアンサー
ありがとう
お悩みのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

1.労災については時効が来ている可能性があります。
2.業務上の判断については、厚生労働省「精神障害の労災認定」という基準等を踏まえて、違法なパワハラによって、精神負荷が「強」であると判断される必要もあります。
3.安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求、違法なパワハラに基づく損害賠償請求等が可能です。時効は10年です。本件では、子細な分析と慎重な対応が必要です。素人判断は大いに危険です。

労働局に相談されるのが良いと思われます。法的に正確に分析されたい場合には、労働法にかなり詳しく、本件に関係した法理等にも通じた弁護士に相談し、証拠をもとにしながら具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

納得のいかないことは徹底的に解明しましょう! 弁護士への直接相談・直接面談によって、良い知恵が得られる可能性が高いと思います。 良い解決になりますよう祈念しております。応援しています!!

2019年06月15日 18時21分

相談者
ご回答ありがとうございます!

雇い止めになった理由は、会社規定で90日間連続して休むと契約更新が出来なくなることもひとつありますが、
会社の医務室の医師ド面談をして、その期間前に復職可能でしたが、上司からは、業務を全うする環境ではなかったにもかかわらず(上司のモラハラから部下も自分たちに影響が及ぶ懸念からか、仲間外しになっていました) 私の実力不足を理由にされた事も納得がいかないところです。
今月末が雇い止めから5年経つので、早急に対応を考えます。

証拠が、医務室の医師の書類に残っているか?人事に相談した際書類を残しているか?

鬱で、一人で外出することが大変なので家族とも相談してみます。

2019年06月16日 11時57分

相談者
追記です。

退職手続きの際に、退職届を出すのですが
自己都合の退職と書けと言われましたが、理由が違うの、会社都合と書きました。

ボイスレコーダーなどで録音してなかったことが悔やまれます。

残業もそこそこあったのですが、私がチーフだったのでタイムカードも存在していません。これも証拠を残していませんでした。

私が所属していた部署は、社内でもブラックで、2年かんで、私以外にもメンタルヘルスで2名休職したり、休職しています。

会社自体も残業を嫌うため、タイムカードの改ざんや、自己啓発のための残業とさせるなど、
ブラックな体制でした。

2019年06月16日 12時15分

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5
ありがとう
お困りのことと存じます。不当だと思うことにはスジを通しましょう! 良い解決になりますよう祈念しております。頑張って下さい!! 応援しています!!

2019年06月16日 12時20分

相談者
あたたかいお言葉、誠に有難うございます!

2019年06月18日 13時32分

この投稿は、2019年06月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,794名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

会社が雇止めをできないケースl契約を更新してもらえない場合の対処法を解説

契約社員など、有期雇用の従業員が雇止めにあったような場合でも、契約が何度も更新されていたような状況があれば、会社の雇止めが認められずに、働き...

労災を利用できる可能性がある精神的な病気の一覧 | うつ病や適応障害など

仕事が原因で精神的な病気になった場合には、労災を利用して治療費の補償や休業補償などを受けることができる可能性があります。この記事では、労災を...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料
弁護士検索へのリンク

雇い止め・派遣切りの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
弁護士検索へのリンク

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。