職場における雇い止めの合法性について

 中高に非常勤として直接雇用で4年勤務しています。5年目の契約書に以後の更新はしないと書かれていました。基本一年で更新する形です。今までの契約書にも5年以後の更新はしないと書かれていたのですが、法改正までは形式的なものでした。
 2年ほど前から長く勤めている人間は無期にするけれど、そうでない人間はしないという通達がありました。そのため、無期転換への申し出ができません。金銭的な問題が理由と説明されていますが、代わりの人間が雇われているにも関わらず、嫌々皆離職せざるを得ない状況です。守られる人間から心無いことも言われていますが、事実上放置されています。 
 これは合法なのでしょうか、違法なのでしょうか。よろしくお願いいたします。
2019年04月03日 06時28分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
弁護士が同意1
ありがとう
一応合法ですが、不当な雇い止めとして争える可能性がないとも言い切れません。

また、労働組合を通じて争うことも考えられます。

今後のこともありますので、個人でも入れる労働組合や弁護士に直接相談されることをお勧めします。

2019年04月03日 06時41分

この投稿は、2019年04月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

会社が雇止めをできないケースl契約を更新してもらえない場合の対処法を解説

契約社員など、有期雇用の従業員が雇止めにあったような場合でも、契約が何度も更新されていたような状況があれば、会社の雇止めが認められずに、働き...

この相談に近い法律相談

  • 非常勤職員の雇い止めの理由について

    私の務めている訪問介護の事業所についてですが、ご多分にも漏れず、人手不足によりヘルパーさんの人数が圧倒的に足りておらず、事務員である私も訪問にいっている次第であります。そうした現状にも関わらず当事業所の所長は収益を第一に考え、新規の依頼を次から次へととっております。そうしたなかで、変形性膝関節症を患っているサー...

  • 雇い止め提示がある場合の無期雇用転換の可否

    2013年より有期雇用契約社員として働いています。1年ごとの契約で、また当初最長3年ということで、3回目の契約更新時に「次回の契約更新はしない」という雇い止め提示があったのですが、就業先の都合でさらに1年、そしてもう1年と契約が更新されました。(その都度雇い止め提示はされています) 現在の5回目の契約が2017年春に満了す...

  • 雇い止め撤回したい。無期雇用逃れ。

    雇い止めの撤回は可能でしょうか? 平成22年7月~契約スタッフとして働いてます。(派遣社員からだと平成20年3月~) 昨年の更新時の労働条件通知書には平成29年7月1日から平成30年6月30日の1年間 契約更新なし(平成30年6月30日到来のため)と記載されてます。 半年後に再雇用か、辞めるかの2択と言われ、辞めると伝えてあるのです...

  • 雇い止め通知書の代わりとなりえるのか

    もうすぐ期間満了で退職するのですが、先日会社側から書くよう渡されたのは、辞職願 しかも自己都合の文面だったので書くのを拒否して、雇い止め通知書を要求しました 結果として雇い止め通知書自体はもらえていません 代わりに、数か月ほど前に渡された無期雇用の選考結果通知書が雇い止め通知書の代わりであるとのことでした 選...

  • 労働者派遣法改正案による雇い止めについて

    労働者派遣法改正案の成立を前に、専門職である26業務の派遣社員が3年後の雇い止めを通告されている例が何例も報道されています。 これらの人は同じ派遣先で十数年勤務しているとの事です。私も26業務で数ヶ月契約を更新し続け、同じ派遣先で13年以上勤務していますが、年齢も50歳近いため次の派遣先などあるはずもなく、非常に不安で...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

雇い止め・派遣切りの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。